家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【キャンプレポ前編】初の冬キャンプは埼玉県の『毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場』に突撃

キャンプレポ
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

先日、我が家のキャンプ史上、初の冬キャンプへ突撃してきました。

幸いにも天気良し風も弱し、日中は暖かめ。

1泊2日と短い時間でしたが十分に楽しむことができました。

とはいえ、初めての防寒対策や道具の用意にちょっとバタバタしていたこともあり、終わってみれば写真も少なめ・・・こんなんでレポになるのか不安です。

もっと写真撮らなきゃなーと反省。

実は、10月もこのキャンプ場でキャンプしているので、その写真も交えつつキャンプ場内のレポもお届けします。

参考になるかわかりませんが、我が家の冬キャンレポをどうぞー。

スポンサーリンク

初の冬キャンプは『毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場』に決めた!!

初の冬キャンプ地に選んだのは、埼玉県にある『毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場』

場所もそんなに山奥でもなく、自宅から車で約1時間程度ととっても近場。

今までも何度もお世話になっている、我が家のお気に入りキャンプ場なんです。

公式 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場

このキャンプ場、とても広いわけでもなく子供向けの遊び場があるわけでもないんですが、我が家はとってもお気に入り。

我が家が気に入っているこのキャンプ場のいい所は

  • 管理人さん常駐で、施設内の管理が行き届いている
  • お風呂(シャワーのみ)、洗濯、乾燥機、ゴミ・炭捨てが無料
  • 電源(1000W)が各サイトに標準装備で無料
  • 炊事場、トイレがキレイ
  • 10m×9mと区画が広い
  • 砂利サイトの水はけがよい
  • なによりも料金が安い

といった点。

「キャンプで遊びに行こう!!」というよりも、「キャンプでのんびりしよう!!」というスタイルには最適な場所。

逆に言えば、「がっつり遊びたい」とか「大自然を楽しみたい」っていう目的のキャンプには向いてません。

しかも、周りに普通に住宅が並んでいるので、キャンプ感はあまりないかも。

それでも、我が家にとってはのんびり過ごせるキャンプ場としてとってもお気に入りなんです。

スポンサーリンク

今回はグルキャン!!2家族でキャンプ場に向かおう

キャンプ場のチェックインは12時。

途中買い物に寄る予定も含めて、10時前に自宅を出発です。

そして今回は、長女の幼馴染であるRちゃん家族とグルキャンです。

保育園からずっと一緒、学校も同じで家も近いので、キャンプのみならず家族ぐるみでいつもお世話になっております。

ちなみに、Rちゃんちも寒い時期の11月冬キャンプは初めて。

9月にもグルキャンしてるんですけど、その時に「冬キャンしてみたいね!!」なんてノリで話したのを自分が本気に捉え、勝手に冬キャンプするぞと意気込んでサイトを予約してしまいました。

予約しちゃったんですけど、実はRちゃんちも寒いのは苦手。

ほんとに来てくれるかなあと予定日まで不安を抱いていましたが、「行くよー!!」と言ってくれたので一安心。

それなりに防寒対策はしてきたものの、お互いに寒さに耐えられるのか不安を抱きつつ出発です。

買出し中に、次女がぐずりだしたので仕方なく食玩の「ライドウオッチ」を購入しご機嫌取り。

もう、余計な出費だけどぐずぐずになられるのも困るので、必要経費と思うことにします。

 

▼DX版を買うとこんなに高いのか・・・▼

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥2,200 (2024/04/14 20:48:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

そんなこんなで買出しも終了し、道もちょっと混んでいたので到着は13時前になってしまいました。

※写真は10月撮影

いざキャンプ場に到着し、まずは場内奥にある受付棟でチェックインを済ませます。

その受付棟なんですけど、今回写真撮るの忘れてしまったので、前回我が家が10月に来たときの写真を載せます。

なので、写真右下にハロウィンのかぼちゃが見えます笑

※写真は10月撮影

前回は10月のハロウィン時期だったので、子供にはお菓子のプレゼントがありました。

駄菓子の詰め合わせという、なかなかにいい感じです。

こういったイベント的なこともあるので、このキャンプ場好きなんです(笑)

この受付でチェックインと料金の支払い、それから場内のルールやゴミ処理の方法などの説明を受けサイトに向かいます。

受付棟にはちょっとした売店も併設してあって、薪や炭や飲み物なども購入できます。

でも、品揃えはかなり少ないので我が家は薪しか買ったことがありません。

入り口も売店の様子も写真撮ってないー!!

次回行ったらもっと写真撮ろう・・・。

区画は結構広い

※写真は10月撮影

このキャンプ場は「プライベートサイト」と「砂利サイト」の2種類があります。

「プライベートサイト」は芝生と土のサイトで、隣と垣根で区切られていますが周囲からは丸見えなので特にプライベート感はないような気がします。

砂利サイトはロープで区切られているだけの区画サイト。

区画の広さは同じのようですが、砂利サイトのほうが広く感じますし、なによりお値段が安い!!

写真左奥にあるのが電源で、そのあたりが隣区画との境目。

そして基本的にはオートキャンプ場なので区画内に車は停められます。

我が家もRちゃんちもミニバンなんですが、停めても広さは全然余裕!!

コールマンのタフスクリーン2ルームハウスとミニバンを並べても、前のほうにはまだまだ余裕がありますし、2ルームテントでなければタープの設置場所もそれなりに確保できます。

なにより、このキャンプ場は1区画の利用料金のみなので人数は関係ないんです。

例え10人で1区画利用でも、料金に変わりはありません。

事前に申請しておけば場外に車を停めることもできるので、「荷物だけ降ろして車は場外に置いておく」なんてこともできるんです。

ちなみに、砂利サイトは1泊4200円プライベートサイトは5200円

これで電源やお風呂も無料なので、かなり至れり尽くせりのお財布に優しいキャンプ場です。

設営前にお昼ご飯タイム~100均アイテム大活躍??

さて、ひとまず車を停めて荷物をおろします。

お昼はすぎてしまったので、テント設営前にまずは買ってきたお弁当で手軽にお昼をすませます。

このボリューミーなお弁当で398円とお買い得(笑)

 

前回セリアのリメイクシートを使ってリメイクしたテーブルと、

【100均Seriaキャンプ活用術】200円でキャンプテーブルをお洒落にリメイク!~リメイクシートはとっても便利
相当久しぶりの100均キャンプの活用術ですSeriaで購入してきたリメイクシートを使って、我が家のキャンプテーブルをお洒落にリメイクしてみました。こんな内容なんてとっても今更感がありますが、我が家にとっては初挑戦のキャンプギアのリメイク作戦。よかったら参考までにご覧ください。

 

テーブル上には、これもセリアで購入してきたティッシュカバーをつけたボックスティッシュ。

Seria(セリア)で見つけたキャンプで使えそうなアイテム【100均】購入したものまとめてご紹介~2018年11月
こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 相変わらず、セリアさんにはアウトドア・キャンプに使えそうなグッズがたくさんあります。 一般的なアウト...

 

そして使う必要があるのか不明ですが、セリアの折たたみローテーブルまで引っ張り出してきています。

【100均Seriaキャンプグッズ】セリアで見つけた折りたたみローテーブルがモノトーンでちょっとおしゃれ
【ついに新色レッドも登場!!】次回のキャンプに向けて、物欲が止まらないので買い物に出かける度に何かしら探してしまいます。今回も100均キャンプの王道【セリア】にて見つけたアイテム。ちょっと、ローテーブル的なアイテムを発見。ざっくりとご紹介します。