Twitterはこちらレビュー記事はこちら

【中編】キャンプレポ!秩父巴川オートキャンプ場は川遊びが超楽しくて夏キャンに最適

キャンプレポ
のざる
のざる
暑かったね・・・
のざ妻
のざ妻
うん・・・猛暑だよ、酷暑だったよ・・・
のざる
のざる
この暑ささえなければね、もうちょっと楽だったんだけど・・・
のざ妻
のざ妻
おまけに、次女もガッツリぐずってたしね・・・

 

こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

7月の3連休を利用して行ってきたキャンプ、埼玉県の「秩父巴川オートキャンプ場」。

どんなキャンプだったかって?

とにかく暑かった!!

 

のざ長女
のざ長女
ずっと川に浸かっていたい・・・

 

そんなキャンプレポ中編のスタートです。

 

のざる
のざる
えっ!?前回読んでませんか??

 

【前編】キャンプレポ!秩父巴川オートキャンプ場は川遊びが超楽しくて夏キャンに最適
こんにちは!!のざるです。本ブログにお越しいただきありがとうございます。もう毎日猛暑ですね。毎年毎年「記録的な猛暑」って聞いてる気がします。そんな中、3連休を利用して埼玉県の「秩父巴川オートキャンプ場」でキャンプに行って来ました。川遊びも楽しめると聞いてウキウキ野我が家。初めてのキャンプレポも含めつつ場内もレポしてまいりましょう。

 

スポンサーリンク
  • 2020年秋冬モデル発売
  • ネット購入でも店舗受け取りなら送料無料

公式 ワークマンオンラインストアはこちら

お近くのワークマンはこちらから確認:店舗検索

#ワークマン女子アイテムにも注目

まずはキャンプ場情報のおさらい

秩父巴川オートキャンプ場
埼玉県秩父市下影森2222-4

TEL.0494-26-5773
受付時間 9:00 ~ 17:00

詳細はコチラ

 

【前編】キャンプレポ!秩父巴川オートキャンプ場は川遊びが超楽しくて夏キャンに最適
こんにちは!!のざるです。本ブログにお越しいただきありがとうございます。もう毎日猛暑ですね。毎年毎年「記録的な猛暑」って聞いてる気がします。そんな中、3連休を利用して埼玉県の「秩父巴川オートキャンプ場」でキャンプに行って来ました。川遊びも楽しめると聞いてウキウキ野我が家。初めてのキャンプレポも含めつつ場内もレポしてまいりましょう。

 

とにかく暑かった!!記録的猛暑の中の設営でグッタリ

設営開始はお日様ギラギラ最高気温!

夏キャンプといえば暑いのは当たり前なんですけどね、いくらなんでも暑すぎました。

最高気温は36度あたり

サイトは木陰に入っているとはいえ、タープ下でも、熱風しかない。

気温というよりも、この熱風というか、空気がもわっとしてました。

リバーサイトではありませんが、川が近くにあるから少しは涼しいかと思ったんですけど、全くもって無風。涼しさのカケラもありませんでした。

何もしなくても汗ダラダラ。設営前からすでに吹き出る汗。

 

猛暑でなく酷暑。

 

 

のざる
のざる
とにかく熱中症だけは注意せねば!!

 

 

我が家のNewテント「Coleman(コールマン) タフスクリーン2ルームハウス」

 

我が家の愛用テントは、「スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM」

設営簡単でデザインも好み。

キャンプ開始当初より愛用してきたのですが、今回より「Coleman(コールマン) タフスクリーン2ルームハウス」になりました。

「スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM」の欠点としては、高さが低いので腰痛持ちののざるは出入りの低さに耐えられなくなってきました。

もちろんそこを承知で購入していたのですが、そろそろきつくなってきて・・・。

そこで妻にお願いして、高さのある「Coleman(コールマン) タフスクリーン2ルームハウス」を購入。

のざ妻
のざ妻
もー、しょうがないな!!

しかし、事前の試し張りをする時間がなく、説明書や動画を見ながらのぶっつけ本番の設営。

新しいテントはポールやシートもまだ固いので、なかなかうまくいかずに時間がかかりました。

ましてや、到着したのが13時ごろ。お天道様も真上の猛暑。

 

のざる
のざる

本当は写真撮りつつレビューもしたかったけど、そこまで手が回らない・・・

 

 

正直、設営がこんなに辛かったのは初めてで既に心が折れそうでした。

 

のざ長女
のざ長女
ペグ打ちはウチがやるー。

 

娘達はペグダウンを手伝ってくれたり、ポールを通すのを楽しんでくれました。

我が家愛用の、「村の鍛冶屋のエリッゼステーク」を持ち、トントントントンとやってくれる光景は、親に気力を与えてくれましたが、それもあっさり消費。

なんとか設営は終えましたが、もう汗ダクのグッタリでしばし放心状態。

そこへやってきた娘達。

のざ長女
のざ長女
川に行きたい!!

 

のざる
のざる

暑いもん。行きたいよね・・・。

 

「Coleman(コールマン) タフスクリーン2ルームハウス」のざっくり紹介

出典:ナチュラム

定員4-5
定価(税抜)59800
前室サイズ
長さ×幅×高さ
340×260×215
インナーサイズ
縦×横×高(センチ)
320×230×170
重さ(キロ)16

 

 

「スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM」のざっくり紹介

出典:ナチュラム

 【S】【M】【L】
定員356
定価(税抜)276003280044800
全体サイズ
長さ×幅×高(センチ)
355×230×120505×280×150540×310×165
インナーサイズ
縦×横(センチ)
160×220270×270300×300
重さ(キロ)59.8

 

 

 

 

遊び場へ行ってみよう!!

夏はやっぱり川遊びっしょ!!

のざる
のざる
飲み物よーし!浮き輪よーし!ライフジャケット装着!!
のざ長女
のざ長女
じゃあレッツゴー!!

 

川はリバーサイトの更に下にあります。

流れはそこまで強くはなかったのですが、中のほうへ行くと浮いてると流されます。

それでも大人の腰くらいの深さでした。

ですが、時々深いところもあるので十分注意しましょう。

特に子供は「ライフジャケット」は必須かと思います。

山があるので、うまい具合に日陰になっていたので、水の冷たさと共にとても涼しかったです。

手前は浅瀬なので、小さい子でも安心。

浅瀬はほんとに浅いです。

石にはコケが多く滑りやすいところもあるので注意。

なんでもこのキャンプ場、化石も発掘できるらしいんですが、今回はとにかく水と涼しさを求めるて川へ。

次回涼しい時期に来れたら挑戦してみようかと思います。

せっかくなので、川辺に「ユニフレームの焚火テーブル」と「FIELDOORコンパクトチェア」を設置して準備万端です。

軽くて持ち運びも便利なので、買ってよかった!!

詳細レポもしてますよ。

ヘリノックスの半額!!『FIELDOORアウトドアチェア』を徹底レビュー~コンパクトチェアはこれで決まり!!
キャンプ道具の整理・収納に欠かせないのがコンパクト・軽量化。まずはチェアのコンパクト化計画。FIELDOORコンパクトポータブルチェアを購入したのでレビューしてみました。ヘリノックスの半額以下で購入でき、軽量ながら耐荷重抜群!組み立て簡単で子供でもすぐできる!道具の軽量化には、コンパクトチェアのススメですよ!!
【ついにキタ】ユニフレームの焚火テーブルを購入したので今更ですがレポしてみた
番のユニフレームの焚き火テーブルをついに購入しました。キャンプ場に行けば必ずと言っていい程見かける、人気のサイドテーブルです。この使い勝手が良い「焚き火テーブル」のを購入の興奮のあまり写真レポしてみました。パッケージや設置方法がどんな感じなのか、初心者目線でレポートしてみました。

 

カエルにおたまじゃくしを発見!

いつの間にやら、めっちゃ捕まえてました。

鑑賞したあと、川に放流。

 

手作り感満載の遊具もあった

リバーサイト横にはちょっとした遊具と遊び場があります。

暑いとはいえ、ずーっと川遊びするわけにも行かず、夕方はちょっとこっちへ行ったりもしました。

ブランコ。

綱渡り?平均台のようなもの。

木陰にもなるので、日差しはあまり気になりません。

ターザンロープの台。

道沿いに、意外と距離のあるターザンが楽しめます。

 

遊び道具ならこんなものも。

【100均キャンプのオススメ5選】子供が夢中になる!キャンプで遊べるおもちゃ達
こんにちは、のざるです!ファミキャンでは親は準備に片付けに大忙しですが、子供から目も離せません。大人しくしててもらう為に、自宅の玩具を持って行きたいけど壊したりなくしたりしたら困る。そんな時には、100均でそろえたおもちゃを持って行きませんか?100円なら壊したりなくしたりしてもそんなに気にならないのでは?そんなおすすめの5つを紹介!

 

まとめ:夏は川!!遊具もあるので子供の遊びは困らない。

今回は真夏のキャンプでしたので、ほとんど川で遊んでいました。

足をつけるだけでも、体感温度が全く違いますね。

深いところもあるので、お子さんは十分注意しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

夏ですから対策は必須ですよ

【夏キャンプの必需品と対策】虫除け・日焼けに暑さ対策には服装、そして牛乳パックは持って行って欲しい
夏休みに入るとキャンプしたくなりますよね。でもでも、暑いし虫もでるし日焼けにも注意。そんな夏キャンプに欠かせない、特に子連れのファミキャンには必須のアイテム、夏キャンプに持って行くべき必要な物・必需品をまとめてご紹介。しっかりと準備しておけば、夏のキャンプも快適に過ごせるようになりますよ。
【前編】キャンプレポ!秩父巴川オートキャンプ場は川遊びが超楽しくて夏キャンに最適
こんにちは!!のざるです。本ブログにお越しいただきありがとうございます。もう毎日猛暑ですね。毎年毎年「記録的な猛暑」って聞いてる気がします。そんな中、3連休を利用して埼玉県の「秩父巴川オートキャンプ場」でキャンプに行って来ました。川遊びも楽しめると聞いてウキウキ野我が家。初めてのキャンプレポも含めつつ場内もレポしてまいりましょう。

 

この記事も読まれています
キャンプレポ
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました