家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

道志うちくるキャンプ場 | 1日1組限定、贅沢な庭キャンが楽しめるステキなキャンプ場をレポ

キャンプレポ
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

ずーっとガマンしていた我が家も、ついに2020年初キャンプに行けました(^^♪ およそ9か月ぶりのキャンプは、なんと1日1組限定・完全プライベート空間でのキャンプ。

家族4人だけで過ごす、静かな静かなキャンプ。

一体どんなキャンプ場なのか。 今回は、設備や風景をご紹介します。

内容はあくまでも個人の感想です。また、設備や状況は変更になる場合があります。
スポンサーリンク

2020年7月オープン 道志うちくるキャンプ場

山梨県の道志村に誕生した「道志うちくるキャンプ場」。2020年7月にオープンしたばかりのキャンプ場です。

オープン前、管理人さんからツイッターでフォローされたことをきっかけにオープンを知りました。

どんなところかは全くわからないキャンプ場でしたが、予約サイトを見てみると「山梨県道志村にある1日1組限定の貸し切り庭先キャンプ場」とのこと。

1日1組限定ということに惹かれ、すぐに予約。

1泊2日の短い期間でしたが、絶対!絶対にまた来たい!と家族みんなが絶賛するほどにステキなキャンプ場で、とても充実したファミキャンが楽しめました(^^♪

道志うちくるキャンプ場の基本情報

住所 山梨県南都留郡道志村10153
利用時間 チェックイン 13:00~18:00 / チェックアウト 11:00
交通 中央自動車道 都留IC~30分/20km
中央自動車道 相模湖IC~50分(藤野経由)/30km
東名高速道路 御殿場IC~50分(山中湖経由)/35km
中央自動車道 河口湖IC~50分(山中湖経由)/38km
JR横浜線 橋本駅~1時間(三ヶ木、月夜野経由)/40km
備考 ※狭くなってしまうので乗用車3台以上でのご来場はお勧めできません。
※キャンピングカーなどの大型車でご来場の場合、周辺道路が狭いので運転に
不安のある方はGoogleストリートビューなどであらかじめご確認ください。
※公共交通機関でのご来場は現実的ではございません。

予約方法・料金・利用可能人数・その他注意事項については公式予約サイトにて都度最新情報を必ずご確認ください。

また、Twitterでも情報が随時更新されています。

スポンサーリンク

道志うちくるキャンプ場の設備紹介

「道志うちくるキャンプ場」はキャンプ場として運営していますが、個人敷地の広い庭先をキャンプ場として借りることができるという、ちょっと特殊なキャンプ場。

そのため、1日1組限定という好条件。

キャンプ場というよりも、田舎の家に遊びに行くような感覚が味わえます(*´▽`*)

どんな設備や特徴があるかというと、

  • 1日1組限定☆
  • 直火可能
  • トイレ・お風呂・台所・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機あり
  • 薪割ができる
  • Wi-Fiも飛んでる
  • ペグ・チェア・テーブル・コンロも使える

などなど、快適で至れり尽くせりなキャンプ場。

あまりの充実ぶりに「こんなにゆったりとキャンプさせてもらって、設備も充実しているなんて、そんな贅沢させてもらっていいのか!?」と申し訳なくなるほどな設備でした。

ではでは、さっくりとご紹介していきます☆

入り口はちいさな看板が目安

ちょっと小さめですが、キャンプ場入り口には看板が吊るされています。場所は地図で事前によく確認しておくのがベスト。

我が家はまず「道の駅どうし」を目指して出発。国道413号線(道志みち)を相模原方面から来て「道の駅どうし」の信号を左折して道志川を渡って行きました。

道の駅どうしから車で5分程度です。

管理人さんが経路動画①・②をアップしてくださっています。

我が家のルートは【経路動画②】の、狭めで行きにくい道だったようです(-_-;)

建物目の前の道はかなり狭い。下には道志川が流れていますが、さらに道路に柵はなし(-_-;)

山道に慣れていない方は、運転気を付けましょう。

到着すると、入り口に駐車できます。スペースはミニバンなら1台が限度。軽ならギリギリ2台入るかも?

範囲の目印として、丸太が置いてありました。

以前は敷地内へ乗り入れできていたようですが、長雨で芝生がゆるんだりしているそうで、現在(2020年8月時点)は駐車位置を指定しているそうです(詳細についてはコチラ)。

敷地内での切り返しも極力避けてもらいたいそうで、入場はなるべくバック推奨。

狭いといっても、荷物配達のトラックなんかも通れるほどの道幅はあります。とはいえ、誤って川に落ちないよう気を付けてください。

注意

敷地には柵などがないため、子供がうっかり外へ出て川へ落ちる可能性もあります。狭いとはいえ、そこそこ車も通ります。特に夜は真っ暗になるため、絶対に子供から目を離さないよう、十分気を付けてください。

ステキな庭キャンプ場

駐車位置から撮影した敷地内がこんな感じ。

木々が多いので、日陰の割合も多く、季節によってはタープなしでも過ごせるかも。

手前がテントやタープを設置できるサイトスペース。芝生と砂利が混じった、ひろーいお庭です。

向かって左側には燐家がありますが、そこはよそ様の敷地ですので立ち入り禁止(住んでるのかな?もしくは別荘みたいな感じなのかも)。境目がちょっとわかりにくいんですが、実際に見てみるとなんとなくわかります。

また、向かって右側には管理人さん宅があります。

管理人さん宅とお隣さん以外に民家がないので、川の音以外はほんっっっっっっっと静かな雰囲気です(逆に夜は静か過ぎてちょっと怖い。)

今回は在宅でしたので、我が家が到着した際に声をかけてくださいました。

支払いは予約時に決済するので、受付や支払いなどは不要。

管理人さん不在の場合もあるので、時間内なら入場は自由。頃合いを見て人数の確認や説明などに来られるそうです。

予約日が近くなってくると、事前に当日についてのお知らせがメールで届きますので、よく確認しておきましょう。

詳細は予約についてをご確認ください。

とりあえず、ビジョンピークスのファイアプレイスTCレクタタープ(430cm×460cm)を設置。

レクタタープ ファイアプレイスTCレクタタープ VP160202G01 ビジョンピークス VISIONPEAKS

地面は場所によっては固めなので、アルミだと曲がる可能性大。鍛造ペグなどしっかりしたモノがオススメ。

我が家は、村の鍛冶屋「エリッゼステーク」を使ってみましたが、問題なく使えました。

のざ妻
のざ妻

ペグがなかなか打てない!

ところどころで石が埋まっているのか打ち込めない部分はありましたが、ちょっと位置を変えれば大丈夫。

ウチはそんなしっかりしたペグ持ってきてない!!

もし、持参したペグに不安があっても大丈夫! そのワケは後ほど(*’ω’*)

直火可能なスペースがきちんと作られている

直火可能ですがスペースが決まっていて、ファイヤーサークル(石で囲われたサークル部分)でのみ可能です。

穴が掘られていてグレーチングが設置。炭や薪は燃えたらそのまま落下していきます。 ここは炭の処分場所も兼ねています。

薪を置いてみるとこんな感じですね(*^-^*)

 注意

ファイヤーサークル以外で焚火をする場合、地面・芝生保護のために必ずコンロを使いましょう。 加えて、コンロの下には難燃シートも敷いてください。