家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【モンベルのインナーダウン】は軽い・安い・暖かい!!~キャンプでも日常でも防寒対策にオススメできる!!

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

『インナーダウン』と呼ばれるジャケットをご存知でしょうか?

アウターとして着るダウンジャケットではなく、上着の中にインナーとして着るダウンジャケットです。

元々は、アウトドアシーンにおいてミドルレイヤー(中間着)として着用できる薄手のダウンジャケットなんです。

自分が愛用するモンベルで購入したインナーダウンはとうとう4年目。

各種ファッションブランドから様々なタイプのインナーダウンジャケットが販売されています。どんなインナーダウンを買えばいいか迷った時は、モンベルのインナーダウンを選べば間違いないと思います。

 

毎年寒い時期になると、キャンプはもちろん普段着でも利用中。

有名すぎて今更感がありますが、実際にモンベルの店員さんに聞いてみた内容も交えつつざっくりご紹介・レビューしていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

Mont-bell(モンベル) 『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』

モンベルのインナーダウンって言ってしまいますが、正式名称は『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』

とはいえ、お店で店員さんに「インナーダウンありますか?」と言っても通じるので、インナーダウンとします。

インナーダウンはアウトドアブランドに限らず、ユニクロやしまむらなどでも様々な形状で発売されています。

ユニクロの方がお値段的にも安かったり、バリエーション豊富で好みに合ったタイプが選べるといったメリットもあります。

しかし、モンベルインナーダウンは個人的には買い替える気にならないくらいのお気に入りで、色違いも欲しいくらい。

軽い・暖かい・動きやすい・コスパが良いといった点が人気なんだと思います。

モンベルの実店舗でも、入荷するとどんどん売れていくので店舗に在庫を押さえるのが大変なんだそうです。

『インナーダウン』はモンベルが発祥

そもそも、インナーダウンってモンベルが発祥なんです。

でも、インナーダウンといえばユニクロを思い浮かべませんか??

確かに「インナーダウン」と銘打って大々的に宣伝販売したのはユニクロ。非常に印象が強いですよね。

しかも、モンベルでは名称が『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』なので、インナーダウンとは言ってないんです。

ちなみにフリースもモンベルが発祥だそうです。

これもユニクロのフリースがとても有名になったので、「フリース=ユニクロ」の構造ができちゃったわけです。

フリースに採用されている生地を最初にウェアとして販売したのはモンベルで、これも「フリース」って名称じゃなくて、クリマプラスシャミースなんて名称で販売しています。

種類は様々ありますが、モンベルの店員さんに「フリースありますか?」って聞いても通じるので大丈夫。

ユニクロは幅広い層に向けたアパレルブランドですが、モンベルはアウトドア・登山向けのブランドなので、宣伝対象の違いがあるので認知度の違いがでても仕方ないんでしょうね。

 

 

そんな『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』の仕様は以下のとおりです。

『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』の仕様

素材 15デニール・フルダル
ナイロン・リップストップ[超耐久撥水加工]
中綿:800フィルパワー・EXダウン
カラー ブラック(BK)、ブラックオリーブ(BKOV)
ミッドナイトブルー(MIBL)、ローズウッド(RSWD)
素材 XS、S、M、L、XL
U/S(海外モデル)、U/M(海外モデル)
U/L(海外モデル)、U/XL(海外モデル)

出典:【Montbell・モンベル】スペリオダウン ラウンドネックジャケット Men’s ブラック

仕様・サイズはメンズモデルのものです。
スポンサーリンク

『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』の特徴

『スペリオダウン ラウンドネックジャケット』には、

  • 薄いのに暖かい
  • とにかく軽く、コンパクト収納で持ち運び便利
  • アウトドアブランドとしてはコスパ良し

といった様々な特徴があります。

薄いのに暖かい

身長177cm、Mサイズを着用しています。ワークマンの『ストレッチソフトシェルジャケット』のインナーに着てみるとこんな状態。

 

【ワークマンプラス】アウトドアウェアが激安!春秋キャンプに使える良コスパなマウンテンパーカー2,500円
現場の屋外作業の仕