家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

カマボコテント2使用レビュー【ファミカマキャン】家族キャンプにオススメできるいいテント!

テント類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

少し前の話ですが、2019年初キャンプにおきまして、「カマボコテント2」を早速設営してきました^_^

結論→家族キャンパーさんにオススメできるいいテント!!

我が家にとっては3代目となるテントです。

2020年1月には後継モデルとなるカマボコテント3の抽選販売が開始されています。ですが、まだまだカマボコテント2はファミキャンでしっかり使える現役モデルです。

個人的に気に入った点やちょっと気になる点をざっくりとですがまとめてみます。

カマボコテント2は残念ながら2019年末をもって生産終了となりました。2020年1月、後継モデルとなる『カマボコテント3』が登場しています。
これで最後!?【2019年12月抽選販売開始】カマボコテント2・カマボコテントミニ再販情報
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 2019年も「カマボコテントクエ」や「ハンペンインザスカイ」などの新製品を続々と発表し...

カマボコテント2はまだまだ十分に使える仕様です。よかったらこの記事を参考にしてみてください
スポンサーリンク

DOD『カマボコテント2』でファミカマキャン!!

「カマボコテント2」タンカラーは、我が家にとって3つ目となるテント。

初めて買った初代テントはスノーピークのアメニティドームM

2代目テントはコールマンのタフスクリーン2ルームハウスを使用。

アメニティドームMは高さが低い事を承知の上で使っていましたが、腰痛持ちの自分にとってはだんだんと出入りが辛くなってきました。

ならば、高さがあって前室も広いタフスクリーン2ルームハウスを購入し導入したんです。

しかし、これも何度か使っていくうちに妻にとっては設営がちょっと大変だということになり「設営簡単で広いトンネル型テントがいいなあ」なんて思ってました。

そして、運よく購入できたのが「カマボコテント2タンカラー」

人気で品薄。なかなか入手できないんですが、運よく購入できたカマボコテント2のタンカラー。

もう有名すぎて今更感が半端ないんですが、なかなか購入できない人気アイテム。

特に2018年デビューのタンは今流行のナチュラルカラー。

新幕購入となればキャンプで使いたい気持ちはどんどん高まり、買って1週間後には初設営できました。

結論、買ってよかった‼︎

2019年3月下旬、埼玉県飯能市にある「ケニーズファミリービレッジ」にてキャンプデビューした我が家の新幕「カマボコテント2(タンカラー)」。

室内は広くて高さがあり、設営も簡単で家族も大満足したカマボコテント2。1泊2日と短い時間でしたけど、そんなカマボコテント2の作りや気になった点などをざっくりとまとめてみました。

スポンサーリンク

アウターテントは「ブラック」と「タン」カラーでいい感じ

ぶっつけ本番で設営したわりには、思っていたよりもさくっと完了しました。トンネル型テントは設営が本当シンプルです。

どの位シンプルかというのは、設営動画でも確認できます。

実際の設営レポは別記事にてまとめています。

アウターの立ち上げだけなら、慣れてしまえば2人で15分くらいでできちゃいます。

慣れてくれば、時間はかかるもののひとりでも設営撤収可能。

立ち上げた後には、ペグの位置を調整しながら整えないとキレイなカマボコ型にはなりません。これがなかなか難しいので、もっともっと慣れが必要です。

その他、インナーテントの取り付けやロープを張ったりもするので、2人で設営する場合完了するのには30分位は必要かと思います。

アウターテント生地全体はタンカラーでまとまった、落ち着いた色合い感。その中に、ブラックカラーのポールとポールスリーブ。

そして、主張し過ぎないけどなんだか可愛らしいロゴ。カラーは好みが分かれるんでしょうけど、我が家は大好きな配色。

ちなみに、立ち上げ後ロープはペグダウンしませんでした。ひとまずは前後をきちんとペグダウンすれば自立します。

多少の風では倒れませんでしたが、風が強いとそこそこ揺れます。

推奨の設営方法はロープダウンなので、ロープを張ったほうが間違いなく安定します。

天候が良かったので、我が家はめんどうくさがってロープはペグダウンしませんでした。

もちろん風が強ければ、危ないのでロープダウンは必須です。そしてしっかりキレイにピンと張るためには、きちんとロープをペグダウンするべきかと。

ウサギ??カンガルー??なのかいまだに不明ですけど、可愛いロゴが目立ちます。結構大きめで、自分の手の平よりも大きい。

タンカラーにブラックのロゴが映えているので、個人的にはお気に入り。

のざ長女
のざ長女

ちょっと「イーブイ」に似ていない??

のざ次女
のざ次女

似てるー!!カワイイー!!

確かに色も似ているし、耳も同じように長い・・・というわけで、「イーブイテント」だと姉妹で楽しんでおりましたわけで。

理由はともあれ気に入ってもらえたなら、お父さんは頑張って買ってきた甲斐があります。

カマボコテント2の側面4箇所は、フルオープン可能。

パネルドア部分は、こんな風にジッパーの上にマジックテープがついているカバーつき。風の侵入も防げるようにしっかりと閉まるのはいいんですが、カバーを開けての開け閉めはちょっと面倒に感じました。

ジッパー持ち手は大きめ。新しいからか、開け閉めはまだ固めでした。使っていくうちに、少し柔らかくなった気がします。

そしてこのカバーにジッパーがかまないように、カバーをしっかり広げながら開け閉めしないとひっかかっちゃうので注意が必要です。

入り口は高さがあるので、出入りが本当にラクチン。この高さ、腰痛持ちにはほんとにいいです。低いテントだと出入りの度にかがむ必要があるので、腰が悲鳴をあげます。

ドアパネルはメッシュ窓にすることも可能ですが、3月下旬はまだまだ寒いのでローズ状態で使いました。

ここまで全開にしていると、冷気がバンバン入ってきます。

夏場の風通しはバッチリ!!