Twitterはこちらレビュー記事はこちら

【スノーピーク新製品】『エントリー2ルーム エルフィールド』は待望の2ルームテント〜エントリーモデルでお手頃価格?

テント類

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

2018年春には、スノーピークの中ではかなりお買い得な部類に入る「ヴォールト」の登場がありました。

そんなスノーピークから、ついにトンネル型2ルームテントが登場します

その名も『エントリー2ルーム エルフィールド(ENTRY 2 ROOM ELFIELD)』。

エントリーの名を冠する通り、我が家のような初級者にも優しいシンプル設計な仕様と、スノーピークの中ではリーズナブルな価格設定が魅力的な新型テントのようなんです。

■2018-12-10追記■

スノーピーク2019年の価格改定が発表されました。

改定日時は2019年1月8日(火)

一例として、アメニティドームの価格改定がコチラ。

アメニティドームS27600円⇒29800円 差額2200円
アメニティドームM32800円⇒36800円 差額4000円
アメニティドームL44800円⇒49800円 差額5000円

その他アイテムも、値上げがあるようです。

公式 「2019 Outdoor Lifestyle Catalog」発刊並びに価格改定についてのご案内

スポンサーリンク

スノーピーク『エントリー2ルーム エルフィールド(ENTRY 2 ROOM ELFIELD)』

出典:Amazon

スノーピークから登場する、シンプル設計なトンネル型2ルームタイプのテント。

スノーピークの初心者向けエントリーモデルといえば、「アメニティドーム」が定番です。

更に2018年の春には、少しトンネル型に近づいた『ヴォールト』も登場。

『ヴォールト』はヘキサタープとセット購入できる『エントリーパックTT』も、とても人気のようです。

ここ数年で、2ルーム・シェルタータイプのテントが流行っているようで、キャンプ場でも多数見かけますよね。

DODのカマボコテントや、コールマン(Coleman)『トンネル2ルームハウスLDX』などなど。

 

『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきた!!~シーズンズランタン2019が先行受注できる!?
東京都昭島市にある「MORIPARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)」にて開催された『2019年 コールマン 製品展示・受注会』を見てきたんです。ヨセミテをイメージしたオリーブ/サンドカラーの新作テントに、新作のLEDランタン。そして大注目はシーズンズランタン2019の先行受注!!

 

しかしながら、スノーピークのシェルタータイプといえば、『ランドロック』や『トルテュ』などがありますが、10万円を超える価格帯が多くて、なかなか手がでないもの。

今回発売されるこの「エントリー2ルームエルフィールド」は、設営簡単な初心者向けテントであることに加えて、スノーピークの中ではかなりの低価格設定になっているのが魅力です。

スノーピークらしいカラーと、がっしりしたデザインながらも、風の抵抗を軽減する丸みを帯びたデザインのシェルタータイプ。

これは人気がでそうな予感がします。

仕様

出典:スノーピーク

使用時サイズ(最大値)幅380×長さ600×高さ210cm
収納時サイズ83×30×高さ34cm
重さ15.5kg
材質本体:75Dポリエステルタフタ
・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・
テフロン撥水加工
ルーフシート:75Dポリエステルタフタ・
PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・撥水加工
マッドスカート:210Dポリエステルオックス・PUコーティング
インナーウォール:68Dポリエステルタフタ
ボトム:210Dポリエステルオックス
・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
フレーム:A6061(φ16mm+φ14.5mm)
付属内容本体、インナールーム、ルーフシート、フ レーム長(×1)、
フレーム中(×2)、フレーム短(×1)、 リッジポール(×1)、
ジュラルミンペグ(21cm×22)、自在 付ロープ(2.5m×8、1.5m×8)、
キャリーバッグ、フレーム ケース、ペグケース

インナールームのサイズは、幅315cm(最大)×長さ230cmと、家族4人で利用するには十分な広さがあります。トンネル型2ルームタイプを利用するのは、ファミリーキャンパーさんが多いと思います。

ただ形が台形なので、端っこの人は少し寝づらいですね。

高さは内寸最大200㎝、インナーテントの中も最大175㎝程度はあるようなので、背の高い男性が真っ直ぐ立つことは無理でも圧迫感を感じにくいはず。

アメニティドームやヴォールトのインナーテント内は150㎝程度なので、これに比べてかなり高さに余裕がでます。

リビングスペース側も最大幅380㎝あるので、コットやチェアのスペース確保もできます。

もちろん使用するアイテムの大きさによるので一概には言えませんが、ラックや荷物を多く設置する人にとっては幅が広いに越したことはないんじゃないでしょうか。

また、本体の耐水圧は1,800mmあるので、よほどの悪天候の中で使用しない限りは十分なスペックです。

特徴

出典:Amazon

スノーピーク新製品『エントリー2ルーム エルフィールド』の特徴として、

  • 人気のトンネル型2ルームテントである
  • シンプル構造とポールの色分けにより設営をより簡単にしている
  • 様々な機能がついているけど良コスパのエントリーモデルである

といった点が挙げられます。

今流行のトンネル型2ルームテント

出典:スノーピーク

今までのスノーピークのシェルター型テントでは見なかった、設営簡単でシンプル構造なトンネル型2ルームテント。

寝室スペースのインナー部分と、大きなリビングスペースが確保されているので、タープを張らなくても過ごすことが出来ます。

タープを張る必要がないということは、その分設営時間の短縮にも繋がりますよね。

出典:スノーピーク

2ルームテントといえば、吊り下げ式のインナーテント。

出典:スノーピーク

インナーテントはフックでひっかけて固定するだけなので、ここも設営簡単であり時間短縮につながる仕様です。

出典:スノーピーク

インナーを外せば写真のように、開放感あるシェルターとして利用できます。

テント幅が最大380㎝ある為、アイテムの大きさによりますが、コットや椅子を設置しても十分なスペースが確保できます。

幅があるということは、スペースに余裕ができて人の通り抜けもしやすくなるのがいいですね。

余裕があるからってギュウギュウに荷物を詰めたら意味はないですけど。

また、日中はインナーテントを設置せずにシェルターとして開放感を楽しみ、就寝前にささっとインナーテントを取り付けることもできます。

ただ、夜暗くなると見えづらくて設置が大変で面倒くさいと思うので、設営時に取り付けちゃうでしょうね。

我が家も2ルームテント使っていますが、先にインナーテントは取り付けちゃいます。

色分けされたポールで設営を楽にする

出典:スノーピーク

『エントリー2ルーム エルフィールド』は4本のフレームとリジットポールを本体に取付けるだけ。

最後に前後をペグで固定すれば自立します。

そして、カラビナが付いているロープを張れば設営できます。

色分けされたポールがあるため、どのポールをどこに使うの??という悩みが軽減できるので、設営も楽になります。

スカート付き

出典:スノーピーク

リビング側にはスカートが付いているので、スカートがないテントよりも冷気の侵入を軽減してくれます。

残念ながらインナーテント側にはついていません。

スノーピークだけど付属品がたくさん(マットシートはついていない)

出典:Amazon

インナーテントやペグなどの設営に必要なパーツは一通り付属しているので、すぐに設営することが可能です。

さらには、付属でルーフシートまでついているんです。

出典:Amazon

さらにルーフシートは取り外して利用も可能となっています。

でも、せっかくあるんだから取りつけて使いたいですよね。

ルーフシートがついていれば、遮光性もUPし日差しを遮ってくれて、室内の温度の上昇押さえることができます。

さらにはテント本体との間に隙間をつくることができるので、室内の結露を軽減する効果が期待できます。

出典:Amazon

インナーマットやグランドシートは別売りです。

このシートが税抜価格19800円と、結構いいお値段するんですよ。

インナーマットとグランドシートのセット販売で税込みで2万円を超えますので、本体と合わせたら結局は10万円を超えてしまいます。

もちろんサイズに合わせた専用タイプなので設置も簡単のようなんですが、価格面ではあまりおすすめできません。

我が家もそうなんですが、気にしないのならブルーシートなどで代用してもいいと思います。

ペグハンマー 、グランドシート、インナーシートは付属していません。

価格

税抜価格79800円

発売日

2018年12月1日予定

まとめ

いかがでしたか??

ついにスノーピークからトンネル型テントが発売となりましたね。

加えて、この『エントリー2ルーム エルフィールド(ENTRY 2 ROOM ELFIELD)』の価格設定はかなりの驚きです。

スノーピークの中ではかなりの低価格設定ではありますが、正直「安い!!」とも言えないお値段。

エントリーモデルとして価格は高く感じるんですが、スノーピークの中では安い部類にはいるといったところでしょうか。

これからキャンプしようかななんて考えてる初心者からすると、80000円という値段は躊躇しますよね。

しかしスノーピークのテントは長く使えるので、長い目で見れば良コスパかもしれません。

いろいろありますが、2019年は注目間違いなしのテントかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥87,780(2020/08/08 03:43:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥21,780(2020/08/08 03:43:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼スノピの関連記事▼

【2018年新作】snow peak(スノーピーク)の『ステンジャグ』はステンレス製ウォータージャグ~まるでお洒落なミルク缶
snow peak(スノーピーク)といえば新潟燕三条を拠点に置くアウトドアブランド。2018年夏、ついにウォータージャグがラインナップに登場。ステンレス製のその名も『ステンジャグ』。snow peak(スノーピーク)らしい洗練されたデザインでお洒落かつ高品質。そしてマルキジオオイルドラムとの比較もしました。

 

snow peak(スノーピーク)の新製品『フィールドコードリール』は電源サイトで大活躍!?~でもお値段高くない!??
キャンパーさん憧れのアウトドアブランド「snow peak(スノーピーク)」。2018年夏、今度は電源サイトでの必需品アイテムがラインナップに登場しました。その名も『フィールドコードリール』。snow peak(スノーピーク)らしい洗練されたデザインでお洒落かつ高品質。発売日は?お値段は?でも、先に結論を言います。お値段高い!!

 

▼我が家のアメニティードームの行方は如何に??▼

使わなくなったキャンプ道具ってどうする?『アメニティドーム』をどうしようかモヤモヤしているお話
使わなくなったキャンプ道具ってどうしてます?買ったけど全然使わなかった、もしくは新しいものに買い換えたなど理由は様々。我が家でも押入れ行きになってしまったアメニティドームをどうしたものかと、モヤモヤしている最中です。そんな使わなくなったキャンプ道具ってどうすればいいのか考えてみたお話です。
この記事も読まれています
テント類
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました