家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

使わなくなったキャンプ道具ってどうする?『アメニティドーム』をどうしようかモヤモヤしているお話

キャンプのアレコレ
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

我が家が初めて購入したテントは、かの有名なスノーピーク(Snow Peak)のアメニティドームMサイズ(以下、アメド)。

そのアメドも、今では押入れでお休み中なんです。

アメドの「我が家にとっての欠点」「今後どうするか」

・・・を考えてみたお話です。

■2018-12-10追記■

スノーピーク2019年価格改定として、アメニティドームの価格改定が発表されました。

改定日時は2019年1月8日(火)

アメニティドームS 27600円⇒29800円 差額2200円
アメニティドームM 32800円⇒36800円 差額4000円
アメニティドームL 44800円⇒49800円 差額5000円

その他アイテムも、値上げがあるようです。

公式 「2019 Outdoor Lifestyle Catalog」発刊並びに価格改定についてのご案内

スポンサーリンク

まだまだキレイで使えるアメニティドーム

スノーピーク(Snow Peak)のアメニティドームといえば、高品質のスペックなのに、スノピの中ではかなりの低価格設定。

ファミリーキャンプの入門テントとして超有名で、圧倒的人気を誇っています。

どこのキャンプ場に行っても、必ず見かけますよね。

我が家が購入したのは、そのスノーピーク(Snow Peak)のアメニティドームのMサイズ。

仕様はこんな感じ。

出典:スノーピーク

4~5人向けで、フロアサイズは265㎝×265㎝と広く、4人家族の我が家には十分すぎる広さ。

子供ならあと2人は寝られそうな感じがします。

初めての設営時は苦労しましたが、回数を重ねるごとに設営時間も短くなり、今では説明書不要で組み立てられます。

慣れれば設営も簡単で、本体も軽く、思ったよりもコンパクトなので荷積みも苦ではありません。

前室はありますが、2ルームテントほど広くはないので、基本的にはタープと併用。

夫婦そろってお気に入りで、これといって不満もないテントなんです。

では、なぜ押入れでお休みすることになったのか。

スポンサーリンク

我が家にとってのアメニティドームの欠点

腰痛持ちにはつらい高さ

出典:楽天

アメニティドームの特徴として、地上高を最低レベルに抑えつつ、シルエットの丸みを持つ部分を多くし、風がテントの上を通っていくような設計になっています。

山岳用テントと同じようなイメージですね。

おかげで、多少風の強い日でも、しっかりとペグダウンをしていればテントが風にあおられる事もなくとても安定していました。

のざ妻
のざ妻

寝るだけだから、高さはなくてもいいもんね!!

のざる
のざる

そうだね。寝るだけだもんね!!

テントは寝られればいい!!

と、キャンプ開始時にはこんな風に思っていたんです。

なので、高さが低いことは重々承知の上で購入しました。

出典:Amazon

アメニティドームMの高さは、仕様からわかるように150㎝しかありません。

しかも、インナーテント内部の最高地点の高さなので、シルエットから見て分かるように、入り口は更に低くなっています。

150㎝では、のざ妻もまっすぐ立つことはできません。

ましてや、身長177cmある自分も立てず、入り口もかなり体勢を低くして入ることになるんです。

個人的な理由ですが、この低さが腰痛持ちにはかなり辛かった!!!

のざ長女
のざ長女

理由が情けない!!

のざる
のざる

そんなこと言わんといて!!

寝るだけだから、そんなに出入りすることがないと思っていたキャンプのテント。

しかしキャンプを始めてみると、荷物の出し入れしたり、次女をお昼寝させたり、抱っこしたまま出入りせざるをえなかったり・・・・出入りの回数が思ったより多い!!

気をつけていても、腰が悲鳴を上げてきます。

のざる
のざる

腰が痛い!!

・・・と、ここまでなら自分が我慢するだけでよかったんです。

けど、キャンプを始めた頃は小さかった長女もグンと背が伸び、出入りの低さに不満を持つようになりました。

朝はフライシートの内側が結露で濡れることもあり、出入りの際に髪の毛があたって濡れたりするのを気にするようになってきたんです。

のざ長女
のざ長女

髪濡れる!!

のざる
のざる

もう!しょうがないじゃん!!

お年頃ですね。

のざ妻もこの低さが気になってきたようで、夫婦で2ルームテントの高さにあこがれるようになってきたんです。

この高さ以外は不満がないんですけどね。

あくまで我が家にとってのデメリットです。

結果、我が家が選んだのは高さのある2ルームテント

そのような経緯があり、寝室は多少狭くなってもいいので、我が家は高さのある2ルームテントへの買い替えを決意しました。

高さが欲しいだけなら2ルームじゃなくてもいいんですが、どうせならタープを張らなくてもいい2ルームタイプがいいよねってことになったんです。

まず、候補にあがったのは有名なDODのカマボコテント。

だけど、入手困難だし、トンネルテントの中では安い部類とはいえ、予算面で却下。

続いて、ちょうど発売されたカマボコ型のシンプルなテントであるスノーピークのヴォールト。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥22,980 (2024/03/01 21:39:58時点 Amazon調べ-詳細)