家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【直感で操作しやすい】子供向けキッズスマートウオッチ『CT-W22』実機レビュー

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

子供用のスマートウォッチを頂きました。

のざ次女
のざ次女

ウチもおとうちゃんみたいな時計欲しい!!

スマートウォッチを使っている自分を見て、ねだられていたタイミングだったのでありがたき。

スマートウォッチを使うと、睡眠記録や消費カロリーなどが分かって生活リズムが把握できるようになってりもしますよね。

今回頂いたスマートウォッチはそこまでの高機能はなく、知育玩具としての機能が盛りだくさんといった感じです。

そんな子供用スマートウオッチ『CT-W22』実機レビューしていきます。

商品提供を頂いてのレビューです。
スポンサーリンク

子供向けキッズスマートウオッチ『CT-W22』

CT-W22は、子供向けに作られているスマートウオッチです。

時計というよりも、小さな玩具という雰囲気がありますが、頂いたピンク色は十分可愛いデザインです。

のざ次女
のざ次女

ウチの大好きなピンクだ! カワイイ~!!

付属のベルトも、ピンクで次女ウケ抜群。

つけ外しがカンタンなタイプのモノです。

次女は大喜びで装着し、親が説明しなくてもいろいろ触って楽しんでいました。

画面が大きく子供向けなデザイン

CT-W22は、1.54インチと比較的大きめな画面で、子供も見やすく操作しやすい大きさです。

自分が普段使用しているスマートウォッチと比較するとこんな感じ。

子供には十分な大きさかなと思います。

直感的な操作ができる

正直言って、付属の説明書がとっても簡素なもので、機能の細かい説明はついていません。

しかし次女は触っていく内に「こうすれば電源点くよ!」とか「ここ2回押すと画面消えるんだよ!」など、説明書にも載っていなかったような使い方を次々と発見していました。

カメラや音楽・動画など、機能が大きなイラストアイコンで表示されているので、なんとなくなんの機能なのかはわかりました。

よくわからないものでもとりあえず触ってみれば判別できたので、次女も戸惑うことなく操作できていましたので安心しました。

軽度の知的障害を持つ次女にとっては、大きなイラストアイコンで直感的な操作ができるタイプのものはとても扱いやすいです。

なにより驚いたのが、その操作性。

のざ次女
のざ次女

サクサク動くね!

子供向けおもちゃなので、もっと動きが重いかなあと思っていましたが、スマホと遜色ないくらいサクサク動きます。

タッチしてもしっかり反応しており、もっさりしている感じはありませんでした。

ストレスなく操作できますね。

ストラップで首掛けもできる

腕時計としてはもちろんですが、付属のカバーとストラップをつければキッズケータイのように使うこともできます。

腕に装着したままゲームをずっと遊ぶのは辛いので、時々ストラップ型にして遊んでいました。

マグネット充電式で子供でも簡単

本体の充電は、裏面のコネクタにケーブルを接続します。

このコネクタはマグネット式になっているので、子供でもカンタンに脱着が可能。

電源OFF時は充電中のアニメーションも可愛さが感じられました。

生活防水仕様で手洗いも安心

仕様によれば、本体の防水仕様はIP66とのこと。

IP66は、強風による粉塵が内部に入らず、豪雨でも浸水の恐れがない防塵防水仕様を示しています。

しっかりと手洗いさせたいので、いちいち時計を外さずとも、装着しながらも安心して手洗いできますね。

だからといって、むやみやたらと水に浸けたりするのは良くないでしょうね。

スポンサーリンク

子供が喜ぶ便利な機能が満載

CT-W22に搭載されている機能をいくつかご紹介していきます。

  • 待ち受け画面がたくさん変わる
  • 写真・動画が撮影できる
  • 音楽が聴ける
  • 多彩なゲーム

では、それぞれを見ていきましょう。

待ち受け画面がたくさん変わる

待ち受け画像も様々なパターンがあり、子供も飽きにくい感じがします。

画面をタップすると、待ち受け画面や時計の文字盤が変更でき、カラフルなモノからシンプルなものまで、たくさんあります。

ただ、タップすると変わってしまい、固定しておくことができないのがちょっと厄介ですね。

撮影した写真や取り込んだ画像を使って、待ち受け画像も作れますよ。

写真・動画が撮影できる

本体にはインカメラとアウトカメラがついています。

撮影した画像は、待ち受け画像にしたり、PCに転送することもできます。

実際に撮影した画像は、リサイズや加工一切なしでこんな感じ。

30万画素なので、めっちゃ画像が粗い・・・。

日中の明るい中なら撮影可能ですが、暗い中での撮影はダメですね。全然見えません。

まあ、この粗い感じがまたエモいかも。

音楽が聴ける

充電用のコードでPCと接続すれば、mp3音楽が取り込めます。

本体容量は8Gもあるので、必要十分です。

のざ次女
のざ次女

ねー、音楽聴けないよ??

次女の好きな曲をフォルダにコピーしましたが、なぜかプレイリストに反映せず。

うーむ、こんな時は本体再起動!!

・・・見事反映し、再生できるようになりました。次女満足。

音質はいたって普通ですが、そこは気にしません。

イヤホンジャックはないので、Bluetoothでイヤホン接続できるとより良いなと感じますが、それはちょっと贅沢ですかね。

多彩なゲーム

本体の中には、アメリカン雰囲気満載な、数多くのゲームが入っています。

往年のブロック崩しや、インベーダーのようなもの、レースゲームやパズルゲームなどなど。

コアラを可愛がるゲームもあります。

いろんな動物ではなく、コアラのみです。

ただ、ゲームの詳細な説明がなく、さらに英語表記でさっぱりわからないものが多数あります。

のざ次女
のざ次女

こうやったらこうなるんじゃない? きっとこういうゲームなんだよ!

と、直感的に触って遊んでいるとなんとなくわかっていったようで次女は楽しんでましたので、まあ良いでしょう。

その他にも、懐中電灯機能や歩数計、電卓機能やアラーム機能などいろいろ設定されています。

スマホと連携や、心拍数測定などの本格的なスマートウォッチのような機能はありませんが、子供が持つ玩具系スマートウオッチとしては十分かと感じます。

あとがき

子供用スマートウオッチ『CT-W22』は、十分楽しめる玩具系スマートウオッチでした。

中学生の長女はさすがに興味ナシでしたが、小学生の次女はとっても楽しそう!

玩具系スマートウオッチ選びの参考にしてほしい、のざるでした。