家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【マウス腱鞘炎対策になる?】RHYNO(ライノ)リストラップ使ってみた〈PR〉

ども、のざるです。

毎日仕事でパソコン業務な自分。

10年ほど前にマウス腱鞘炎を発症し、それ以来、治ったり再発したりと腱鞘炎に悩み続けています。

腕や手首に負担をかけないよういろいろ対策はをしてきましたが、今回はリストラップなるものを使ってみました。

本来は筋トレ向けみたいですが、多少なりとも効果があったのでご紹介していきます。

今回は商品提供いただいてのレビューであり、内容は個人の感想です。

今回頂いたのは、RHYNO(ライノ)のリストラップ。

リストラップとは、ベンチプレスなどのプレス系種目のトレーニングで、手首に巻いて使用するアイテム。細い手首の関節まわりへの負担を減らし、ケガの防止が期待できるアイテム。

本来ならば、がっつりジムで鍛える人が装着するようなアイテムでしょう。

自宅でゆる~い筋トレはやっている程度の自分なら、ぶっちゃけ必要に迫られないようなアイテムですね。

そう思っていたんですが、ゆるい筋トレでもこれを装着してダンベルを使ってみると「あ、手首がラク??」と素直に感じました。

RHYNOのリストラップは、程よく柔軟性のあるループが使われています。

ストラップを親指にかけて、ぐるぐる巻いていきます。

生地は少し硬めですが、その分しっかりしていました。

マジックテープも大きく、ガッチリと手首を固定可能。

生地の通気性はあまりありませんが、手首の固定感はしっかりと感じられました。

今回頂いたものは45cmとかなり長め。ひょろっとした自分の腕だとあり余る長さでした。

パソコン作業をする際に両腕に装着。

やはり手首部分がしっかり固定されるだけでもずいぶん違いますね。

普段マウス操作はついつい手首で動かしてしまいますが、固定されるので負担が軽減されている感じがします。

ループ部分は個人的に邪魔なので、外して使います。

まあケガをする前に予防策でこういうモノを使うのが一番なんですが、若いころはそんなこと気にもせずに体を酷使しますよね。

誰でも陥りがちなことなので、「なんかリストラップとか腱鞘炎対策とかダサイ」なんて思わずに、使えるサポーターグッズは使ったほうがよいと思うんですよね。

そんなことを娘に話しても「ふーん」くらいな反応なもんで、心にも留めない模様。

まあ、自分も若いころはそうだったから人の事言えませんが・・・。

予防するに越したことはないので、ちょっと気になったらアイテムをチェックしてみてほしい、のざるでした。

おすすめ関連記事

がっつり太いロープショルダーストラップで肩の負担を軽減できるかも

100円ショップのマグネット付きリリーサーで着脱を簡単に!

100円ショップのゴムバンドでスマホの落下を防ごう

100円ショップのグリップテープでギアを持ちやすくする

ガジェットの記事はコチラからどうぞガジェットレビュー記事へ気になるギアを見つけてみませんか?