ワークマン公式オンラインストアはこちら『BE-PALアウトドアキットBOX はじめての焚き火入門』重版決定

税込1,650円で買える!!3COINS(スリコ)衝撃の新商品『完全ワイヤレスステレオイヤホン』に驚愕したお話

100均

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

おしゃれで便利な雑貨が揃う3COINS(スリーコインズ)。

久しぶりにぶらっと寄ったら、とんでもないものを見つけました。

耳に装着して使う、今流行りの完全ワイヤレスイヤホン。こんなデジタルガジェットが3COINS(スリーコインズ)で販売されていたんです。

しかも税込1,650円!!

完全ワイヤレスイヤホンとは
左右をつなぐケーブルがなく、それぞれが独立しているタイプのイヤホン。ケーブルがないため、カバンやフードなどに引っかかって外れてしまうこともなく、ケーブルがぶらぶらして邪魔になることもありません。一般的には、スマホなどと繋ぐ際は無線通信の「Bluetooth」を使います。ちなみに、ケーブルでつながっているタイプは「Bluetoothイヤホン」と呼ばれているそうです。

この完全ワイヤレスイヤホンをつけている人を、街中でよく見かけます。

欲しいなあと思いつつも、安くても数千円するもの。必須というわけでもないので購入をためらっていました。

今回、このお値段に惹かれて買ってみた次第です。

防水やノイズキャンセリング機能など高機能はありません。音質や機能にこだわりがなく、音楽が聴ければ問題ない。

そんな自分のような人には、十分おすすめできるお値段とクオリティでした。

しばらく使ってみた感想をご紹介します。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

3COINS(スリコ)『完全ワイヤレスステレオイヤホン』

まず、パッケージはこんな感じ。シンプルなデザインの箱に入っております。

3coins devise と書いてありますね。

スリコで展開するデジタルガジェットシリーズの名称でしょうか。

さらに、パッケージ右上には税込1,650円の記載。おそらく1,500円+税なんでしょう。

500円3枚と50円3枚ずつでスリーコインズ!

・・・ちょっとこじつけですかね(/ω\)

ちなみにスリコでは、300円以外にも500円や1,000円の商品もあります。

ワイヤレスイヤホンなので、スマホなどのプレーヤーとの接続は無線通信の「Bluetooth」。

満充電の場合、連続再生は5時間可能とのこと。

イヤフォンを収納するケースは充電器にもなっています。

ケースを満充電している場合、イヤフォンの充電は5回分だそうです。

使用環境や頻度により数値は変動します。

こちらはパッケージ裏側。特徴や仕様が書いてあります。

裏パッケージ上部。

裏パッケージ下部。

開封すると中身はこんな感じで入っています。

本体・ケース以外の付属品は、説明書とマイクロUSBケーブルのみ。

そんな完全ワイヤレスステレオイヤホンの仕様は以下のとおりです。

『完全ワイヤレスステレオイヤホン』の仕様

関連アイテム

『完全ワイヤレスステレオイヤホン』の特徴

『完全ワイヤレスステレオイヤホン』には、

  • ”完全な”ワイヤレスイヤホン
  • 細かい操作もバッチリできる
  • ハンズフリーにも対応
  • 充電器兼用のケース
  • 3か月の保証がついている

といった様々な特徴があります。

”完全な”ワイヤレスイヤホン

何度も言っていますが、こちらはコードのない左右分離型のワイヤレスイヤホン。前述のようにケーブルがないため、カバンやフードなどに引っかかって外れてしまうこともありません。

また、ケーブルがぶらぶらして邪魔になることもないのがいいですね。

使い方は簡単!細かい操作もバッチリできる

遮音性に優れたカナル型のイヤホン。

上部の小さな穴は、充電中や電源ON/OFF時などにLEDランプが点きます。また、ハンズフリー通話のためのマイク部分でもあります。

中央の丸い円形の部分は、音量調節や曲送りなどのための、カチカチと押す多機能ボタンになっています。

イヤーピース部分。予備のイヤーピースはついていません。

裏側には、L・Rの刻印があります。金色の部分は、充電時の充電端子の接触部分です。

ハンズフリー通話にも対応している

ハンズフリー通話にも対応している、このワイヤレスイヤホン。

ただ、この機能をまだ使ったことがないんです。どの程度使えるのか…正直あまり期待していません。

試せる機会があったら、また追記したいと思います。

”充電器兼用のケース”をチェック

こちらが充電機も兼ねている収納ケース。

前面に、バッテリー状況を示すLEDランプが4つ装備されています。

満充電の時は青色のLEDが4つ点灯します。仕様によると、1つのランプにつき25%の容量のようです。

例えば、ランプが2つ点灯していたら、約26〜50%の残量となります。

後面には充電用のマイクロUSB充電ポート。

このケースはイヤホンを充電できますが、モバイルバッテリーとしては使えません。

関連アイテム/モバイルバッテリー機能付イヤホン

充電ボックスの使い方は説明書に記載があります。とはいっても、ケーブルを挿すだけです。

イヤホンを収納すると、自動的にペアリングが解除され電源OFFになり、充電が開始されます。

イヤホンとケースはマグネットが仕込まれているようで、吸い付くようにカチッと収まってくれます。なので、フタを開けた瞬間に落とす心配がありません。

イヤホンを充電している時は、イヤホンに赤いランプが点灯します。充電が完了すると消灯。

ケース内はL・Rの記載があり、収納する場所が決まっています。

ケースを開けるフタのツメが小さめなので、ちょっと開けにくい印象がありました。片手でもパカッと開閉できたらより良かったです。

中央の小さなボタンは充電ボタンです。イヤホンをケースに収納すると自動的に充電が開始されますが、充電ボタンを押下することで充電をスタートさせたり、充電中でも2秒間押し続けると充電を止めることもできます。

3か月の保証がついている

3COINS(スリコ)の完全ワイヤレスイヤホンは税込1,650円。

すぐに壊れたら嫌だなあと思いましたが、3か月の保証がついているので少し安心感があります。ちゃんとレシートを取っておきましょう。

欲を言えば、1年保証が良かったです。

『完全ワイヤレスステレオイヤホン』の使用感

機器とのペアリングが簡単

自分はスマホと繋いで、通勤時に利用しています。初回時はスマホとペアリング(繋ぐ)設定が必要です。

Bluetoothをオンにすると、「BEANSMUSIC」という項目が現れます。これがスリコの完全ワイヤレイヤホンの接続先です。

一度設定してしまえば、次回からはスマホの「Bluetooth」をONにした状態でイヤホンをケースから取り出すと自動的につないでくれました。

逆に、先にイヤホンを取り出した状態でスマホの「Bluetooth」をONにしてもつながってくれました。

片側使いたい場合でも、例えば右耳のイヤホンだけ取り出せばペアリングしてくれます。ケース内の左耳のイヤホンはペアリングされません。

ただし、途中で左耳を追加したい場合はうまくつながらない場合がありました。その際はBluetoothをON/OFFすればつながります。

イヤホンの規格はBluetooth5.0ですが、自分のiphone6sはBluetooth4.2にしか対応していません。バージョンが違っても接続利用はできますが、Bluetooth4.2までの機能しか使えません。Bluetooth5.0は4.2と比べて「通信範囲」が約4倍拡大し、「転送速度」が約2倍早くなっているそうです。iPhone8以降はBluetooth5.0に対応している模様。

音質は普通、でも音飛びもズレもなし

音楽を聴く、動画を見るなど試してみましたが、音の遅延は感じませんでした。

Huluから動画をダウンロードしてスマホで見たりしていますが、会話と音がずれることなく、何の問題もありませんでした。

これで税込1,650円とは、ほんとにコスパがいいですね。

リズムゲームだと、さすがにタップと音がずれましたけど・・・そこはそういうものなんでしょう。

音質は、悪くもなく飛び抜けていいわけでもなく、いたって普通です。聞き取りづらい事はないので、全く問題ありません。

高音質や音質のチューニングにこだわることがなければ、充分に聴けるレベルだと思います。

3COINS(スリコ)のワイヤレスイヤホン、操作方法は簡単だけど・・・

前述のように、イヤホンはケースから取り出せば電源ON、収納すれば電源OFF。または、多機能ボタンを2秒長押しで電源ON、3秒長押しで電源OFFとなります。

肝心の音楽操作ですが、多機能ボタンを何回押すかで操作が決まります。

ここで面倒なのが、「メインイヤホンはペアリングの都度選択される」と説明書に記載があること。

つまり、メインイヤホンが右になるのか左になるのかが使ってみないとわからないということです。

多機能ボタンを押して操作してみないと、どちらがメインになっているのかわからないという面倒さ。

例えば音量を下げたい場合はメインイヤホンの多機能ボタンを2回カチカチ押します。音量が下がればメイン、上がったらサブということになります。

自分は基本的には最小の音量でずっと流しっぱなしなのであまり気にしませんが、いざ操作したいときにやってみないとわからないというのはちょっと面倒です。

なんで都度選択なんだろう・・・それとも、ワイヤレスイヤホンってこういうものなんでしょうか(/ω\)

また、多機能ボタンの押し具合はちょっと固めです。少し強めに押さないと反応しません。

駅のホームでワイヤレスイヤホンの音が途切れがち

満員電車や混雑した駅のホームでは時々音が途切れました。ただ、これはBluetooth機器にはありがちだそうです。様々な電波が飛び交う中では電波が混雑してしまって干渉を受けることがあるそうです。

今のところ、混雑した駅でしか途切れを経験していません。空いている時間帯や、ショッピングモールなどの中では問題なく使えていました。

あとがき

自分は初めての完全ワイヤレスイヤホンなので、普段使っている人からすれば「そんな機能は当たり前だろ!!」って言われちゃうかもしれませんね( ;∀;)

今のところ、通勤時に利用しています。往復で2時間程度なので、バッテリーも十分持っています。

カナル型なので遮音性も高く、外観もシンプル。

防水やノイズキャンセリング、音質の自動チューニングなどの高機能はありません。操作はちょっと慣れが必要かもしれませんが、シンプルに音楽が聴ければ十分という人におすすめできます。

「完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたいけど、どんなものを買えばいいのかわからないし、値段が高いしなあ・・・」と、自分のように感じている人は、とりあえずこれを選んでおけば問題なさそうです。

あとは、落っことしてなくさないように気を付けるのみ(*’ω’*)

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連アイテム

無料体験で400万曲以上聴けるAmazonプライムはこちら

こんな記事も書いています
【ダイソー500円シリーズ】手挽きコーヒーミルをレビュー~違いのわかる大人になりたい
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 久々に行ったダ...

 

”柱”集結!セリアで買える和紙素材の漢字ステッカーが鬼滅の刃すぎる
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 ミニオン、リラ...

 

これイイんじゃない??【3COINS】で見つけた『スマホクリップホルダー』でテーブルを照らせ!!~ランタンスタンド代わりに使えるかも!?
300円均一でおなじみの「3COINS(3コインズ)」、略して「スリコ」で見つけてきたプチプラアイテムの【スマホクリップホルダー】。 これ、ランタンスタンド代わりになるんじゃない? そんな安易な考えで購入してきましたので、ざっくりとご紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました