家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【ワイヤレスモバイルバッテリー5,000mAh】この機能で1,000円台!3COINS(スリコ)新商品をレビュー!ケーブル不要でどこでも充電できるって便利

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

100均と同じくらいスリコが好きな、のざる( @camp_bata)です。

おしゃれながらもプチプラ価格で便利な雑貨が揃う3COINS(スリーコインズ)。

最近では3COINS DEVICE という、スリコで展開するデジタルガジェットシリーズが話題になっています。

スマホグッズやモバイルバッテリーやスピーカーなど様々なモノが発売されています、興味をそそられて購入してしまったのが、ワイヤレスモバイルバッテリー。

スリコに登場した1,000円台で購入できるワイヤレスモバイルバッテリーは、使ってみるとお値段以上に便利な機能が満載でした。

今回は「【ワイヤレスモバイルバッテリー5,000mAh】この機能で1,000円台!3COINS(スリコ)新商品をレビュー!ケーブル不要でどこでも充電できるって便利」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

3COINS ワイヤレスモバイルバッテリー 5,000mAh

一見普通のモバイルバッテリー5,000mAhなんですが、実はこれ・・・

ワイヤレスモバイルバッテリー

-ワイヤレスでスマートに充電が可能-

のざる
のざる

モバイルバッテリーなのにワイヤレス充電だと・・・!?

今や必須となったモバイルバッテリー。充電しながら使うにもケーブルのわずらわしさや断線に悩まされることもありましたが、モバイルバッテリーにもワイヤレスの時代がきています。

スリコでもワイヤレスモバイルバッテリーが発売されているのを見かけたんですけど・・・

税込1,650円

スリコのアイテムは300円+税メインですが、さすがにこういったDEVICEは300円+税とはいきませんよね。

ワイヤレス充電とは、ケーブルを接続せずにスマートフォンなどを充電できる仕組みのこと。ワイヤレス充電の主な規格である「Qi(チー)」。ワイヤレス充電や無線給電、非接触給電などと呼ばれる規格のひとつで、iPhone 8以降のiPhoneやAndroidスマートフォンがQiに対応し始めたため、標準的なワイヤレス充電の仕組みとして認知されるようになりました。

スリコで見つけたワイヤレスモバイルバッテリーは、「Qi(チー)」規格。シンプルなブラックとホワイトの2色が販売されていました。

容量は5,000mAh。充電回数は2回分程度とちょっと少ないような気もしますが、日々持ち歩いて自宅で充電しておくには問題ないかと思います。

自分が買ったのは、ブラック。

ホワイトだと、なんだか汚れが目立ちそうだから・・・という理由です。

では、スリコで見つけたワイヤレスモバイルバッテリーの仕様から確認していきましょう。

モバイルバッテリーは和製英語では? と言われています。英語では「portable battery pack」「portable battery charger」「external battery pack」などと言うと通じるらしい...ですよ。

仕様

商品名 ワイヤレスモバイルバッテリー5,000mAh
カラー ホワイト・ブラック
サイズ 約)横6.5×縦10.5×厚さ2cm
重さ 約)125g
仕様 TYPE-C入力 DC5V/2A
micro入力 DC5V/2A
USB出力 DC5V/2A MAX
ワイヤレス出力 5W
セット内容 本体
microUSBケーブル typeB
説明書
対応機種 【iPhone】8/8Plus/ X / XS / XR / XSMAX / 11 / 11Pro / 11ProMAX /SE(2020)
【Galaxy】S10 / S10+ / S9 / S9+ / S7Edge
ほか Nexus / Xperia など Qi規格対応機種

同梱品

  • ワイヤレスモバイルバッテリー本体
  • microUSBケーブル typeB
  • 説明書

カラー

ブラック・ホワイトの2色

2021年8月時点

価格

税込1,650円

2021年8月時点

ディテール

パッケージはこんな感じ。裏面には仕様や注意などの記載があります。

モバイルバッテリー本体中央部分にはQi(チー)マークが配置されています。

丸みがあって、可愛らしいロゴです。

サイズは約)横6.5×縦10.5×厚さ2cmほどで、手に持ってみるとこんなサイズ感。

本体は約125gで、大きさの割には軽量でコンパクトです。

iPhone6sとサイズを比べてみました(iPhoneSE第二世代もiPhone6sと同一サイズです)。

スマホで隠れるほどの大きさではあるので、携帯するには困りません。

中央がワイヤレス給電部分(出力5W)です。

面の左右には、スマホを固定できるように小さな吸盤が4つずつ配置されています。

中央の給電部分は、ほんのちょっぴりでっぱっていて、吸盤と同じくらいの高さです。

また、本体には側面に様々なポートが設置されています。

側面には、左右にUSB出力ポート(DC5V/2A MAX)、中央にはUSBケーブルtypeC対応の入力ポート(DC5V/2A)が配置されています。