TwitterはこちらInstagramはこちら

【LEDライト付きキャンプファン】卓上でも吊り下げでも使える、パワフルな小型扇風機をレビュー

家族でひとり暑がりな、のざる( @camp_bata)です。

キャンプに扇風機は必須。

小さなハンディファンや、サーキュレーターを持って行くことは多くとも、吊り下げられる扇風機があったらいいのになと思ったことはありませんか?

今回は「【LEDライト付きキャンプファン】卓上でも吊り下げでも使える、パワフルな小型扇風機をレビュー」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

LEDライト付きキャンプファン

今回頂いた扇風機は、ハンディ小型扇風機というにはちょっと大きめなサイズ感。

ファンが大きいので風力は期待できますが、キャンプで使える機能もついています。

まずは仕様から確認していきましょう。

仕様

バッテリー容量10,000mAh
連続使用可能時間:最長50時間(最小風力時)
LED明るさ高:80ルーメン
中:60ルーメン
小:25ルーメン
サイズ約)18.2×6.5×22cm
重さ470g

同梱品

  • 本体
  • USBケーブル
  • 説明書
  • 吸水スポンジ

ディテール

ハンディファンが増えている我が家ですが、今回は手に持って使うタイプではなく、卓上に設置するタイプの小型扇風機です。

重さは約470g。

ファン部分は軽量ですが、土台となる本体部分が少し重さを感じます。

手のひらで隠せるファンですが、直径は約16cmとやや大きめ。

スイッチはFANとLEDの2つついています。

底面はこんな感じ。

吊り下げ用のフックが収納され、厚めの滑り止めが4か所ついていました。

スポンサーリンク

特徴

キャンプファンには、こんな特徴があります。

  • 卓上でも吊り下げても使える
  • 360°全方向に調節ができる
  • 3段階のLEDライト付き
  • 吸水スポンジが取り付けられる
  • 静音設計

では、それぞれを見ていきましょう。

卓上でも吊り下げても使える

コンパクトな卓上扇風機としてはもちろんですが、本体底面のフックを起こせば、吊り下げ用のフックが登場します。

例えば、自宅内の突っ張り棒に引っかけてみました。

テント内では天井に引っかけたり、タープ下に引っかけたりしてみるのもいいですね。

また、壁面フック用の穴があるので引っかけて使うという方法もあります。

吊り下げ・引っかければ卓上に設置するより場所を取りませ。

自宅なら脱衣所に吊り下げてお風呂上りに涼んでみたり、キャンプならテント内の空気循環にも役立ちそうです。

360°全方向に調節ができる

ファンは360°向きを調節することができるので、好きな位置から好きな角度で風を浴びることが可能。

3段階のLEDライト付き

最大80ルーメンのLEDランタン機能もついています。

明るさは3段階切り替えが可能。

80ルーメンはべらぼうに明るいわけではありませんが、就寝前のテントの中で使うには十分かと思います。

吸水スポンジが取り付けられる

ファンの背面についているのが、用途のわからないくぼみです。

このくぼみには、付属の吸水スポンジを設置可能。

水を含ませれば気化熱で涼しい風が送られてきます。また、アロマなどの匂いをしみこませて拡散させるなんて使い方もできるようです。

使用感

では、実際に使ってみた感想を書いていきます。

使用方法

使い方といっても、本体を充電後、電源ボタンをポチっと押すだけです。

ボタンを押すとランプが青く点灯します。

風力は、ボタンを押すごとに電源オン・弱→中→強→電源オフと切り替わります。

途中で停止したい場合は、長押しすることで止まります。

LEDライトも3段階の強さがあります。

こちらは、電源オン・強→中→弱→電源オフといった順番で変わります。

途中で消灯したい場合は、ファン同様に長押しすることで消灯します。

バッテリーの充電方法

充電はmicroUSBケーブルを挿しこむだけです。

容量が10,000mAhあるので、フル充電には少し時間がかかります。その分かどう時間が長いので、弱なら一晩十分使えます。

大きめなファンで風力は十分

手のひらサイズのファンから流れてくる風は、弱でも十分涼しいです。

小型ハンディファンよりも風力は高め。

個人的には、パソコン作業時のデスクに置いたり、筋トレする際に強にしてガンガン風を浴びています。

扇風機を持ってくるよりも楽なので重宝しています。

静音設計なので、弱で利用している時はかなり静か。あまり気になりません。

中~だと、ちょっと音が大きくなるので、静かな環境だと少し気になるかなという印象はあります。

気になる点

持ち運べる小型扇風機とはいえ、収納スペースが必要です。ハンディファンのように手持ちで使うには大きめ。

サコッシュなどの小さなカバンでは無理なので、持ち運ぶならリュックでしょう。

ただランタンとしても使えるので、キャンプ時にはランタン一つとトレードすれば収納スペースも大丈夫かも。

LEDランタンは暖色にしてもらえると眩しすぎないのでテント内で使いやすいです。白色は80ルーメンでも目がちょっと痛いです。

また、カバーが外せないので羽を掃除しづらいのがちと難儀ですね。

首振り機能が付いていないのもちょっと残念です。

テント内に吊るして首ふりでサーキュレーターのように使えたら、なお良かったですね。

そのぶん価格は上がりそうですが...。

あとがき

本記事は「【LEDライト付きキャンプファン】卓上でも吊り下げでも使える、パワフルな小型扇風機をレビュー」について書いてきました。

のざる
のざる

吊るせるのでテント内の設置もしやすい。LED機能付きでランタン代わりにもなります。風力もあるので、空気の循環にもいいですね。

テント内の扇風機選びの参考にしてほしい、のざる( @camp_bata)でした。

タイトルとURLをコピーしました