家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【テントだけじゃない】2019年、コスパ良い『QUICKCAMP(クイックキャンプ)のギア』気になる3選

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

QUICKCAMP(クイックキャンプ)といえば、初心者でも扱いやすいワンタッチテントやチェアなど、ちょっと便利・ちょっとお洒落なアウトドアギアを提案するアウトドアブランド。

そんなQUICKCAMP(クイックキャンプ)とは、通販サイト株式会社eSPORTSのプライベートブランド商品なんです。

「アウトドアって大変そう。ビギナーには敷居が高い。」
そんなイメージをなくすのが、私たちQuickCamp(クイックキャンプ)の役目です。
もっと気軽に、もっと簡単に、みんなで遊ぼう。外で遊ぼう。
家族や仲間との大切な時間をより長く手軽に楽しんでいただく為の、画期的なアウトドア用品を提供します。

引用:クイックキャンプ

キャンプをやってみたくてもなかなか始められない理由に、「道具の扱いが難しそう」・「キャンプ道具ってお金がかかりそう」なんて事があるかと思います。

クイックキャンプのアウトドアギアは、初心者でも手軽に使える作りで、なおかつ10,000円以下で購入できるものが多数あります。

また、クイックキャンプといえばワンタッチテントや折りたたみチェアが有名ですが、その他にも様々なアウトドアアイテムが多数登場しています。

そんなクイックキャンプの中から、個人的に気になったアウトドアアイテムを3つご紹介します。

2019年7月27日時点での情報です。
スポンサーリンク

クイックアップトラッシュボックス(QC-TB40)

クイックキャンプから登場するトラッシュボックスは、どこにでも馴染みやすいシンプルなデザイン。

キャンプ中に使うゴミ箱、みなさんはどうしてますか?

我が家もついやってしまいがちですが、むきだしのビニール袋を置くだけではちょっと雑然としすぎてしまいます。

なので、「ちょっとお洒落なアウトドアっぽいゴミ箱が欲しいなあ」なんて思うこともしばしばあるんです。

そんな時、こういったアウトドア用のトラッシュボックスを使えばキャンプサイトをスッキリと見せることができます。

クイックキャンプのトラッシュボックスは、市販の45Lゴミ袋にピッタリな大型サイズ。ボックス内で分別ができるように、ゴミ袋の固定用フックは6か所ついています。

軽いと動いてしまいがちなゴミ箱。地面に固定できるペグ穴を本体下部に配置し、さらに側面にはテーブルの足などに固定できるベルトもついています。

ゴミ箱なので当然かもしれませんが、フタがついているので野生の動物やカラスなどにいたずらされる心配もありません。

底面は濡れた地面でも安心の防水PVC製になっており、芯材入りなのでしっかりしています。

ポップアップ式なので簡単に設置可能。

また、収納時はバックルで固定すれば約10cm程の厚さになりコンパクトに収納できるようになっています。

ゴミ箱として使うも良し、焚き火用の薪を持ち運ぶのに使うも良し。

こういった収納アイテムがひとつあるだけでも、キャンプサイトをスッキリさせることができると思います。

クイックアップトラッシュボックスの仕様

使用時サイズ (約)φ46cm×40cm
収納時サイズ (約)φ46cm×12cm
耐荷重 (約)8kg
本体材質 ポリエステル、PVC

クイックアップトラッシュボックスの価格

2,980 円 (税込)

新製品のため、2019年8月上旬入荷予定となっています。
スポンサーリンク

LEDランタン 1000ルーメン (QC-LED1000)

キャンプの夜に欠かせないLEDランタンもクイックキャンプより登場しています。

キャンプサイトのメインランタンとして使うには十分明るい1000ルーメン。明るさが広がるホワイトシェードがついていますが、シェードを外して使う事もできます。

防滴仕様であり、3段階の明るさが調整可能となっているハイパワーランタンです。