家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

《付録レビュー》コールマンとのコラボ【防滴ミニバッグ】がちょっといい感じ~ビーパル2019年9月号

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

ふと立ち寄ったお店でビーパル(BE-PAL)2019年9月号を見つけました。

8月7日にすでに発売していたのをすっかり忘れていましたので、そのままお買い上げ。

付録はコールマン(Coleman)コラボの「防滴ミニバッグ」

防水ではなく、あくまで防滴。

そして小さめなミニサイズ。

どんな感じで使えるのか、ざっくりとご紹介します。

あくまでも個人の感想ですのでご了承ください。
スポンサーリンク

BE-PAL 2019年9月号付録 Colemanコラボ「防滴ミニバッグ」

BE-PAL 2019年9月号の特別付録には、Colemanとのコラボアイテム「防滴ミニバッグ」がついてきます。

海や川やプールなどの水遊び場で、スマホや財布などの大事なものは濡らしたくない!!

最近では100均などでも防水ケースなども売っていますが、今回の付録はそんな時に使える防滴バッグ。

パッケージはこんな感じで、コールマンらしいグリーンカラーのパッケージです。

ぐるっと巻いて留めるロールトップ式、ターポリン素材で水に強い!!

こんな感じの特徴を備えた防滴ミニバッグとなっています。

パッケージはおよそ雑誌の半分程度の大きさ。

これだと、肝心のバッグ本体はかなり小さいのか?

ちょっと期待薄めで開封してみます。

思ったより大きめだった!!

半分に折られてパッキングしてありましたので、広げてみると実際はそこそこ大きめです。

丸底デザインなので、広げると立てることもできます。

立ててみると、500mlサイズのペットボトルとほぼ同じ大きさです。

これなら小物を入れて使うにはちょうど良さそうです。

水に強いターポリン素材を採用

本体正面には、バッチリとコールマンのロゴがプリント。

本体素材は、ちょっとデコボコした感じ。

防滴バッグとあって、素材は水に強い「ターポリン素材」を採用しています。

ターポリンとは「繊維の布を軟質の合成樹脂フィルムでサンドイッチした複合シートのこと」を指します。
ただの布に比べて①風や汚れに強く②強度があることから、工事現場のシートや農畜産業のハウス、屋外掲示の横断幕や懸垂幕、仮設テントなどに使用されています。
もっと身近なところだとプリントシール機の外装(暖簾のような部分)や、防水性を活かしたバッグが人気なようです。

引用:フジアート株式会社

このターポリン素材を採用しているので、キャンプでも日常でも、濡れたものや濡らしたくない物を収納しておくのに便利な防滴バックとなっています。

元々、コールマンでは大型のアウトドアドライバッグも発売されているようなので、その関係もあって今回のコラボアイテムとなったのかもしれませんね。

関連アイテム