家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【PR】完全ワイヤレスイヤホン「Ett(エット)」レビュー~北欧デザイン、アクティブノイズキャンセリング対応で1万円台!

雑記
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

初めてアクティブノイズキャンセリング機能(ACN機能)を搭載したイヤホンを体験しました。

 

\Sudio 完全ワイヤレスイヤホン Ett(エット)/

 

ACN機能は初体験な為他イヤホンとの比較はできませんが、どんな雰囲気だったのか素人目線でお伝えしてゆきます。

メーカー様よりご提供いただきました。
また、音質やイヤホンのプロではありませんので、あくまでも素人目線のレビューであることをご了承ください。
スポンサーリンク

Sudio 完全ワイヤレスイヤホン ETT(エット)

この度頂いたのは、「Sudio 完全ワイヤレスイヤホン ETT(エット)」。

  Sudioとは

Sudio社は、機能性とデザイン性に優れたオーディオ機器を提供する2012年に誕生したスウェーデンのメーカー。

北欧風なデザインが特徴的なイヤホンなどを開発しているそうです。

スライドさせて取り出す、とても立派な化粧箱に入っています。このデザインはプレゼントにも喜ばれそうですね。

中身はこんな感じ。

取りだしてみると、どれもこれもシンプルで立派な箱にはいっているなあという印象でした。

スポンサーリンク

アクティブノイズキャンセリング機能とは

Ettは、Sudio初のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しています。

聞いたことはあるものの、なんなのかイマイチよく分かっていません。

ざっくり言えば、こういうことらしいです。

 ANC機能とは

イヤホンやヘッドホンの遮音性能を高めるため、ノイズ(外部音)を聞こえなくするような技術。

詳細な仕組みは「アクティブノイズキャンセリング機能とは」で検索してみるとたくさんでてきますので参照してみてください(*´▽`*)

Appleが発売する完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」の登場で話題になったアクティブノイズキャンセリング機能(略してANC機能)。

イヤホンをつけていると、車や飛行機などのいわゆる雑音が入ってきます。気になるようなら音量を上げればいいのかもしれませんが、それは耳に良くないです。そういった雑音を聞こえなくして、音楽などの音声のみをクリアに聞こえるようにしてくれますよ。

Sudio Ett レビュー

Ett 同梱品

同梱品は以下のものでした。

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電用USB type-Cケーブル
  • 説明書
  • イヤーピース

Ett ディテール

今回頂いたのはグリーン。

このマットな質感、どう見てもザクにしか見えません。

でも、良き良きなカラーリングです。

イヤホン自体はとてもコンパクト。

今流行りの縦長な形状ですね。

外側に操作用のボタンが配置されています。

内側にはちょっと見えづらいですが、Sudioの刻印とL/Rの刻印があります。

先端は、充電の端子部分が見えています。

見えづらいんですが、開封時はこの先端部分にも保護シートが貼られていました。これは剥がしてから使います。

充電器を兼ねた収納ケースです。前面にSudioの刻印と、バッテリー残量を示すインジゲーターでが配置されています。

ケース側面には、革製のようなストラップが付属しています。

このストラップには個人的に魅力を感じなかったので取っちゃいました。結んであるだけなので、解くだけ。

必要があればなにか別のストラップを付けようと思います。

ストラップ反対側には、充電端子があります。

この端子はUSB type-C。ニンテンドーSwitchでも使われている端子ですよ。

フタを開けるとこんな感じです。フタはマグネットでくっつくので、パカパカ開いてしまうことはありません。

左右で収納場所も決まっています。

本体を収納すると電源オフ、取り出すと電源オンになる仕組みです。

Ett 特徴

デザインが北欧風でおしゃれ

ケースもイヤホンも、シンプルなデザインで見た目がお洒落です。

スリコの完全ワイヤレスイヤホンと並べてみます。Ettはマットな質感でオシャレ感漂いますが、スリコのイヤホンはテカテカしたプラスチック感満載です。

まあ、スリコのイヤホンは機能コスパ共に素晴らしいので、個人的にはデザインに不満を持っているわけでもありませんが。

男性よりも女性向けなデザインなのかもしれません。

アクティブノイズキャンセリング機能搭載

いちばんの特徴は、前述のようにアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているということ。

➡ アクティブノイズキャンセリング機能とは?

使い方はいたって簡単です。左右どちらでも良いのでボタンを2秒間長押しすると「ノイズキャンセリングオン!」という流暢な