家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【TOGO POWER ADVANCE 650】ポップなカラーリングのコンパクトポータブル電源をレビュー

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ポータブル電源は毎日スマホの充電に使っている、のざる( @camp_bata)です。

キャンプはもちろん、防災用品としても注目されているポータブル電源

様々なブランドからどんなものを選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

今回は発売されたばかりの「【TOGO POWER ADVANCE 650】ポップなカラーリングのコンパクトポータブル電源をレビュー」について書いていきます。

ポータブル電源選びの参考にしてみてください。

本記事はTogoPower株式会社よりご提供いただきレビューしています。内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

Togo POWER ポータブル電源 650

TogoPower株式会社

2019年にドイツの上場発電機企業United Power Technology AGとパートナーシップを結びました。米シリコンバレーを拠点とし、米国大手新エネルギー会社の元バッテリーエンジニアを集め、ソーラー発電やポータブル電力の研究開発を実施。「快適な生活にパワーを」を目指し、2020年、日本にポータブル電源支社が設立されました。

今回頂いた「TOGO POWER ADVANCE ポータブル電源 650」は、2021年5月に日本初登場。

コンパクトサイズながらも、 176000mAh/634Whの容量と、純正弦波AC 500W(瞬間最大出力1000W)を備えたポータブル電源です。

TOGO POWER のADVANCEシリーズは、家庭用とアウトドア用向けポータブル電源。

ポップなカラー、コンパクトでありながら、高い性能・耐久性を備え、国際規格であるISO9001を取得しています。

このカラーリングに、思わず同色のピカチュウを飾ってしまいました。

では、まず仕様から確認していきましょう。

仕様

QC対応USB3.0ポート×3口、ワイヤレス充電が配備されている。

同梱品

本体以外の同梱品は以下の通りです。

ACアダプタの他に、車のシガーソケットから充電することのできるケーブル。

また、別売りのソーラーパネルと接続するためのケーブル(規格:MC4)が付属しています。

説明書は保証書も兼ねています。なくさないように注意しましょう。

Togo POWER ソーラーパネル 100W
§Togo\POWER

ディテール

TOGO POWER ADVANCE ポータブル電源 650は、正面から見ると少しメカニカルな印象のデザインです。

上部液晶の左にある赤いボタンが電源です。

側面には排気用のスリット、背面には仕様が記載されています。

角はラバー素材で保護されていますので、ぶつけたりしても傷つけにくい仕様です。

少し凹凸もあるので、指を引っかけやすくもなっています。

底面の四角には滑り止めのラバーを装備。中央には注意事項が記載されたラベルが貼られています。

このラベルは剥がさないようにしておきましょう。

本体前面の各種ポート部分には、埃が入りにくいようカバーが備え付けられています。

カバーは簡単に開閉することができますが、開けた状態で固定することはできません。

本体上部は、ワイヤレス充電エリアとなっています。

ワイヤレス充電対応のスマートフォンやイヤホンなどならば、このエリアに置いての充電が可能です。

ハンドルを立ち上げた状態です。

ハンドルの凹凸部分はラバーになっているので、持って手が痛くなることもありません。

ただしラバーは固めです。もう少し厚みのあるタイプであれば、さらに持ちやすくなると思います。

ハンドルの中央にはLEDライト、そしてサイドには電源ボタンが配置されています。

これについては、後ほど後述いたします。

サイズ感

本体のサイズは約)幅29×奥行20.1x高さ20cm、かなりコンパクトです。

ただしサイズの割には重さは約6.8kg。運ぶのに苦になるほどではありませんが、軽量とはちょっと言い難い重さです。

「iPhone6s(約高さ14×幅7cm)」と、「Coleman BRAND BOOK #05 ミニ扇風機(高さ約18cm)」と並べてみます。

続いて、本体上部にiPhone6sを置いてみるとこんな感じ。

我が家ではリビングの自作カウンターテーブルに設置していますが、邪魔に感じることはありません。

A4サイズ(幅21×縦29cm)ほどのスペースがあれば設置しておくことができます。

このサイズ感ならば、キャンプ時の積載や設置場所にも困ることはなさそうです。