家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【SOUNDPEATS Run Free レビュー】ダイナミックな低音が魅力的! 柔らかく扱いやすいオープンイヤー型イヤホン

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

通勤中、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴くのざるです。

普段密閉型のワイヤレスイヤホンを使用していますが、うっかりイヤホンを落としそうになったり、周囲の音が聴こえにくかったり、長時間着けていると耳が痛くなったりすることがありますよ。

今回使ってみたイヤホン「SOUNDPEATS RunFree」は、ストレスの少ない装着性と、低音がしっかり聴こえる音質性、さらに個人的には嬉しい低遅延モードを搭載したオープンイヤー型イヤホンです。

今回は「【SOUNDPEATS Run Free レビュー】ダイナミックな低音が魅力的! 柔らかく扱いやすいオープンイヤー型イヤホン」について書いていきます。

 コード「RUNFREEH531」入力で15%オフ
本商品はSOUNDPEATS様からご提供頂きました。内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

Run Free | SOUNDPEATS

2023年4月に発売されたSOUNDPEATS新作イヤホン「Run Free」

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)は2010年に創立。イヤホン専門ブランドとして、創立以来13年間、音質の良さとコスパを追求し続けているオーディオブランドです。

今回ご提供いただいたのは、2023年4月に新発売されたオープンイヤー型ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS RunFree」

とてもシンプルで、シーンを選ばないデザインが魅力的だなと感じます。

まずは概要から確認していきましょう。

Run Free 付属品

  • イヤホン本体
  • アプリマニュアル
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書

Run Free 仕様

Bluetooth仕様 Bluetooth version:5.3
対応プロファイル:A2DP,AVCTP,AVDTP,AVRCP,HFP,HID
対応コーデック:AAC,SBC
通信範囲:10M
バッテリー バッテリー容量:140mAh(イヤホン)
最大再生時間:約14時間
イヤホン本体充電時間:1.6時間
充電ポート:TYPE-C
防水規格 防水規格:IPX4

ディテール

Run Freeは、耳の穴にイヤホンを挿入する密閉型ではなく、耳の穴を塞ふさがないオープンイヤー型

イヤホンは左右独立しておらず、ネックバンドでつながっています。

動いたり運動しても外れにくいよう、人間工学に基づいた形状。

ケースから出し入れする手間もなく、コードが絡まるといった心配もありません。

重さは約30gと超軽量

装着時はもちろん、首にかけておいても負担がかからず快適です。

右側に本体操作部が配置されており、タッチではなく物理ボタンです。

ボタンは3つしかなく、中央が電源ボタンで、出っ張った作りになっています。

操作はこんな感じになります。

中央ボタンが出っ張っているので、手探りでもわかりやすいなと感じました。

説明書に、ペアリング方法やボタンの操作が日本語で記載されています。

細かい操作方法については、商品ページの取り扱い説明動画がわかりやすいです。

よかったら参考にしてみてください。

 コード「RUNFREEH531」入力で15%オフ
スポンサーリンク

Run Free 特徴・使用感

「SOUNDPEATS RunFree」には、こんな特徴があります。

  • 低音が強化されている『ラムダ型音響空間』設計
  • 耳を塞がない『オープンイヤー型』ながらもフィット感が良い
  • 音漏れを軽減する『サウンドディレクション技術』設計
  • 肌に優しい『液体シリコン』を採用
  • 複数のDEVICEを同時接続できる『マルチポイント』対応
  • 遅延を軽減する『ゲーミングモード』搭載
  • 最大14時間連続使用可能
  • IPX4の防水性能
  • 専用アプリで好みの音質に設定

では、それぞれの特徴と、実際の使用感を解説していきます。

低音が強化されている『ラムダ型音響空間』設計

16.2mmダイナミックドライバーを搭載し、独自の『ラムダ型音響空間』の設計により、低音が強化されてた音質が体感できました。

低音好きな自分には嬉しいポイントで、ベースの音がよく聞こえてきた印象です。

高い声も低い声もはっきりと聞こえるのもいいですね。

また、後述するアプリを併用すれば細かく音質の調節もできますので、さらに好みの聞き方ができますよ。

耳を塞がない『オープンイヤー型』ながらもフィット感が良い

オープンイヤー型なので、イヤホンを耳の穴に差し込むというよりは、穴を覆うといったイメージに近いです。

耳が塞がれることがない為、音楽を聴きつつも周囲の音がちゃんと聞こえてきます。

人間工学に基づいた形状をしているので、しっかりとフィット感があり、落としてしまうこともなし。

また、自分は眼鏡をかけています。

耳後ろのフレームに干渉するものの、邪魔に感じたり違和感を感じることもありませんでした。

ただ、首の後ろにかけて装着するので、パーカーのフードにあたってちょっとズレてしまうことがありました。

ボリュームのあるフードだったのでたまたまかもしれませんが...。

音漏れを軽減する『サウンドディレクション技術』設計

オープンイヤー型といえば、気になるのは音漏れですよね。

このRun Freeは、SOUNDPEATSが独自に開発したのサウンドディレクション技術により、音漏れをかなり抑えてくれています。

イヤホン本体のスピーカー部分は、少し突き出た形状をしています。

まっすぐに突き出た設計により、スピーカーからの音が耳の方向のみに届くような設計なんだそうです。

実際に音楽を聴きつつ、隣に座っていた妻に音漏れを確認してもらったところ、全然わからないとのことでした。

普通の音量で聞く分には、静かな場所でも問題ないでしょう。

音量をどんどん上げていけばさすがに漏れないことはありませんが、そもそも音がまっすぐ耳に届くのでボリュームを上げ過ぎる必要がありません。

むしろ上げ過ぎると耳が痛くなってしまいました。

無駄に音量を上げる必要がないので、耳にも優しい設計だと思います。

肌に優しい『液体シリコン』を採用

本体表面の素材には、液体シリコンが採用されています。

一般的にシリコンはベタッとする印象がありますが、この液体シリコンはとってもサラサラしています。

グニャっと曲がる柔らかさで、装着の痛みや異物感もかなり軽減されていました。

肌に張りつくこともなく不快感が軽減され、長時間の装着も快適でした。

複数のデバイスを同時接続できる『マルチポイント』対応

Run Freeは同時に複数の端末と接続が可能です。

例えば、iPadとスマホに接続しておき、iPadでゲーム中でもスマホに着信があれば、音声がスマホに切り替わります。

毎回接続し直す必要がなく、自動で切り替わってくれるんです。

Run Freeは通話もできるので、いちいちスマホを操作する必要もなく、ノンストレスです。

ただし、あくまでも切り替えであり、2台の音声が同時に聞こえるわけではありません。

遅延を軽減する『ゲーミングモード』搭載

個人的に嬉しかったのが、音の遅延を軽減してくれる「ゲーミングモード」。

スマホでリズムゲームを楽しんでますが、ワイヤレスイヤホンだと遅延があり、プレイが困難に。

※設定を調節すればよいのですがめんどくさい※

ゲーミングモードに設定しプレイしてみると、確かに遅延が軽減されており、タップの判定がずれにくくなりました。

遅延ゼロではありませんが、気軽にゲームを楽しむ分には十分問題ないレベルだと感じます。

最大14時間連続使用可能

仕様によれば、フル充電で最大14時間の連続再生が可能となっています。

個人的には、片道約1時間の通勤時間。往復で2時間の使用。

ただしずっと音楽を聴いているわけではないので、週1回充電すれば十分もつと思います。