家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

コスパ良し|10,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリー、レビュー

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

スマート良品様より製品をご提供頂いたPR記事であり、内容はあくまでも個人の感想です。

ども、のざるです。

AppleのiPhoneに搭載されている「MagSafe」に対応したモバイルバッテリーを頂きました。

今回は「コスパ良し、10,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリーをレビュー」について書いていきます。

スポンサーリンク

MagSafe対応 モバイルバッテリー

このモバイルバッテリーは、MagSafe対応のiPhone背面に装着するだけで充電できる便利モノ。

もちろん、Apple純正品でも販売されています。

Apple(アップル)
¥12,053 (2024/03/02 00:06時点 | Amazon調べ)

純正品は1万円越えという値段。

その分、取り付けが簡単で本体との一体感は抜群。

また、本体のバッテリーを90%で維持してくれるという機能性を持っています。

しかし容量が1,460mAhしかなくあくまでも補助的なバッテリー。

ちょっと微妙かな・・・。

では、今回頂いたモバイルバッテリーの良かった点を紹介していきます。

容量10,000mAh

今回頂いたモバイルバッテリーは容量が10,000mAhあります。

純正品の約7倍ですね。

自分が使用しているiPhone12は2,775mAh。

3回もフル充電できちゃいます。

持ちやすいサイズ感

コンパクトで見た目よりも軽いので、持ち運びしやすいサイズ感。

純正品よりは大きいですが、常にカバンに収納しておけるのがいいですね。

充電ケーブル内蔵

背面には、Type-CケーブルとLightningケーブルも装備されています。

MagSafe対応でないスマホもバッチリ使えます。

折りたたみスタンド内蔵

折りたたみスタンドも装備されているので、立たせることができます。

こうやって充電しながら動画を見たりできますし、充電せずスタンドがわりに使ってもOK。

しかし大容量かつケーブルやスタンドがついているので、純正品よりは厚みがあります。

ですが、装着しながら持ってもさほど邪魔になりません。

MagSafeの磁力でiPhoneがガッチリとくっつき外れにくいのも嬉しい点。

とはいえ、普段は100円ショップで購入したカバーをつけているので、くっつきが弱くなり外れやすくなります。

MagSafe対応モバイルバッテリーを生かすなら、専用ケースを装着しておくのがマストです。

NFCを介して充電してくれる

MagSafeは、MFi認証されているものであればNFCを介して通信され充電されるそうです。

NFCを介して通信するバッテリーであれば、充電開始時に充電のアニメーション(緑色の円のアニメーション)が表示されます。

こういった感じのアニメーションですね。
結構カッコイイ。

豊富なポート類

側面には、4つのポートを配置。

Type-Cポートは最大20W、USB-Aポートは最大22.5Wの給電ができます。

LightningポートとUSB-Bポートは本体の充電に使用可能。

中央液晶にはバッテリー残量が大きく表示され、見やすい!

側面に電源ボタンがあり、ここを押せば給電が始まります。

iPhoneを装着しただけで充電は開始されません。

ですので、前述のようにスタンドのみとして使うこともできるんです。

活用シーンは少なそうですが、MagSafe充電・Type-Cケーブル・Lightningケーブル・USB-Aポート・Type-Cポートをフルで活用すれば、最大5台の端末を同時に充電することができます。

スポンサーリンク

あとがき

本記事は「コスパ良し、10,000mAhのMagSafe対応モバイルバッテリーをレビュー」について書いてきました。

これだけの機能がついて、5,000円程度で購入可能。

結構コスパ良いと思うので、よかったらチェックしてみてください。

のざるでした。