スポーツオーソリティ会員さま決算特別セール開催!2/21-3/2まで『BE-PALアウトドアキットBOX はじめての焚き火入門』重版決定

【amazonベーシック(amazonbasics)】で見つけたキャンプやアウトドアに使えるアイテム〜テント以外も格安の宝庫!?

その他ギア

こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

もう『amazonベーシック』は有名ですよね。

こんな爆安テントや

【本当に!?】Amazonベーシック×テント×コスパ【こいつはすごい!!】
Amazonベーシック(Amazon Basics)で驚愕のキャンプ用テントを発見!果たしてそのお値段は?そして機能は?セール中はもっと安い?皆さんはAmazonベーシックを知ってますか?テントを販売しているとの情報が。早速調べてみると、そこにはすごい答えが待っていました。

こんな焚き火用グリルなんかもあります

【Amazonベーシックはテントだけじゃない】焚火用グリルが良コスパ【キャンプファイヤーグリル】
Amazonベーシック(Amazon Basics)はキャンプ用テントだけじゃない。焚火用のファイヤグリルも展開しています。機能は?お値段は?直火OKなグリル台はスキレットやダッチオーブンの調理にうってつけ。やっぱり焚火を囲んで調理すれば、気分はおしゃれキャンプの仲間入りかも?

日用品から趣味の物などなど、ただでさえなんでも揃うAmazon。もう『amazonベーシック』だけに絞っても日常生活に必要な物は何でも揃いそうな勢いを感じます。

そんなコスパもよく、シンプルながら機能的なアイテムを提供してくれている『amazonベーシック』ですが、その中にはアウトドアに役立つ隠れアイテムがきっとまだまだ多数あるはず。

今回はそんな『amazonベーシック』の中で、アウトドアやキャンプに使えそうなアイテムを探してみたので、いくつか紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazonベーシックについておさらい

Amazonベーシック™(AmazonBasics)は、お客様に高品質の商品を低価格でお届けすることを目的とした、Amazon グループが全世界で展開するブランドです。Amazon ベーシックの商品をご購入いただくと、Amazonベーシック1年間限定日本国内保証をご利用いただけます。

引用:Amazon

いわゆるAmazonの「PB(プライベートブランド)商品」です。

アウトドア用品から趣味のもの、日用品など様々な商品が良コスパながら良機能を備えています。

お値段お手頃な物も多いので、「送料無料まであとちょっと!」なんて時にあわせて買うとよさそうなアイテムもあると思いますよ。

Amazonベーシックでキャンプ・アウトドアに役立つアイテムはどんな物??

もはや説明不要の鉄板アイテム『Amazonベーシック テント 最大8人用』

Amazonベーシックのキャンプアイテムといえば、まずはコレ!!
この仕様で1万円を切る爆安テント。
多少の不便な点もありますが、価格を考えれば必要十分と言えるでしょう。
シーズン中は品切れになったり価格が変動する場合もあるようです。
購入を検討される場合はこまめにチェックするのがよいでしょう。

【本当に!?】Amazonベーシック×テント×コスパ【こいつはすごい!!】
Amazonベーシック(Amazon Basics)で驚愕のキャンプ用テントを発見!果たしてそのお値段は?そして機能は?セール中はもっと安い?皆さんはAmazonベーシックを知ってますか?テントを販売しているとの情報が。早速調べてみると、そこにはすごい答えが待っていました。
秋キャンプの焚火で活躍できる『高耐久折りたたみ式キャンプファイヤーグリル』

秋といえばキャンプやアウトドアにはいいシーズン。
夜は冷えてくるので、焚火をする人も増えるのではないでしょうか。
そんな時に併せて使いたいこのアイテム。
耐久性に優れたキャンプファイヤーグリルは直火OK。
焚き火の上で調理したりちょっとしたテーブル代わりに利用するのにうってつけなんですね。
サイズはMとXLの2種類展開です。

【Amazonベーシックはテントだけじゃない】焚火用グリルが良コスパ【キャンプファイヤーグリル】
Amazonベーシック(Amazon Basics)はキャンプ用テントだけじゃない。焚火用のファイヤグリルも展開しています。機能は?お値段は?直火OKなグリル台はスキレットやダッチオーブンの調理にうってつけ。やっぱり焚火を囲んで調理すれば、気分はおしゃれキャンプの仲間入りかも?
日常にもキャンプにも必須アイテム『乾電池』

日常生活でも必須の乾電池。
コチラもキャンプ・アウトドアでは必須アイテムではないでしょうか。
ランタンを数多く所持していれば、電池の種類も様々。
Amazonベーシックでは単3・単4や充電式の電池の取り扱いもあります。
また、充電池用の充電器は単3も単4両用型と一台二役のアイテム。
災害時の備蓄品としても用意しておきたいですね。

Seria(セリア)で見つけた【100均キャンプ】『LEDミニランタンナンバー』が手の平サイズコンパクトで可愛らしい
相変わらず100円ショップ・100均でキャンプ道具を探すのは楽しいですね。ですが、さすがのセリアも商品入れ替え時期なのかキャンプアイテムが少なくなってきました。しかし、そんな中かわいらしい手のひらサイズのランタンアイテムを見つけてしまいました。その名も『LED ミニランタンナンバー』。
格安の5000円以下!積載量UPの必需品『ルーフトップカーゴバッグ』

昨今、軽自動車でのキャンプは当たり前。
我が家もそうでしたが、軽キャンプの問題は「荷物が積めない!!」。
4人家族だと荷物はギュウギュウパンパン!!
最近では室内が広い軽自動車も多数ありますが、それでも4人乗って4人分積むにはかなりキツイ。
そんな時は、やはり車の天井にボックスを設置するしかないでしょう。
Amazonベーシックでは、そんな積載アイテムまで用意してあります。
防水/退色耐性加工済でジッパーにも水を防ぐフラップス付き。
また、20cmのバックル付きストラップでルーフキャリアがなくても取り付け簡単。
収納容量が425Lもあるので、一気に積載量がUP。
完全に固定式のルーフキャリアと違って、簡単に外すことができるのが特徴ですね。
ただ、完全防水ではないため雨の日は注意が必要。
中の荷物を濡れないように袋にいれるなど対策は必要そうです。
車高もあがるので、設置の際は注意しましょう。

【仕様・サイズ】
重さ:2.81 Kg
サイズ:奥行き × 幅 × 高さ:110.5 x 85.1 x 43.2 cm

ヘリノックスの半額!!『FIELDOORアウトドアチェア』を徹底レビュー~コンパクトチェアはこれで決まり!!
キャンプ道具の整理・収納に欠かせないのがコンパクト・軽量化。まずはチェアのコンパクト化計画。FIELDOORコンパクトポータブルチェアを購入したのでレビューしてみました。ヘリノックスの半額以下で購入でき、軽量ながら耐荷重抜群!組み立て簡単で子供でもすぐできる!道具の軽量化には、コンパクトチェアのススメですよ!!
【超コンパクト】イワタニ(iwatani) ジュニアコンパクトバーナーが便利でコスパ良!
皆さんはキャンプでバーナーは使ってますか?我が家では約3年前のキャンプ開始時に購入した、イワタニ(iwatani) ジュニアコンパクトバーナーを愛用中です。このバーナー、耐久性・汎用性に優れ、何より安価に購入できるので非常にお得なアイテムなんです。愛用して見えてきたメリット・デメリットを含めてまとめてみました。
ペグやハンマーの収納にも使える!『Amazonベーシック ツール収納バッグ 43cm』

こちらは『ツール収納バッグ』です。
シンプルなデザイン且つ開口部がガバッと開くので、ペグやハンマーの収納におすすめ。
デザインのロゴが気になりますが、利便性と価格を重視するなら十分使えるアイテムだと思います。
サイズ幅は30センチと43センチの2種類。
長いペグを所持しているなら、迷わず大きいほうを選びたいところですね。
最近はランタンスタンドになるペグもありますからね。
【サイズ・仕様】
サイズ:43×19.5×21cm
他仕様:100%ポリエステル製、ポケット26個(内側に10個、外側に16個)、マジックテープ付きの取っ手と長さ調整可能なショルダーストラップ

【DOD新発売】1本足のランタンスタンド『アンコウスタンド』は『チンアナゴペグ』よりお得!?仕様と違いを比較したら意外な盲点も発見
今回のDOD新製品、発売日は8月10日価格はオープンプライスアイテムは、軽量で収納もコンパクトな1本脚のランタンスタンド『アンコウスタンド』。積載量が限られるソロキャンプやキャンプバイクツーリングに最適。これでランタンの直置きから解放される!でも、『チンアナゴペグ』も似たようなアイテムなんですけど一体どうゆうこと?違いも比較!
DODの『チンアナゴペグ』は簡単設営!ポールがあれば1脚のランタンスタンドになる
DODのアイテム『チンアナゴペグ』はポールを設置すれば1本脚のランタンスタンドに大変身。3脚のランタンスタンドだとサイト内で足を引っ掛ける原因にもなるので、これでスッキリ!でも、最近発売された『アンコウスタンド』に負けそう?あらためて仕様を確認してみました。この記事を見て、どちらがいいか比較してみてください。
【ペグの収納ってどうしてる?】300円でできたケースが便利【キャンプ道具整理術】
ペグの収納ってどうしてますか?我が家では村の鍛冶屋のエリッゼステークを利用中。今回道具整理として100均や300均を活用し便利なペグケースを自作(?)お金をかけずとも収納ケースはできる!!キャンプ道具の収納はいつも悩みます。少しでもコンパクトで使い勝手をよくしたい。なんと総額324円でできたケースの実力やいかに??
こんな格安バックパックもあった!『インターナルフレームハイキングバックパック (55・65・75L)』

こちらはサイズが3種類展開中の「インターナルフレームハイキングバックパック」。
一番容量の大きい75Lでも5000円以下と格安。
そんな格安なのに撥水コーティングと内蔵レインフライで軽い雨なら防げるそうです。
また、大雨の時は別途防水カバーを付属。
高耐久ポリエステル製で、寝袋用コンパートメントや様々なポケットもついていて、なおかつパッキングにも配慮されていたり。とてもこの価格で購入できる仕様とは思えないですね。
キャンプだけでなく登山やハイキングにも使えそうですね。
サイズも55・65・75Lの3種類。
カラーはブラックかカーキの2種類。

【75Lの仕様】
重さ:2.32 Kg
梱包サイズ:39.4 x 17.8 x 81.3 cm

まとめ:Amazonベーシックでキャンプアイテムを入手してみよう!


いかがでしたか??

格安ながら機能性も充実していて、キャンプで使えそうな物がたくさんありますね。

他にもまだまだありそうな感じもします。

また見つけたら随時追加できればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました