家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【レビュー】セブンイレブン限定スペシャルパッケージで『コールマンブランドブック』が再販~メッシュポケットがお洒落なショルダーバッグ

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

キャンプ・アウトドアブランドとして有名な「Coleman(コールマン)」から発売し、大人気で即完売したというブランドブックが再販されました。

2018年の6月に販売されて完売が続いてたという、コールマンのブランドブック。

全国のセブンイレブンの雑誌コーナーとセブンネットにて、12月4日より2ヶ月間の限定販売となったので、仕事帰りに衝動買いしてしまいました。

購入レビューをざっくりとどうぞ。

スポンサーリンク

『Coleman BRAND BOOK』セブンイレブンスペシャルパッケージ

パッケージの外観

というわけで購入してきました、この『Coleman BRAND BOOK』セブンイレブンスペシャルパッケージ。

内容は、「メッシュポケットショルダーバッグ」と「本革チャーム」と「 BRAND BOOK」の3点。

前回販売時には、ダンボール箱にはいっていたようなんですが、今回はチャックつきのビニール袋に「ブックレット」と「ショルダーバッグ」が入ったセブンイレブン限定のスペシャルパッケージ仕様。

セブンイレブンの雑誌コーナーに置いてありましたが、セブンネットでも購入できるそうです。

ビニール袋の開封時には、特に切り込みもないのでハサミで開ける必要があります。

買ってすぐに開けたい使いたい!!という人にはちょっと不便かも。

しかしながら、個人的にはダンボールよりもこういった簡易的なタイプの方が軽くて助かります。

ちなみに、付属しているブックレットの表紙のモデルは、中島セナさん。

2006年生まれの中学生モデルさんだそうですが、ウチの長女とたいして年齢変わらないのに、この大人びた感じ・・・すごいです。。。

どっちが表で裏なのかわからないんですが、反対側。

しっかりとコールマンロゴが主張された袋に、これまたコールマンロゴが主張された「メッシュポケットショルダーバッグ」が入っています。

今回購入してきたのはブラック。

他、ネイビーとモスグリーンがあるようですが、シンプルなブラックにしてきました。

ネイビーやモスグリーンの別カラーにすると、ブックレットの表紙デザインが異なりました。

ブックレットはかなり薄い

付属のブックレットは、10ページ程度の超薄い冊子。

「メッシュポケットショルダーバッグ」がメインで、冊子が付属品といった感じです。

正直雑誌とは言いがたく、フリーペーパーの方がページ数ありますよね・・・。

内容は「いま注目の5人をスナップ!コールマンと私の日常」として、今回の「メッシュポケットショルダーバッグ」を使ったコーデの紹介がされています。

モデルには、中島セナさんの他、アイドル・女優の田野優花さん、劇作家の藤田貴大さん、モデルのモトーラ世理奈さん、そしてなぜかひょっこりはんがいるという内容。

ちゃんとひょっこりしてます。

お洒落にうとい自分も、こういうのを参考にすればイケルかもしれません。

スポンサーリンク

コールマン「メッシュポケットショルダーバッグ」をレビュー

ロゴの主張がかなり強めのメッシュポケット部分

コールマン「メッシュポケットショルダーバッグ」の名の通り、前面にメッシュポケットがついており、その後ろにかなりでかでかとコールマンのロゴがついています。

個人的にはワンポイントにするなど、もうちょっとさりげない感じが良かったかな。

まあ、スポーツアイテムなどもブランドロゴが大きいのが流行っているようなので、こういったデザインがお洒落なのかもしれません。

アラフォーのおっさんがつけるにはちょっと勇気が必要かも。

メッシュポケットにはちゃんとチャックがついているので、スマホなどを入れても落とす心配はなさそうです。

背面はデザインやポケットなどは何もありません。

ダブルジッパー仕様で開けやすい

バッグを開ける口部分は、ダブルジッパーになっているので開けやすい印象です。

ジッパーも思っていたよりもしっかりした作りになっていました。

ベルト部分

ストラップは最大で122cmまで伸ばすことが可能。

しかしこのストラップは、くるくる回るタイプではないので、ねじれてしまったらちょっと直しにくい仕様です。

サコッシュのように、ループやカラビナタイプだと、もっとアウトドア感がでていいかもしれません。

仕分けができる内ポケット

コールマン「メッシュポケットショルダーバッグ」内部には、仕分けができる内ポケットがついています。

内ポケットも、よくあるちょっとしたサイズではなく、内部一面を分ける仕切りのようになっていて、大きめな。

本やタブレットなどを分けて収納できるので、使い勝手は悪くないと思います。

ただ、この仕切りはかなりペラペラで薄いです。

撥水性はない

コールマン「メッシュポケットショルダーバッグ」本体は、ポリエステル素材でできています。

霧吹きで水をかけてみましたが、撥水加工されているわけではないので、このように濡れたりしたら染み込んできます。

特に雨の日は注意が必要なので、気になるなら撥水スプレーをしておくといいかもしれません。

型押しロゴのチャームが付属

コールマンのロゴを刻印した、本皮製のチャームがついています。

使っていくうちに変化してくる「経年変化」が楽しめる本格的なアクセサリーです。

気になる「サイズ」と「収納力」

バッグ本体は「タテ19×ヨコ25.5×マチ7cm」と、サコッシュと言うには大きいんでけど、大きすぎないので普段使いにできるちょうどよい感じです。

マチは7㎝ほどあり、四角い形のバッグです。

個人的には、カメラバッグとして使ってもいいかなと思っています。

B5ノートと重ねてみました。

バッグ本体が隠れてしまうので、ほぼ同じ大きさです。

B5ノートを中に横にして収納してみると、ほぼピッタリサイズでおさまります。

逆にピッタリすぎてあまり余裕はないので、いれにくかったです。

今度は、B5ノートとペットボトルを立てていれてみました。

ものの見事に、頭がはみでて、ひょっこりしています。

カメラバッグとして使ってみようかなと思うので、ミラーレス一眼レフの「ニコン1V1」と並べてみました。

バッグ内には余裕でおさまります。

ただ、レンズ部分にカバーを取り付けてあることもあり、どうしてもマチのサイズを超えるのでバッグがちょっと膨らみます。

カバーを外せばもう少しきれいにおさまりますが、つけているレンズは薄型なので、通常サイズのレンズをつけてしまうとおさまりきりません。

特に意味はありませんが、次女のお気に入り玩具「宇宙戦隊キュウレンジャー キュータマ合体 DXキュウレンオー」と「宇宙戦隊キュウレンジャー DXリュウテイオー」と並べてみました。

「キュウレンオー」の高さが約35.5㎝、「リュウテイオー」の高さが約39.5㎝です。

なぜ、比較したかと言われると、、、そこに置いてあったからです(笑)