家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

LOGOS(ロゴス)2019年春夏モデル【グランベーシックシリーズ】にポンプで空気をいれるだけの『エアマジック』が登場~これならキャンプの時間をもっと有効に使えるかも

テント類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

キャンプに行けばテントの設営が楽しみでもある反面、時間もかかるもの。

ワンタッチテントなどの設営簡単なテントは数知れずある中で、2019年のLOGOS(ロゴス)【グランベーシックシリーズ】にラインナップされる空気注入型テントに注目が集まりそう。

空気(エアー)でフレームを立ち上げ設営できるテントやタープ。

2019年のLOGOS(ロゴス)【グランベーシックシリーズ】と、初心者でも約5分程度で設営ができるという、エア注入式構造を採用した『エアーテント』が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

LOGOSの【グラマラス】なキャンプギアシリーズ

【LOGOS GLAMOROUS】とは

出典:公式サイト

LOGOS(ロゴス)が展開する【グラマラス(GLAMORUS)×キャンピング(CAMPING)=グランピング】シリーズ。

2016年に登場したグランピングシリーズのギアは、キャンプ場やリゾート施設向けのレンタルサービスとして提供されているそうです。

公式サイトを見ると、このグランピングシリーズは居住面積:53.5㎡・天井最上高:3.6mと超巨大で豪華。

グランピング仕様でありグラマラスなキャンピングを求めるアイテムなので、ファミリーキャンプで設営するようなテントではないんです。

こんなテントを自前で持ってたらすごいですよね。

スポンサーリンク

【LOGOSグランベーシックシリーズ】とは

 

View this post on Instagram

ロゴス公式さん(@logos_enjoy_outing)がシェアした投稿

2017年春に登場した、LOGOS GLAMOROUS製品を一般ユーザ向けとして提供しているアイテム。

それがLOGOSの【グランベーシックシリーズ】

性能はもちろんですが、見た目のお洒落さや質感を重要視しているキャンプアイテムで、従来のLOGOSアイテムとは一変した雰囲気。

お洒落な見た目と安定した性能で、今ではロゴスの人気シリーズとなっています。

2017年登場【グランベーシック トンネルドーム 】

出典:公式サイト

上質なアウトドアギアを目指してつくられたグランベーシックシリーズのフラッグシップモデルである「グランベーシック トンネルドーム」。

メインフレームには軽量かつ高強度の7075超々ジュラルミンを採用し、3本のメインフレームだけで構成・設営することができるトンネル型2ルームタイプのキャンプテント。

人気のナチュラルカラーで、ポリエステルオックスフォード生地の耐水圧は2,000mm。

壁面が立ち上がったドーム型構造なので無駄な空間が少なくなり、スペースを有効活用できるようになっています。

2018年登場【グランベーシック Tepee(ティピ)】

 

出典:公式サイト

かわいらしいフォルムで高い人気を誇るティピー型のワンポールテント。

ワンポールテントながらも大型の前室を設けたことにより、ワンポールテントのデメリットである「出入口に屋根がなく、室内に雨が吹き込みやすい」を解消します。

もうひとつ「円錐形であるワンポールテントの接地面積の広さに対し、点と内部が狭く天井が低いという」というデメリットは、インナーテントの下部を立ち上げることで解決し、大人最大8人が就寝可能なスペースを確保しているそうです。

↓ワンポールテントのデメリットを解消したテントといえばコチラも期待大です↓

2019年新登場のゼインアーツより『ZEKU-M(ゼクーエム)』が登場~ワンポールタイプのミドルサイズシェルター
2019年春、北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS / ゼインアーツのキャンプギアが発売されます。2019年新登場する「ZEKU-M(ゼクーエム)」は、ワンポールタイプの4-6人向けミドルサイズのシェルターなんです。
【ZANE ARTS / ゼインアーツ】2019年新登場の『GIGI-1(ギギ1)』~ワンポールタイプのスモールシェルター
2019年春、北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS / ゼインアーツのキャンプギアが発売されます。2019年新登場する「GIGI-1(PS-011 / ギギ1)」は、ワンポールタイプのデュオキャンパー向けスモールサイズシェルターなんです。

2019年【グランベーシックシリーズ】は設営しやすい構造に注目

出典:Amazon

前述のように、2017年から展開されている【グランベーシックシリーズ】のキャンプテント達。

そして、2019年【グランベーシックシリーズ】新作テントとタープは、

  • グランベーシック エアマジック リビングハウス
  • グランベーシック エアマジック ソーラーブロック タープ-AI
  • グランベーシック AKUBIタープ-AI

の3アイテム。

中でも「グランベーシック エアマジック リビングハウス」と「グランベーシック エアマジック ソーラーブロック タープ-AI」は、「エアーフレーム型」と言われるフレーム構造を採用した「エアマジックシリーズ」となっているんです。

「エアマジックシリーズ」とは

「エアマジック」とは、空気入れで設営できるLOGOSのエアーフレーム型(金属製ポールではなくチューブに空気を入れることでフレーム(骨格)にする)テントのシリーズ。

テントポールでフレームを組む必要がなく、空気入れでポンピングするたびにテントがどんどん立ち上がっていくのを見ているととっても面白いんです。

確かに楽チンだし、これなら家族みんなで楽しみながら設営できますよね。

この「エアマジックシリーズ」で採用している『TPUチューブ』をフレームに使ったテントやタープが2019年の【グランベーシックシリーズ】に登場。

エアフレームを採用したアイテムは、設営簡単で時間の短縮が期待できる構造が面白いキャンプギアですね。

 

現在エアマジックシリーズには、動画でも設営している、耐風性に優れたエアー注入式構造で簡単・1分半で素早く組立可能な「ロゴス(LOGOS) エアマジック ドーム M」

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥52,580 (2024/03/02 18:42:50時点 Amazon調べ-詳細)

さらに、耐風性に優れたエアー注入式構造で簡単・5分で素早く組立可能な「ロゴス(LOGOS) エアマジック PANELドーム」

がラインナップされています。

 

続いて、2019年発売予定の「グランベーシックシリーズ」をご紹介します。

グランベーシック エアマジック【リビングハウス】

出典:公式サイト

2019年春夏モデル、グランベーシックシリーズの最新テントである【グランベーシック エアマジック リビングハウス】は、フレームの替わりに空気を注入して立ち上げるエアチューブを採用した大型のテント。

出典:公式サイト

耐風性を向上させる梁型エアチューブ(TPUチューブ)に、専用ポンプで1箇所に空気を注入して立ち上げる構造なのでポールを組み立てる必要がないのが最大の特徴。

梁型エアチューブとは

横4本のチューブに対し、縦に1本梁型のチューブを通すことでテントの強度をアップさせ、揺れを大幅に減少します。

ロゴスの独自システムにより、注入された空気がフレームの役目を果たしてくれるので設営がとっても楽チン。

公式サイトでは「組み立て8分」とのこと。

さらにペグダウンなどを考慮しても、かなりの短時間で設営が完了するのではないでしょうか。

出典:公式サイト

もしチューブが破れちゃったらテントが倒れる!!

そんな心配もしてしまいますが、その対策として空気の流出を止める「TUBE DIVIDED SYSTEM」を設置。

万が一チューブが破れてしまっても、テント全体が