家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】エアーフレーム採用『ROOMY』は設営簡単なトンネル型2ルームテント〜たった15分で設営可能?

テント類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

Hilander(ハイランダー)より新作テントが2019年1月に登場します。

その名も Hilander(ハイランダー) エアートンネル【ROOMY(ルーミー)】

View this post on Instagram

ハイランダーさん(@hilander_official)がシェアした投稿

空気で立ちあげる「エアーフレーム」が採用され、大型テントながらも設営が簡単。

しかもその形状は、今人気の【トンネル型2ルームテント】

これは気になりますね。

スポンサーリンク

【ROOMY】~Hilander(ハイランダー)2019年新作テント

出典:公式サイト

2018年12月17日「ハイランダー公式ブログ」がスタート。

この公式ブログにて、新製品やハイランダーに関する情報を更新していくそうです。

そのわずか3日後の12月20日、公式ブログにて新作テントが2019年1月発売決定との告知がされていました。

そしてそして2019年1月18日、その新作テントについての情報が更新。

その新作テントの名はHilander(ハイランダー) エアートンネル【ROOMY(ルーミィ)】

まるでカマボコテントを思わせるような見た目の大型テント。

大型なので設営が大変そうにも見えますけど、このROOMY〜ルーミィには「エアーフレーム」が採用されている「エアーフレーム型テント」ので、お父さん1人でも設営が可能なんだそうです。

「お父さんがひとりで設営できる」というのが個人的にはポイントです笑

仕様

出典:公式サイト

サイズ
テント本体 640×310×205cm
インナーテント 280×230×190cm
収納時 58×38×38cm
重さ 約20kg
素材
テント本体 190T ポリエステル/75D
(耐水圧2000mm)
インナーテント 170T ポリエステル
(床面耐水圧3000mm)
収納袋 ポリエステル
チューブ TPU
カバー PE
付属品
ロープ(張り綱) 12本
ペグ(24cm) 24本
ポンプ 1個
キャノピーポール ※別売り
スポンサーリンク

特徴

出典:公式サイト

このROOMYには、

  • エアーフレームを採用し設営が簡単
  • 大人が立てる広い居住性と空間
  • 開放感あふれる多数のドアパネル
  • 万が一にはチューブの交換が可能

といった特徴があります。

空気で建てる「エアーフレーム」を採用

出典:公式サイト

なんといっても最大の特徴は、【空気で建てるエアーフレームを採用し、たったひとりで設営時間15分】といった点。

4本のフレームに空気をポンプで注入し立ち上げていきます。

エアーフレームを採用したテントといえば、ケシュア「エアーテント エアー セカンズ ファミリー 4.2XL フレッシュ&ブラック 4人用」や、ロゴス「エアマジック パネルドーム L-AH」などが有名です。

エアーフレームのテントは、設営が簡単で利便性が高くなるので小さな子連れ家族キャンパーにはとてもありがたい構造。

我が家も2ルームテントを利用していますが、だいぶ慣れたとはいえ1人での設営は無理があります。

特に夏場のキャンプ・・・炎天下の中ポールを組み立てスリープに通してピンに留めて・・・暑さと戦いながら汗だくになりながらの作業はかなりキツイ。

空気注入のポンピングは腕がだるくなるかもしれませんが、家族で交代しながらできそうだしアレコレ作業しなくていいのは魅力的ですよね。

LOGOS(ロゴス)2019年春夏モデル【グランベーシックシリーズ】にポンプで空気をいれるだけの『エアマジック』が登場~これならキャンプの時間をもっと有効に使えるかも
ワンタッチテントなどの設営簡単なテントは数知れずある中で、2019年のLOGOS(ロゴス)【グランベーシックシリーズ】にラインナップされる空気注入型テントに注目が集まりそう。そんな2019年のLOGOS(ロゴス)【グランベーシックシリーズ】を調べてみました。

広い居住空間

出典: