家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【Hilander(ハイランダー)2019年新製品】『ワンポールテント』&『ヘキサゴンタープ』が登場~ウッドシリーズと相性抜群なキャンプコーデが楽しめる

テント類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

Hilander(ハイランダー)2019年新製品として話題のエアーフレームを採用した新作テント「ROOMY(ルーミィ)」

その「ROOMY(ルーミィ)」は、今もなお根強い人気な2ルームタイプのトンネル型テント。

そんな大型テントに対して、同日に発売される新製品はシンプルなワンポールタイプな『ワンポールテント300』・『ワンポールテントBIG420』。

更には大型タープの『ヘキサゴンタープ』。

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

Hilander『ワンポールテント300』

出典:公式ブログ

『ワンポールテント300』は、収容可能人数を2~3人とするシンプルなワンポールテント。

エアーフレーム構造だったりワンタッチタイプだったりと特殊構造は特にない「ベーシック」なワンポールテント。

「ワンポール」なので、ポールはもちろん1本なので収納もコンパクト。

インナーテントのサイズは300×300㎝と、大きすぎず小さすぎずの丁度いいサイズ感であり、内部の高さも最大240㎝あるので、圧迫感は感じにくい作り。

ソロキャンなら荷物を幕内におさめられ、デュオキャンならばコットを並べてもゆったりと使えそうなサイズ。

お子さん2人であれば4人家族でも大丈夫です

引用:公式ブログ

確かに、インナーサイズが「300×300㎝」であれば我が家のような子供2人の4人家族でも十分なスペースがあります。

実際に、スノーピークのアメニティドームMのインナーサイズは「270×270㎝」で、我が家4人が寝てもまだまだスペースに余裕がありました。

しかし、アメニティドームのインナーは正方形。対してワンポールテントは八角形。サイズとしては大きくとも、端っこの人はちょっと窮屈になりそう。ポールを挟んで真ん中に大人2人が寝て、左右に身長の低い子供が寝るといった配置になるんでしょうね。

出典:公式ブログ

テント本体の外観は落ち着いた色合い。

ウッドロールトップテーブルなどHilanderのウッドシリーズと組み合わせて使えば、シンプルでお洒落なキャンプコーデが楽しめそう。

写真のように木製のキャンプアイテムでまとめられれば、素敵なキャンプができます。

我が家は木製のキャンプアイテムを持っていないので、こういった統一感溢れるナチュラルなキャンプコーデには憧れちゃいますね。

Hilander(ハイランダー) ウッドロールトップテーブル2 90 HCA0191
【送料無料】Hilander(ハイランダー) ウッドフレームチェア2(WOOD FRAME CHAIR)【お得な2点セット】 2脚セット カーキ(コットン生地) HCA0182【あす楽対応】

仕様

出典:公式ブログ

サイズ
テント本体 直径約330×330×H270cm
(インナー高さ約240cm)
インナーテント 約300×300×H240cm
収納時 約22×22×74cm
重さ 約7kg
素材
フライシート 75Dポリエステル(耐水圧1500mm)
インナーシート 68Dポリエステル
フロアシート ポリエステルオックス(耐水圧3000mm)
ポール 直径25mmスチールポール
付属品
自在ロープ× 8本
ABSペグ 16本
その他 ハンマー、収納ケース

価格

税込 19800円

発売日

2019年1月30日(水)

お昼12:30より販売開始

Hilander(ハイランダー) ワンポールテント300 HCA2019【あす楽対応】
スポンサーリンク

Hilander『ワンポールテントBIG420』

出典:公式ブログ

もうひとつのテント新製品は、『ワンポールテント300』よりも大きいサイズである『ワンポールテントBIG420』。

収容対応人数が4~5人であり、こちらの方がよりファミキャン向けなサイズのワンポールテント。

インナーテントサイズは420×420㎝とかなり大きく、このサイズなら4人家族でも十分に利用できます。

室内が広いので、エアーベッドを活用すればちょっとしたグランピング気分を味わえると思いますよ。

Hilander(ハイランダー) キャンプ用エアベッド S HCA2015

出典:公式ブログ

ワンポールテントながらも、入り口ドア部分を全開にしてポールを使用すればちょっとしたタープスペースを作ることが可能となっているのが特徴的。これにより、テント内部への雨や日差しの浸入を軽減できるようになっています。

見た目と仕様がDODの「ビッグワンポールテント」やキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) の「オクタゴン」と似ていますね。

DODの「ビッグワンポールテント」のインナーテントサイズは460×460㎝。また、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 「オクタゴン」のインナーテントサイズ450×420㎝とほぼほぼ同サイズ。

その差は約40㎝なのでほぼ同じサイズ感ですが、この差があるのとないのとでは、違いが大きいかもしれません。

さらには専用のグランドシートも標準で付属。そのグランドシートをあわせて使えばペグダウンの位置がわかりやすくなり設営しやすくなるそうです。

『ワンポールテント300』には張り出しの機能はついていません。

仕様

出典:公式ブログ

サイズ
テント本体 約450×450×300cm
インナーテント 約420×420×300cm
収納時 約25×25×74cm
重さ 約11kg
素材
フライシート 75Dポリエステル(耐水圧1500mm)
インナーシート 68Dポリエステル
フロアシート 210Dポリエステルオックス(耐水圧3000mm)
ポール 直径32mmスチールポール
付属品
自在ロープ× 8本
ABSペグ 16本
その他 ハンマー、収納ケース

価格

  • グランドシートセット 税込30800円
  • テント単体 税込29800円
グランドシート単体は税込3980円の為、セットで購入すると2000円お得!!

発売日

2019年1月30日(水)

お昼12:30より販売開始

Hilander(ハイランダー) ワンポールテントBIG420 専用グランドシート付き HCA2020HCA2022