ワークマン公式オンラインストアはコチラ『BE-PALアウトドアキットBOX はじめての焚き火入門』重版決定

『GEU(ゲウ)』2019年新登場のゼインアーツより小スペースながらも広い有効面積を実現した全天候型タープ登場

テント類

こんにちは!!のざるです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

2019年春に、北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS / ゼインアーツのキャンプギアが発売されます。

 

【ZANE ARTS / ゼインアーツ】2019年新登場の国産アウトドアブランドのテント・タープがカッコイイ!!
2019年に新アウトドアブランドのキャンプギアが発売されます。 そのアウトドアブランド名は、ZANE ARTS / ゼインアーツ。 北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS。2019年の4月上旬発売予定のテント・シェルター・タープをご紹介します。

 

その第1弾のラインナップである「GEU(TP-003 / ゲウ)」

ラインナップ中、唯一のタープである「GEU(TP-003 / ゲウ)」を、調べてみました。

スポンサーリンク

GEU(ゲウ)

View this post on Instagram

ZANE ARTSさん(@zanearts.official)がシェアした投稿

2019年に新登場する「GEU(TP-003 / ゲウ)」

ゼインアーツ第1弾アイテムとして新登場する「GIGI-1(PS-011 / ギギ1)」・「ZEKU-M(PS-003 / ゼクーM)」・「ROGA-4(DT-004 / ロガ4)」は、テント・シェルターのラインナップ。

この「GEU(TP-003 / ゲウ)」は、ラインナップ中唯一のタープ。

小スペースで設営できる構造でありながら、タープとしての有効面積は広く確保。

実用性と大自然に映える美しいシルエットを合わせ持った、全天候型(オールウェザー)4ウイングタープ。

それが「GEU(TP-003 / ゲウ)」なんです。

仕様

外寸最大530×490cm
重さ約6kg
本体×175Dシリコーンポリエステルリップストップ
遮光PU加工(耐水圧1,500mm)
メインポール×2A6061・φ32mm・全長240cm
サイドポール×2A6061・φ19mm・全長160cm
タープテール×1ポリプロピレン
Yペグ×10本ジュラルミン・25cm
8m2又ロープ×2ポリプロピレン・φ4mm
3mロープ×6ポリプロピレン・φ4mm
キャリーバッグ×1
150Dポリエステルオックス
ポールケース×1
ペグ・ロープケース×1
「GIGI-1(PS-011 / ギギ1)」や「ROGA-4(DT-004 /ロガ4)」 に付属のロープは、超高強度・超軽量・超低収縮を誇るダイニーマを採用したリフレクター仕様ですが、「GEU(TP-003 / ゲウ)」は「ZEKU-M(PS-003 / ゼクーM)」と同じくポリプロピレンとなっています。
しかし、Yペグはジュラルミン製なので、軽くて強度も高いです。

特徴

全天候型(オールウェザー)4ウイングタープである「GEU(TP-003 / ゲウ)」には、

  • 小スペースながらも理想のタープサイズを設計
  • 容易な設営を可能にする適切な生地目
  • ランタンハンガーにもなるタープテールが付属

といった特徴があります。

小スペースながらも理想のタープサイズを設計

 

View this post on Instagram

ZANE ARTSさん(@zanearts.official)がシェアした投稿

この「GEU(TP-003 / ゲウ)」は、小スペースで設営できる構造でありながら、タープとしての有効面積は広く確保できるように設計されています。

View this post on Instagram

ZANE ARTSさん(@zanearts.official)がシェアした投稿

見た目にも、ゆるやかな曲線とシャープな4ウイング型がデザインされ、キャンプ場などでの自然の中でも美しく映えるシルエットを実現したとのこと。

出典:ゼインアーツ

ゼインアーツでは、理想のタープとは一体どんな形がいいのかを基本に戻って一考。

  • 場所を取らない小スペース設計
  • 小スペースながらも広い有効面積
  • 日射しや雨・風・をしっかりと防ぐ
  • 耐風性が高い
  • 雨が溜まらない

といった項目をクリアできることが、理想のタープであろうとのこと。

その結果、メインポールの間はヘキサゴン型Mサイズ以下の小スペース設計となりながらも、タープの有効面積はレクタングラー型Lサイズに匹敵できるような構造を実現させたそうです。

花びらのような、手裏剣のようなシルエットがとてもキレイな、オールウェザー対応の4ウイングタープとなっています。

こんな風にキレイに張れたら気持ちいいでしょうね!

日射しや雨からしっかり守る

 

「GEU(TP-003 / ゲウ)」は、4ウイングタープ。

4隅を落とし込んで、なるべく地面に近付けるような設計によってタープ下の日陰が中央に集まりやすくなり、雨風の浸入を軽減できるような仕様になっています。

4隅を落とし込んでいる為、さらには雨の流れも良くなる効果もあるそうです。

こういった機能がオールウェザー4ウイングタープと呼ばれる所以かと思います。

出典:ゼインアーツ

タープ裏面には、通常は透明であるポリウレタンを着色して塗布されています。

これにより、縦糸と横糸の隙間が埋まり、日差しの透過を軽減でき、夏場の暑さを和らげる効果が期待できます。

容易な設営を可能にする適切な生地目

出典:ゼインアーツ

自分だけのような気もしますが、タープってピンとキレイに張るのがなかなか難しいんですよね。

その問題を解決すべく、このゲウは誰でも簡単にキレイに張れるよう、生地パターンは、力の方向に素直に従った生地目で構成され、不自然に働く力(バイアス方向)を抑えているそうです。

こっちを引張ったらあっちが変な形になる・・・といったことを軽減できるような生地目になっているようですね。

ランタンハンガーにもなるタープテールが付属

出典:ゼインアーツ

いわゆる「小川張り」といわれる。テントとタープをオーバーラップさせたレイアウトができるように、タープテール(ロングテープ)が標準付属。

区画スペースが限られたキャンプ場などででセッティングする場合には、非常に便利なアイテムですね。

出典:ゼインアーツ

そのタープテール(ロングテープ)を利用しない際は、メインポール間にタープテールを渡し、タープ内にセットすることも出来るようになっています。

タープテールには3つのリングがあらかじめ設けられているので、ランタンを吊るした際に真ん中に寄っていくのを防いでくれます。

これは嬉しい仕様ですね。

2019年12月 3rdロット発売

発売されるや否や即完売したゼインアーツ。2ndロットも即完売したので、再販を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

3rdロットは 2019年12月20日00時00分より発売開始となります。

価格

参考税込価格 49,280円

まとめ

「GIGI-1(PS-011 / ギギ1)」や「ZEKU-M(PS-003 / ゼクーM)」や「ROGA-4(DT-004 /ロガ4)」とは異なり、第1弾ラインナップ中唯一のタープ。

よく見るタープとは異なり、独特の形状をしているので非常に気になります。2019

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

こんな記事も書いています
【ZANE ARTS / ゼインアーツ】2019年新登場の国産アウトドアブランドのテント・タープがカッコイイ!!
2019年に新アウトドアブランドのキャンプギアが発売されます。 そのアウトドアブランド名は、ZANE ARTS / ゼインアーツ。 北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS。2019年の4月上旬発売予定のテント・シェルター・タープをご紹介します。

 

2019年新登場のゼインアーツより『ZEKU-M(ゼクーエム)』が登場~ワンポールタイプのミドルサイズシェルター
2019年春、北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS / ゼインアーツのキャンプギアが発売されます。2019年新登場する「ZEKU-M(ゼクーエム)」は、ワンポールタイプの4-6人向けミドルサイズのシェルターなんです。

 

『ROGA-4(ロガ4』2019年新登場のゼインアーツより2-4人向けコンパクト2ルームテントが登場~
2019年春、北アルプスの玄関口である「長野県松本市」で誕生した国産アウトドアブランドであるZANE ARTS / ゼインアーツのキャンプギアが発売されます。2019年新登場する「ROGA-4(DT-004 / ロガ4)」は2-4人用コンパクトサイズの2ルームテントなんです。

 

2019年大注目の国産アウトドアブランド『ZANE ARTS/ゼインアーツ』展示会に行ってきた【前編】
東京都昭島市にあるモリパークアウトドアビレッジにて、A&Fカントリー昭島アウトドアヴィレッジ店が開催する、【ZANE ARTS/ゼインアーツ  展示会】を見てきました。今回は、「GEU(ゲウ)」と「ROGA-4(ロガ4)」をざっくりとご紹介します。

 

【後編】2019年大注目の国産アウトドアブランド『ZANE ARTS/ゼインアーツ』展示会に行ってきた
東京都昭島市にあるモリパークアウトドアビレッジにて、A&Fカントリー昭島アウトドアヴィレッジ店が開催する、【ZANE ARTS/ゼインアーツ  展示会】を見てきました。【後編】は、ワンポールタイプのシェルターテントである『ZEKU-M(ゼクーエム)』と『GIGI-1(ギギ1)』をざっくりとご紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました