家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【父子キャンプ】簡単設営できるテントのおすすめはDODのワンポールかワンタッチかどっちだろう

テント類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

のざる
のざる
長女の学校忙しいね。なかなか土日でキャンプも難しいな。
のざ妻
のざ妻
疲れてる中連れ出すのもねえ。体調崩すしてもよくないし。
のざる
のざる
いっそのこと、次女と俺で父子キャンプ行ってみようかな。
のざ妻
のざ妻
ええーー!大丈夫??

 

こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

高学年になると何かと忙しく、なかなかキャンプもお出かけも難しい。

土日は小学生だって休みたい!!けれども、キャンプに行きたい親の熱は冷めず。

もうこうなったら、次女を連れて父子キャンプにチャレンジしてやろうかと思い立ちました。

のざる家の次女は5歳。

ちょっと体は小さくて同い年の子に比べて発達もゆっくりですが、だいぶ物分りもよくなってきたし、キャンプに行けばペグ打たせろポール立てさせろととってもうるさいので、きっとお手伝いもしてくれるはず。

とはいえ、まだまだ保育園児。ひとたび機嫌を損ねればそこはもう戦場。何事もスムーズにキャンプがすすむとは思えないのが現状。

父子でいかに効率よく、かつ楽しくキャンプを過ごす為にはどうすればいいのか。まずはそこを考えてみたいと思います

スポンサーリンク

そもそも、父子キャンプできるのか??

自分で言うのもなんですが、のざるは次女には懐かれてる・・・はず。

お風呂だって寝かしつけだってやります。

ですが、物静かな長女と違い普段からかなりのリベロ(自由人)な次女。

年の差もあるので、多感な時期の長女からしてみれば少し静かにしてくれと思うこともあるでしょう。

だったら、いっそのことキャンプ名目で次女を連れ出し、妻と長女にはゆっくり過ごしてもらえればと思いつきました。

のざ妻
のざ妻
ほほう。できるのかなあ。

・・・とはいえ・・・とはいえですよ。近所の公園に行くわけではないのです。

 

キャンプなんです!!

 

普段なら一家総出で準備するテントやタープの設営を、のざるひとりでやらなければならないのです。

そうなると、いかに設営時間を短縮できるのかが大勝負!!

もちろん、いきなりのテント泊は不安なのであればバンガローを借りたりする手もあります。正直その方が設営などの手間は不要ですからね。

ですが、今回は「あえてテント泊を実践するのならば」に焦点を置いてみました。テント泊に関しては、我が家の次女は全く問題ないですからね。初回キャンプ時からがっつり寝てましたよ。

のざ妻
のざ妻
あなた一人でテント設営できるのかが心配だわ・・・
のざる
のざる
心配するとこ、そこですか・・・。

 

スポンサーリンク

設営時間短縮ができるアイテムは??

キャンプ準備で時間がかかるモノ。

 

>>>テント・タープの設置!!

 

もう、ここをいかに短縮できるかが勝負だと思ってます。

設営も撤収もいかに簡単にできるか。

加えて、次女がお手伝いできるような作りのものだとなお良し。

もちろん、寒い冬時期や雨の中で行くつもりもなく、キャンプ場もファミリー向けのそれなりに設備の整った場所を想定。

 

【子連れでも安心】ファミキャンにオススメのキャンプ場【東京近郊】
のざ妻 そろそろキャンプ行きたいよねー。 のざる うんうん!今度の休みに行こうか! のざ妻 でも、うちの次女はまだ小さいから、あまりハードな所には行けないしなあ。 のざる 幼い子連れでも気兼ねなく行け...

 

なので、そこまでの高機能は求める必要はないかな、と。

Amazonベーシックのテントもコスパよく簡単そうなのですが、いつ入手できるかわからないし、そこまで大きくなくてもいいのです。

【本当に!?】Amazonベーシック×テント×コスパ【こいつはすごい!!】
のざる 突然だけど、Amazonベーシックって知ってる? のざ妻 何それ。Amazonの基本?? のざる まんまじゃん!Amazonが企画開発してる、PB(プライベートブランド)だよ。 のざ妻 トップ...

そして、ワンタッチテントといえばクイックキャンプも最近目立ってます。

【おうちキャンプにもオススメ】QUICKCAMPのワンタッチテントを使って手軽にキャンプを楽しもう
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 お泊りキャンプといえば、テントの設営や撤収作業がつきものです。 もちろん、その設営作業...

 

今回はよく見かけるDODのワンタッチテントとワンポールテントに絞って、比較対象にしてみました。

 

DOD ONE TOUCH TENT(ワンタッチテント)2人用

出典:Amazon

このテントのポイントは、

「約15秒で設営でき、紐を引っ張るだけのワンタッチ傘を開くような感覚であっという間に設営可能」

まさしく、ワンタッチ傘のごとし。

フライシートやポールの設置の必要がないので、開いてしまえばそれで終わりです。

 

 

出典:Amazon

DOD ONE TOUCH TENT(ワンタッチテント)2人用のスペック

使用時サイズ(約)(約)W21.1 × D148 × H111cm
収納時サイズ (約)65×直径15cm
重さ(付属品含む)(約)2.8kg
定員大人2名

寝るだけで考えれば、父子キャンプには十分でしょう。

ただ、高さはないので、圧迫感はありそうです。

のざるはもちろん立てませんし、着替えるにしても少し狭いかな・・・。

でもでも、我が家が持っているキャプテンスタッグのマットを敷くと、サイズはちょうど良さそう。

【オススメする3つの理由】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『EVAフォームマット』は初めてのインナーマットにピッタリ
みなさんはテントの中にマットは引いてますか?どんなに地面が整備されたキャンプ場でも、テント内の就寝用マットは必需品。マットがあるのとないのとでは大違いなんです。我が家が利用している【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット】をざっくりとご紹介します。

 

悪天候にあわなければ問題なさそうですが、インナーがないので時期によっては寒いかも。

メッシュで通気性はよさそうです。

価格面でもコスパよく、一泊二日のお手軽キャンプであれば十分使えそうですね。

どれだけワンタッチ?設営動画も見てみよう

ワンタッチなので簡単そうですね。