スポーツオーソリティ会員さま決算特別セール開催!2/21-3/2まで『BE-PALアウトドアキットBOX はじめての焚き火入門』重版決定

【DOD新作のムゲンタープ】トリコロール仕様のカラーがとっても映えて変幻自在な設置が可能なポリコットンタープ

テント類

こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

つい先日カマボコテントミニULが登場したと思ったら、今度は2018年夏のDOD新作タープがお披露目されてました。

ソロでもファミリーでもグループでも。

みんなが持ち寄ればファスナーひとつで連結可能。トリコロールカラーが映え、使い方も楽しみ方も無限に広がるポリコットン仕様のタープ。

その名も『ムゲンタープ』

のざ長女
のざ長女
連結可能?一体どうゆうことなの??
スポンサーリンク

2018年DOD夏の新作『ムゲンタープ』の概要

出典:Amazon

タープといえば、本来なら1枚で利用。

しかし今回DODから登場したのは、1枚で利用する考えを覆す発想。まさかのファスナー連結でサイズや色を自由に組み合わせて様々な使い方が楽しめるポリコットン仕様のタープ。

例えば、1枚ならコンパクトにソロで利用。2枚連結すればファミリーキャンプに丁度いいサイズ。まさかの3枚合わせればグループキャンプにも対応できる大型タープに大変身。

そんな風にタープのサイズを変化させられるなんてなかなかの発想だなと感心してしまいました。

のざ長女
のざ長女
なるほどねー。繋げて広がるんだねー。

『ムゲンタープ』のスペックを確認


出典:Amazon

ベージュ
ブルー
レッド
定員2~3
耐水圧350mm
重さ(㎏)
付属品含む
2.2
使用時サイズ(約)W320×D220cm
収納時サイズ(約)W46×D13×H13cm
材質アウターテント:40Dナイロン(シリコン&PUコーティング)
フレーム:アルミ合金
付属品ロープ キャリーバッグ
※ポールは付属していません
価格オープンプライス

1枚のサイズで見ると、かなりのコンパクトサイズですね。

でもこれが後述する方法で3枚連結すると、なんと横幅220センチが3倍で660センチの巨大タープに大変身!これなら大人数でのグループ利用も可能。

大きさとしては、おおよそカマボコテント2と同じくらいの長さになりますね。

カラー展開は3色!!

出典:Amazon

レッド・ブルー・ベージュの3色展開。

3色そろえるのもよし、好みの色で複数持つのもよし。

使い方は自由自在ですね。

 

新発想の『ファスナー連結で自分好みのサイズにアレンジ』ができる点に注目!!


出典 DOD

前述したように、このムゲンタープの特徴はファスナー連結で大きさを変えられるということ。

連結部分のファスナーは引張強度に優れたYKK製の高強度ファスナーを採用。

ファスナーのテープ部分には撥水処理が施されているので、雨の侵入を抑えるとのこと。

3色連結すれば、なんともカラフルなトリコロールタープが完成します。

ほら、こんな風に。

出典:Amazon

のざ長女
のざ長女
ちなみにトリコロールとはフランス語で「3色」の意味。一般的にはフランス国旗の青、白、赤を示すそうです。
のざる
のざる
わお!!急に解説!!

こんなにカラフルだったら、自分のサイトも一目で分かる!!

もちろん、好みの色だけで連結してもいいですね。

何枚でもいけそうですが、最大連結枚数は3枚を推奨しています。

そんなにあるの!?ポールのグロメットの数はなんと12箇所!


出典 DOD

タープの各所にポールを差すグロメットは全部で12箇所もあります。

縦に5箇所、横の中央部分に2箇所。

こんなにあれば、例え1枚での利用でもサイトの大きさに合わせた張り方ができます。

開放的なスタイルや、ちょっと目隠しで使うなどなど。

ただし、ポールは付属してませんので別途用意する必要があります。

日差しを遮り影が濃くなる『ポリコットン生地を使用』

出典 DOD

アウトドア使いに適したポリエステルと、自然な風合いが特徴のコットンを織り交ぜて作ったポリコットン生地を使用。

一般的なポリエステルのタープに比べて火に強い性質を併せ持ちます。

カビには弱いので、収納する際はよく乾かしてから収納しましょう。

キャリーバッグはちょっと大きめを採用

出典 DOD

こういったキャリーバッグはパンパンになって収納が難しいことも多いのですが、このタープのバッグは少し大きめ仕様。

上手に畳めなくても収納しやすいように配慮されています。

また、ダブルファスナー仕様でタープをガバっと収納することが可能。

『ムゲンタープ』の魅力と、ちょっと気になる点

出典:Amazon

魅力を解説!!

最大の魅力はやっぱりファスナー連結機能でしょう。連結すればソロでもファミリーでもグループでもサイズを変えながら自由自在に対応可能。

大は小を兼ねるといいますが、常に大きなタープを持ち運ぶのも一苦労。

キャンプノン人数に合わせて持っていく数を調節すれば、荷物の省スペース化にも役立ちそう。

今日はソロで行くから1枚。次回は家族で行くから2枚・・・といった具合でしょうか。

ちょっと気になる点

ファスナーのテープ部分には撥水処理が施されていますが、完全防水ではないので注意。

また、強度があるファスナーとはいえ、タープはかなりのテンションをかけるのでどこまで耐えられるのかが気になりますね。

グロメットの数が多いので、そこからも水が入ってきそうな感じもします。

そして、残念なのはポールが付属していないこと。

自由自在に設置できるのはいいのですが、それだけポールも用意する必要があります。

のざ妻
のざ妻
価格も気になるわね
のざる
のざる
3枚も購入したら、お財布が真っ白に・・・。

まとめ:一風変わったタープを求めるならこれはアリ!

相変わらず面白い発想をしてくれるDOD。

トリコロールカラーなら自分のサイトはすぐにわかりますね。

また、個人的には4面ファスナーだったらもっと面白いのになぁとも思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました