家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【2019年春タンカラーが登場】ソロにもデュオにもちょうどいい『カマボコテントミニ』を再確認!!

テント類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

ポリコットン素材を採用したカマボコテントソロTCが発売されたばかりのDOD(ドッペルギャンガーアウトドア)。

カマボコテント2が人気ですが、カマボコテントミニも負けじと欠品続きで大人気。

2019年、カマボコテント2やカマボコテントミニの再販はあるのか??気になるところですが、ちょっと小さめサイズのカマボコテントミニを再確認してみます。

スポンサーリンク

「カマボコテントミニ」再入荷はいつ??

2019年春頃に再販??

2017年に登場するやいなや、瞬く間に大人気となり欠品続きの「カマボコテントミニ」。再販されてもすぐに売切れてしまうほどの人気ぶり。

2019年の再販情報は不明ですが、DODの公式ページに以下のような記載がありました。

カマボコテントミニ(TN)は2019年春頃発売予定です。

引用:DOD

カマボコテントミニの「タン」カラー!!

2019年現在、カマボコテントミニのカラーは「ベージュ/オレンジ」のみ。そこに新色の「タン」カラーが追加されるとのこと。
発売は2019年春頃だそうなので、「タン」カラー発売と同時に「ベージュ/オレンジ」の再販があるかもしれませんね。

以前数量限定で販売された「カマボコテントミニUL(ウルトラライト)」はブラックカラーのみでした。カマボコテント2にはブラックカラーがあるので、カマボコテントミニにもブラックカラーが追加されないかなと期待します。

スポンサーリンク

カマボコテントミニ(KAMABOKOTENT MINI)

「カマボコテントミニ」は、大人気の「カマボコテント2」よりもちょっと小さめで2~3人向けのコンパクトなトンネル型2ルームテント。

2017年に登場して以来、欠品が続くDODの大人気テントなんです。

仕様

定員 2~3
耐水圧 アウター:3000
フロア:5000
重さ(㎏)(約) 11
組立サイズ(約) W250×D500×H175cm
インナーサイズ(約) W230×D220×H165cm
収納サイズ(約) W68×D26×H26cm
アウターテント 150Dポリエステル
フレーム アルミ合金
インナーテント壁面 75Dポリエステル
インナーテントフロア 210Dポリエステル
(PUコーティング)
付属品 ペグ、キャリーバッグ

特徴

シンプルな設営

カマボコテント2は4本のフレームで構成されていますが、カマボコテントミニは3本のフレームで構成されています。ポールは全て同じ。ポールを組み立てて、3ヶ所のスリーブに通すだけの簡単な構造。

設営方法は動画でも確認できます。

カマボコテント通常サイズの動画です。手順は同じですが、インナーテントのつけ方に一部変更点があります。

2ルーム構造

寝室とリビングスペースの2ルームのトンネルテント構造。大型サイズのカマボコテント2よりもちょっと小さくなっていますが、定員が2~3名なので広すぎず狭すぎずのサイズ感がちょうど良いように思えます。

少人数にちょうど良いサイズ感

「トンネル型が欲しいけどカマボコテント2では大きすぎる!!」と感じている人には設営も簡単でサイズ感もちょうどよいのではないでしょうか。

インナーテント内のサイズはW230×D220×H165cm。大人が中で立つのは難しいと思いますが、幅は大人3人が寝転がってもゆとりあるサイズ。1人あたり約75㎝幅の就寝スペースが確保できます。

大人2人と小さなお子さん2人なら、窮屈ながらも寝られそうです。

オールシーズン対応

スクリーンタープのようにリビング全面をメッシュにすることができる構造。インナーテント部分の左右はメッシュにはなりません。夏のキャンプでは通気性良く涼しく過ごすことができ、蚊の侵入も防ぐことができます。

冬のキャンプでは、テント生地の下から風が入り込むのを防ぐスカートがテント下部前面に設置してあるので、隙間風を防ぎ暖かく過ごすことができます。

リビングにある3つのドアパネルは、別売りのポールとロープを利用し跳ね上げることで、ちょっとしたタープとして使用可能。この構造により日影面積を増やすことができます。

スカート付きのため全てのドアをクローズすると空気がテント内にこもりやすくなります。その場合、雨天時には結露が発生しやすいため、一部のドアを開けておくか定期的に換気を行ってください。

省スペースな設営面積

2ルーム型のトンネルテントではありますが、奥行きは500㎝、幅は270㎝とコンパクト。最小で300×550cm程度の幅があれば設置することができます。 区画が6×6m程度の小さいキャンプサイトであっても、カマボコテントミニとミニバン一台が入るほどの省スペースで済みます。

シェルターとして使える

トンネル型テントの特徴として、インナーテントを外せばシェルターとしても利用可能。夏場であればコットスタイルで寝ることもできますね。

設営も簡単なので、デイキャンプでのスクリーンタープとしても活用できます。

鉄板の「チーカマスタイル」

ポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用した正方形のタープテントである「チーズタープミニ」と接続し、カマボコテントミニをより快適にするチーカマスタイルが楽しめます。

カマボコテントミニに接続することでタープスペースがさらに広がり、ポリコットン素材により日陰を濃くし結露を軽減できる効果もあります。

2019年、「チーズタープミニ」にもタンカラーが登場しました。2019年春頃販売予定の「カマボコテントミニ タンカラー」と組み合わせて使えば、よりナチュラルカラーでキャンプコーデに統一感がでますね。

タープ テント DOD チーズタープミニ TT3-581-BG ベージュ ディーオーディー 送料無料【VF】【SP】