家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【防寒トレッドモック】ワークマンのモックシューズは買い!撥水仕様・中綿入りで暖かく歩きやすい、着脱しやすく冬キャンプの定番に!?

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

キャンプ中シューズは1~2足にしている、のざる( @camp_bata)です。

2019年12月、店舗で見かける度に気になっていたワークマンwmb 防寒トレッドモックを購入しました。

室内履きにも使えそうなシューズですが、秋冬キャンプの定番シューズになる!という結論。

今回は「【防寒トレッドモック】ワークマンのモックシューズは買い!撥水仕様・中綿入りで暖かく歩きやすい、着脱しやすく冬キャンプの定番に!?」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

ワークマン 防寒トレッドモック

wmb 防寒トレッドモックは、カカトを踏んで履けるモックシューズです。

のざる
のざる

サンダルがあるから特にいらないかな。

と思っていましたが、妻が裏ボアライトスリッポンを買うというので、自分も勢いで購入。

SNS上でもかなり話題になっていたシューズなので今更感が強かったんですが、キャンプで履いてみるとかなり快適。

「サンダルの代わりにしよう」と軽い気持ちで持っていったんですが、結局このシューズだけでキャンプが過ごせてしまいました。

まずは仕様から確認していきましょう。

仕様

サイズ S~3L
カラー ブラック・カーキ
ネイビー・ネイティブ(2021)
素材 ポリエステル・ポリウレタン
EVA・合成ゴム
参考サイズ表
Sサイズ 23.5~24.0cm
Mサイズ 24.5~25.0cm
Lサイズ 25.5~26.0cm
LLサイズ 26.5~27.0cm
3Lサイズ 27.5~28.0cm

カラー

展開カラは、ブラック・カーキ・ネイビー・ネイティブ(2021)の4色となっています。

2021年8月時点

価格

税込1,500円

2021年8月時点

ディテール

防寒トレッドモックは、全体的に丸みを帯びたデザイン。

デニムでも細身のパンツでもコーデはあわせやすい印象です。

つま先部分はキルト生地ではなくゴムのような素材です。この部分が色違いになったりすると、グッとお洒落感が増しそうな気がします。

もっとスリムでシュッとしたデザインが好みであれば、妻が購入した『裏ボアスリッポン』がいいかもしれませんね。

ただ、あまりスリムになると幅広甲高な自分の足に合わなくなりそうなので、この感じがちょうどいいかも。

ツートンカラーなどよりデザイン性が高くなれば、タウンユースでも映える冬シューズになるかと思います。

スポンサーリンク

特徴

ワークマン「wmb 防寒トレッドモック」には、こんな特徴があります。

  • 中わた入りで保温性抜群
  • かかとが踏める仕様
  • 肉厚インソール
  • 軽い
  • 収納袋付き

ではそれぞれを見ていきましょう。

中わた入りで保温性アリ

中綿入りで保温性が高く、秋冬キャンプでは足元を冷えから守ってくれます。厚手の靴下と組み合わせて履けば、より暖かく過ごせます。

保温性が高いとはいえ、雪中の極寒状況で過ごすのは無理があります。

最低気温マイナス1℃の冬キャンプでは、さすがに足元は冷えました。もっと防寒性の高いブーツなどにするべきです。

ですが、厚手の靴下着用などある程度の対策は必要ですが、秋~初冬にかけては十分に対応できるシューズです。

カカトが踏める作りで脱ぎ履きしやすい

スリッポンタイプでカカトが踏める仕様。カカト部分の生地はやわらかいので、踏んでも痛くありません

キャンパーさんにとって、カカトが踏める作りっていうのは重要だと個人的に思ってます。

テントの出入りなど、キャンプ中は想像以上に靴の脱ぎ履きが多いもの。カカトが踏めるデザインというのは非常に助かります。

しっかりと履く際にも、持ち手となるループがついているのもありがたい作りです。

肉厚のインソールでクッション性もアリ

厚さが約1cmもある着脱式の肉厚のインソールが入っているのも高ポイントです。

この厚みとクッション性で、長時間履いていても苦になりませんでした。

インソールは取り外しができるので、自分の好みのものに交換できるのもいいですね。

また、室内履きとしても十分に使える作り。足先が冷える寒い時期に、スリッパ代わりとしても活躍できます。

大きなwmbロゴ入りの収納袋がついている

wmbとは、「WORK MAN BEST」の頭文字を取ったワークマンのプライベートブランドのことです。ワークマンアイテムの中でも、カジュアルなアイテムを展開するブランドです。

防寒トレッドモックはワークマンベストのブランドアイテムです。

かなり大きなロゴが目立ちますが、持ち運ぶのに便利な収納袋が付属しています。この袋、個人的には使う事はほとんどなさそうですが、学校参観などの上履き代わりとして使う際には重宝するやもしれませんね。

こんな部分にも、ちょっと控えめにタグがついてます。

ゆとりあるサイズで、スッポリと収納できますよ。

『裏ボアスリッポン』の収納袋と比較してみるとこの通りです。防寒トレッドモックの袋も、デザイン性があるといいのになあと思ってしまいます。

カラーバリエーションが豊富

2018年モデルに比べ、2019年モデルではカラーバリエーションが増え、ベーシックなブラックとカーキに加え、鮮やかなレッド・ターコイズが仲間入りしました。

また、女性に嬉しいSサイズも加わっています。

鮮やか過ぎて自分は選べませんでしたが、ワークマン女子のコーデラインナップに加わりそうなカラー展開。

さらに2020年モデルでは、イエローやツートンカラーのネイビーが追加されています。

2021年モデルでは、ブラック・カーキ・ネイビーに加え、新色のネイティブ柄が登場しています。

耐久撥水加工が加わった

従来モデルでは表面のキルト生地には撥水加工が施されているとのことでしたが、残念ながら撥水性能はあまり実感できず。

一定量の水がかかると普通に濡れ、大量の水は染み込んできます。

キャンプ場の炊事場で洗い物をしていた際、水がこぼれてシューズにかかってびしょ濡れになってしまいました。中まで染み込むことはありませんでしたが、雨の日に履くのは難しそうです。

気になるようなら、あらかじめ防水スプレーをしておくのもよいでしょう。

2021年モデルでは耐久撥水加工「SplaTECH(スプラテック)」が搭載されています。

スプラテックは、ワークマン独自の耐久撥水加工。汚れがつきにくく落ちやすい。

スプラテックは、アクティブハイクに搭載された耐久撥水加工。これなら多少の雨でも気兼ねなく履けそうです。

さらにSSサイズも追加! これで足のサイズが小さな女性や子供でも履けるようになるのが嬉しいですね!

着用感

続いて、着用感について書いていきます。

紹介モデルは2019年のものです。