家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【防炎キャンパーモック レビュー】火の粉に強いワークマンモックシューズ! オールシーズン使えて税込1,900円は良コスパ!

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

焚火大好き我が家にとって、お待ちかねのシューズがワークマンより発売されました。

防炎加工で火の粉に強い、なのに税込1,900円と超コスパ良し!

今回は「【防炎キャンパーモック レビュー】火の粉に強いワークマンモックシューズ! オールシーズン使えて税込1,900円は良コスパ!」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

Field Core 防炎キャンパーモック

防炎キャンパーモックはワークマン2021秋冬モデルで初登場したモックシューズです。

モックシューズとは、アウトドアシーンで誕生したと言われているシューズ。足元を温かく包みこみ、スリッポンのように脱ぎ履きしやすく、軽量で歩きやすいのが特徴的。アウトドアシーンはもちろん、丸みを帯びたデザインと落ち着いたカラーが多いことから、タウンユースにもおすすめです。

もっとゴツそうなイメージでしたが、実物を見ると丸みのディテール。

なおかつちょっとボリューム感のある、シンプルながらも可愛らしいデザインだという印象でした。

スポンサーリンク

これはイイ! 防炎キャンパーモックは、キャンプシューズのド定番になりそう

火の粉に強い・撥水性あり・クッション性が高くて履き心地が良い

ーこれはキャンプシューズの定番になりそうな予感しかしないー

と、思っていましたが、購入して8か月ほど経過。

秋~冬の間のキャンプで数回の着用しましたが、これがまあ足に馴染むし、たき火も水も気にせずにガンガン履けているのです。

だいぶ汚れてきましたが、気にせずに履きこんでいます。

元々足首まわりは中綿がしっかりと詰まっていて厚みがあり、クッション性が高いのが特徴的。

ソールもほどよくクッション性がありますが、購入した28cmサイズだと少しゆとりがあり、もう少しフィット感が欲しい。

そこで、100円ショップでインソールを購入。

土踏まずもサポートしてくれる形状なので、フィット感も高まってさらに履きやすくなってくれました。

ただ、これをつけると抗菌防臭効果があるDEOPUT(デオプット)の効果はどうなっちゃうんだろう。

今のところ、そんなに蒸れたり臭くなったりしている感じはありません。

砂利道でも芝生でも、ガンガン履けています。

もちろん火の粉の前でも、気にせず足を伸ばしてみたり。

生地は撥水性があるので、多少強めの雨の中でも靴下が濡れることなく履けていました。

汚れようが濡れようが、あまり気にせずに履いてます。

キャンプメインで使って汚れたままなので普段はあまり履きませんが、ちょっとコンビニに行く時とか近所に出かける時に履くこともあります。

ちゃんと手入れしておけば、街中のアウトドアファッションでも十分使えるんじゃないでしょうか。

自分のようなオートキャンプメインのファミキャンなら、このシューズで十分です。

防炎キャンパーモックを細かくチェック

ではここからは、防炎キャンパーモックを細かく紹介していきましょう。

まずは仕様から。

仕様

品番 FC192
カラー ブラック ダークブラウン
サイズ M(24.5~25.0)・L(25.5~26.0)
LL(26.5~27.0)・3L(27.5~28.0)
価格  1,900円
参考サイズ表
サイズ M L LL 3L
サイズの目安(cm) 24.5~25.0 25.5~26.0 26.5~27.0 27.5~28.0

カラー

ブラック・ダークブラウンの2色展開となっております。

価格

税込1,900円

ディテール

ちょっと丸みのあるシンプルデザインのモックシューズです。

無難にブラックをチョイスしました。

上から見た全体像はこんな感じ。

各方面から見てみると、こんな感じ。

カカト部分には、ループを配置。あまり大きくはないので、指がギリ入る程度でした。

カカト部分側面には、ブランドロゴとFIREPROTECTION(ファイヤープロテクション)のタグがついています。

そんなに目立たないほどの大きさです。

アッパーの生地は、ツルツルでもなく皮のような感じでもなく、ちょっとザラっとしています。

履き口は、ゴムで少し伸びるので履きやすい作り。

足首まわりのクッションは厚みがあって、足はすんなりと入りました。柔らかいので、ショートソックスでも痛くありません。

中綿には、植物由来繊維の「Sorona」というエコ中綿を採用しているそうです。

かかとは巻き上げソール。これなら、車の運転もしやすいですね。

底面は凹凸のあるデザイン。間隔が広く浅めなので、泥や石は詰まりにくそうです。

インソールは取り外しが可能。ハンティング柄が、結構派手ですね。

ソールは硬すぎず、しっかりと曲げられる、程よい柔らかさがありました。

特徴

防炎キャンパーモックには、こんな特徴があります。

  • 火の粉に強く燃えにくい
  • 断熱素材であるエアロゲルを搭載し燃えにくい
  • 抗菌防臭効果があるDEOPUT(デオプット)を採用
  • 撥水性能あり
  • 軽量で歩きやすい

では、それぞれを見ていきましょう。

火の粉に強く燃えにくい

アッパーとソール部分には、防炎加工のFIR