家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

SOUNDPEATS Air4 レビュー。タッチ操作ができるノイキャン対応のシンプルカナル型ワイヤレスイヤホン

ガジェット
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています
SONIC様よりアイテムをご提供頂いたPR記事であり、内容はあくまでも個人の感想です。

ども、のざるです。

通勤中は音楽を聴き、電車の中ではアマプラを楽しむ自分にとって、イヤホンは生活に欠かせなくなっています。

以前はオープンイヤー型のイヤホンを使ってみましたが、今回はカナル型ワイヤレスイヤホンを使ってみました。

音質が良く、価格もお手頃で使いやすいイヤホンをお探しの方に、参考になれば幸いです。

今回は「SOUNDPEATS Air4 レビュー。タッチ操作ができるノイキャン対応のシンプルカナル型ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

スポンサーリンク

SOUNDPEATS / ワイヤレスイヤホン「Air4」

2023年7月に発売したSOUNDPEATSワイヤレスイヤホン「Air4」。

パッケージはシンプルで、プレゼントにも良さそうです。

開封してみると、同梱品は本体・ケース・充電ケーブル・説明書。

なぜかイヤーピースの絵が印刷されたスペースがあったんですが、中身は空。

まあ、他製品とパッケージは同一なんだろうなと推測したが、空だとちょっとびっくりしますよね。

同梱品は必要最低限といった感じでした。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥8,980 (2024/04/15 12:10:39時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

シンプルで丸みのあるデザインがお気に入り

ケース自体は、丸みのあるデザイン。

表面はマット加工が施されていて、さらっとした手触り。

指紋が目立たないのは良いが、滑って落としてしまいそうなのが危うい。

ケース反対側には、ボタンが配置。

フタとの境目にあるグレー部分は、真ん中にはLEDランプが搭載。

ボタンを押せばLEDが光り、バッテリー残量の確認が可能。

もちろん充電中も残量具合が確認できるよう光ってます。

イヤホン本体はこんな感じ。

本体のロゴ付近に、ANC機能用のマイク穴。

ほかに、耳に触れる部分やイ先端の充電端子付近にもマイク穴があるので、通話用なのかなと思います。

総じて、高級感溢れる・・・でもなく、安っぽい感じもなく、まあ可もなく不可もなくといったところかなあ。

自分はシンプルデザインが気に入っているので不満はないですね。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥8,980 (2024/04/15 12:10:39時点 Amazon調べ-詳細)

アプリで簡単に音質がカスタマイズできる

アプリトップ画面

本体と接続するとこんな画面になる

SOUNDPEATSのアイテムは、スマートフォンの専用アプリとBluetooth接続することで、「ANC(アクティブ ノイズ キャンセリング)機能・ゲームモード・イコライザ・音量」などの設定を操作することができます。

もちろんアプリがなくとも使うことができますが、せっかくなら自分好みにカスタマイズして使いたいものですよね。

プリセット

手動設定

イコライザー機能では、いくつか音質がプリセットされています。

音質について細かい知識がなくとも、好みの音質を見つけることができるのがありがたいですね。

こだわりがある人は、手動設定もできます。

自分のようなライトユーザーから、音質にこだわる人まで対応できるのが、アプリの利点。

自分の好みはベース音が強い重低音。

プリセットに低音を強く(ベースブースト)があるので、選ぶだけでベース音が強く聞こえるようになりました。

もっとハッキリ強く聴こえたら良かったんですが、聞き流しの自分にとっては許容範囲です。

ゲームモードは本体のタッチ操作で切り替えられますが、ANC(アクティブ ノイズ キャンセリング)機能はアプリ側での操作が必須です。

これは個人的に残念。

いちいちスマホを操作しなければならないので、タッチ操作で出来るようにしてほしかった。

また、密閉型イヤホンではないのでANC機能の効果は弱め。

例えば、電車内で雑音は聞こえにくくなりますが、アナウンスは結構聞こえてきます。

外音を徹底的に遮断したい人・音に集中したい人には向かないかなあという印象です。

前向きに捉えるならば、ある程度外音が聴こえることにより、電車の降り過ごしを防げます。

このくらいで、通勤にはちょうどいいと思っています。

「音質が最高に良い!」と謳っているアイテムですが、正直その辺はよくわかりません。

こだわりがある人には「値段の割には良い音だよね」という程度のような気もします。

こればっかりは各自好みがあるのでハッキリと断言はできませんが、個人的にはベースブーストを設定すれば低音が響きイイ感じに聴けています。

-手頃なお値段で手に入る、低音重視の人向けなワイヤスイヤホン-

そう感じています。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥8,980 (2024/04/15 12:10:39時点 Amazon調べ-詳細)

締め付け感が少なく、長時間装着しても疲れにくい

イヤホン本体はインナーイヤー型(耳の入り口付近に引っかけるタイプ)。

イヤホン本体は、片耳で約4gと超軽量。

フィット感・密閉感はカナル型(耳栓のような密閉型)に比べると劣りますが、軽量が故に耳への圧迫感が少なく、長時間の装着でも疲れにくい印象。

インナーイヤー型は装着感がゆるめなので、落ちないか最初はめちゃくちゃ不安でした。

フィット感を探りながら何度か装着していると、ちょうどよい位置が分かるようになってきました。

通勤は往復2時間程度ですが、今のところ落ちたこともなく、耳が痛くなったり疲れるような感じもありません。

まあ、気になってちょくちょく押さえて確認しているからかもしれませんが。