家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【新型 真空ハイブリッドコンテナ レビュー】買ってよかった!! ワークマンの保冷・保温ができるコンテナが想像以上に良かった

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

2021年2月に発売された、ワークマンの真空ハイブリッドコンテナをご存じですか?

見た目には正直ダサイなあと思い、使い道も浮かばなかったことから購入には至らなかったんです。

しかし予想に反して大人気のようで、バージョンアップ品、新型ハイブリッドコンテナが発売されました!

さらに2022年は、待望のスクエア型が発売されます!

今回は「【新型 真空ハイブリッドコンテナ】買ってよかった!! ワークマンの保冷・保温ができるコンテナが想像以上に良かった」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

新型 真空ハイブリッドコンテナ / ワークマン

発売されると、想像に反して好評で売り切れ続出となった「真空ハイブリッドコンテナ。

旧式はシルバーな本体にロゴデザイン。

デザイン的にもちょっとなあ・・・と思い購入しませんでしたが、この度新型が登場。

新型はField Coreブランドになり、耐衝撃性を高めた凸凹デザインのボディ。

真空の2層構造になっているコンテナで、しっかりと保温・保冷をしてくれるギアです。

サイズ感や内径は旧式と同様ですが、オシャレなブラックとブラウンの2色展開となり、デザインもよくなっていますね。

リビングに置いても邪魔にならなそうで、キャンプサイトでも映えそうです。

まずは仕様から確認していきましょう。

仕様

品番 FCD11 真空ハイブリッドコンテナ
カラー ブラック・ブラウン
素材 約4.6リットル(500mlペットボトル4本収納可能)
重さ 約1.8kg

カラー

ブラック・ブラウンの2色展開

価格

税込2,500円

スポンサーリンク

真空ハイブリッドコンテナの特徴をチェック

では、サクサクッと開封していきましょう。

ディテールをチェック

購入したのはブラック。

シンプルなブラックは、リビングに置いてもキャンプサイトでも馴染みそうですね。

旧式ボディはツルッとしていましたが、凸凹デザインに変わっています。

耐衝撃性を高めるような作りになっているようです。

円筒上のコンテナボックスが、重さは約1.7kg。

ちょっと重めですが持ち手は大きく、持ち上げやすいです。

持ち手にはグリップなどついていないので、ちょっと滑りやすいかも。

後日、100円ショップセリアでグリップテープを買ってきて巻き付けてみました

これはいいですね。滑りにくく、持ちやすくなりましたよ。

ただでさえ手に潤いのない年頃なので、これはかなり使いやすくなりました!

ハイブリッドコンテナの使い方をチェック

開かない

見た目からしてフタをひねって開けるものなのかと思いましたが、これがまったく開きません。

よく見たら、パッケージの側面にちゃんと開閉方法が書いてありました(←先に読むべし)

ハンドル操作でロック解除だった

ハンドルを左右に動かすことでロックが外れる仕組み。

ハンドル側面に、Close/Openの印がついています。

ハンドルがClose側に倒れている状態は、フタがロックされています。

ハンドルをまっすぐに立てた状態でも、まだロックは解除されません。

ガコッ!

ハンドルをOpen側に倒すと、ガコっという音がしてフタが外れてちょっと浮きます。

外れたらそのまま持ち上げればフタを外すことができます。ひねらなくてオッケー。

フタの側面はこんな風になっています。

フタの内側には、パッキンもついているので本体と密着してくれます。

ハンドルをOpenの方向に倒した状態で、フタと持ち手部分のLRをあわせて、フタを置いてはめこみます。

そのままハンドルをCloseに倒せば、フタが閉まるという仕組みです。

円筒なので転がっていきそうですが、ハンドルを倒しておけば安定して置いておけます。

ただしハンドルはCloseの状態にしないと、フタが外れますのでご注意を。

サイズ感をチェック

容量は約4.6リットル。

手のひらでなんとか掴めそうなサイズ感。

メスティンラージサイズを入れてみるとこんな感じ。

タッパーも2個ならすんなり入ります。