家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【ここは家かっ!!】キャンプにコタツを導入したら快適すぎたので、これからはこのスタイルで良くね?ってなった件について

キャンプのアレコレ
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

キャンプ用の暖房器具が少ない我が家ですが、虫も人も少ない冬キャンプにチャレンジしたい気持ちだけはあります。

2020年最後のキャンプで、簡易コタツを導入!!

サクサクッと完成しましたので、ご紹介したいと思います。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

キャンプで簡易コタツを作ってみる

今回のキャンプは長女の土曜授業学校終わりでの出撃のため到着も遅く、ご飯を作る気は全くありません。

寒いから洗い物もしたくないのでカップ麺・パン・おにぎり・なべ焼きうどんなどなどを用意。食器も全て使い捨てにし、ノー洗い物で済ませます。

 

そして寒さ対策としてインナーテント内に設置したのが・・・

 

コタツです!!

 

この簡易コタツは、自分が尊敬するアウトドアライター「みーこパパさん」の記事を参考にさせていただきました!

 

参考というか、ほぼほぼパクリですね。

 

そんな我が家の簡易コタツをご紹介していきます!

簡易コタツ 使ったもの

我が家がコタツに使ったものは、以下のようなモノ。

  • アルミロールテーブルの天板
  • クイックキャンプのテーブル
  • 毛布
  • モンベル ファミリーバッグ #1
  • 布団乾燥機
  • ラグ
  • 電気毛布

コタツのために購入したものはなく、全て持っていたものです。

このグッズを使って、簡易コタツを作っていきます。

 

簡易コタツ 設置手順

地面からの冷え対策を忘れずに

まず、インナーテント内には銀マットを敷きます。ホームセンターで買った安物ですが、もう5年以上使っています。

 

銀マットだけではお尻が痛くなるので、続いてクイックキャンプの車中泊マット5cm(QC-CM5.0)を敷いていきます。

最近新調したマットで、寝心地がとても良いです。

どうせインナーテントで寝るんだから、敷いておかないといけませんよね。

もちろん膨らませますよ!

 

お尻が冷えるのを防ぐため、マットの上に電気毛布を敷きます。今回は電源サイトなのでホットカーペットが良いんですが、持ってくるのが面倒なので却下しました。

さらに電気毛布の上には、ラグを敷き詰めて床の完成です。

とりあえず、この状態で寝られますね。

 

テーブルはどうする?

コタツテーブルの代用として、クイックキャンプの折りたたみテーブル 60×40cm (QC-2FT60)を2つ設置。

テント内が狭くなりそうなので1つにするか迷いましたが、ここで飲み食いするならば広い方が快適です。

2つ設置すると、60×80cm。これならそこそこ広さがあります。

 

高さも27cm・34.5cmと2段階調整が可能。これなら子供達も足が入ります。

ラグは敷かなくてもいいかもしれませんが、敷いておけば保温性も高まり、テーブルの脚部先端からマットを保護する役割も果たしてくれる・・・んだと思います。

 

布団はどうする?

さて肝心のコタツ布団ですが、自分と次女が使っているモンベルのファミリーバッグ #1を2枚使っています。