家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【やっぱりインドア?】ファミリーキャンプが趣味になったけど、キャンプ以外は引きこもる

キャンプのアレコレ
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ファミリーキャンプ5年突破、のざる( @camp_bata)です。

何かしらのきっかけでこのブログを読んで頂いている方は、「キャンプ」・「アウトドア」・「ファミキャン」などに、ちょっとでも興味があったり、そもそもキャンプが趣味だという方がたどり着いて頂いたというのが多いんだと思っております。

ちなみに、キャンプ以外に趣味はお持ちですか?

趣味と言えば、読書、スポーツ、ゲーム、旅行...などなど様々あるかと思います。

キャンプが趣味の方、キャンプに行かない日はどう過ごされていますか?

月1回のキャンプが目標ではありますが、キャンプに行けない日々が続きます。

ふと、いろいろと思い返してみると、我が家はやっぱりインドア派なんだなあとしみじみ感じています。

というわけで、今回は「【やっぱりインドア?】ファミリーキャンプが趣味になったけど、キャンプ以外は引きこもる」ということについて書いていきます。

スポンサーリンク

インドア派なのに? なんでキャンプ始めちゃったの??

2015年夏に初キャンプを迎え、5年以上経過しました。

アウトドアのアの字も知らなかった自分が、まさかここまでキャンプが好きになるとは思いもせず。

早かったというか、あっという間というか。

 

5年経過しましたが、とにかく宿泊数が少なく経験値が得られないので、ビギナーの域はまったく超えておりません。

 

初キャンプ時は、長女8歳・次女2歳。夫婦はアラサーと名乗れた時代。

不安と緊張しかなく、失敗ばかりの初キャンプでしたが娘達もキャンプ大好き人間になってくれました。

 

今ではキャンプ行きたい病が毎日発動中(*ノωノ)

 

なんでこんなにキャンプにハマったんだっけ・・・

 

ふと思い返してみると、

「なんでキャンプを始めた???」

「インドア派じゃなかったっけ???」

 

スポンサーリンク

そもそもインドア派、お出かけキライ、外キライ

そもそも、夫婦揃ってがっつりインドア気質です。

 

人混み嫌い 遠出も嫌い 外に出るのが面倒くさい

 

もっぱら家でゴロゴロしたりゲームしたり、出かけても近所のショッピングモール程度でした。

旅行の計画をたてるのが正直面倒くさく苦手なので、結婚したものの、新婚旅行すら行く気ゼロというほど。

 

(親から行け!と言われて、がんばって計画して行きましたけど。)

 

娘が誕生してからは、さすがに公園や遊園地などへ出かけるようになりました。

それでも、アウトドアとは無縁な場所ばかり。

そもそも外で寝るなんて想像もつかない。

 

ある時、職場の人から「キャンプ面白いよ! やってみない?」と誘われ、キャンプ雑誌をお借りしました。

 

その雑誌がキャンプ沼から抜けだせなくなるきっかけだったのです...。

 

だってキャンプって大変そうじゃん? でも興味はあるんだよね

出典:あずまきよひこ著 よつばと! 12より

 

のざ長女
のざ長女

うち、キャンプに行ってみたい!!

 

当時小学2年生の長女がこう言いました。

なので、インドア派と言いつつも、ちょっと興味を持ち始めていたキャンプ体験。

 

 

う~ん...子供が行きたがっているなら親として連れて行ってやりたい。

でも、キャンプって大変そうじゃん?

道具揃えたりテント建てたり、何もない荒野で寝るというか、いろいろ危ない雰囲気があるし・・・。

 

 

ぶっちゃけ、野宿のイメージが拭えない(←発想が古い)

 

 

けれども、借りた雑誌を読んだりネットで調べてみるとそのイメージは180°変わりました。

 

のざる
のざる

へー、今はこんなに便利なんだね。

 

そこで、意を決してキャンプに挑戦してみようじゃないかと決意したわけです。

 

あれ? キャンプ道具ってカッコいいじゃん!

まあなにはともあれ、お店に実物を見に行ってみることに。

 

「お洒落じゃん!」 「カッコいいじゃん!」 「こんな便利なものあるの!?」 「思ってたんと違う!!」

 

お店に並ぶギアの数々に、夫婦は一瞬で心を掴まれました。

しかし、値札を見て一気に現実へ。

 

...

 

キャンプ用の食器って高くね?

 

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥6,750 (2024/06/12 13:21:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

当初、キャンプにはアウトドア専門の道具を使わなければならないと思っていました。

100円ショップに慣れ親しんでいるウチにとって、アウトドアグッズは非常に高価に感じたのです。

 

いやいやいやいや、こんなの買いそろえるなんてムリ!

 

というわけでお店を後にしました。

(専門品でなくてもキャンプはできると後に知ったので、買うことはありませんでしたが・・・)

 

キャンプが趣味になると金銭感覚がマヒしてくる

キャンプを始めるにあたって、テントはもちろん、寝袋にコンロにタープにペグに...必要だろうというモノをひと通り買いそろえました。

自宅にあるものや100円ショップなども活用しましたが、かなりの出費だったことを覚えています。

 

多分...諭吉さん10人くらい?

 

安いものもたくさんありましたが、あまりにも安いものを買ってすぐダメになってしまうのが嫌だったのです。

それなりにしっかりしたテントは数万円すると知った時は衝撃的で、悩みに悩みぬきました。

 

時は流れキャンプに少し慣れ、大きなテントが欲しくなり買い替えを検討しました。

 

カマボコテント2の購入を決めた際「このスペックで5万円台なら安くね?」と感じた自分がいます。

 

......

 

......

 

 

5万円だよ!!