Twitterはこちらレビュー記事はこちら

【予算1,000円】ランタンの収納ケースは100均を活用!~キャンプ道具収納・整理術

収納・整理術

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

ランタンの収納がうまくいかない!

そんなお悩みを抱えていませんか?

 

暗くなってきたら準備すればいいや!

なんて思ってませんか?

 

キャンプ道具の取り出しは、ちょっとした工夫で便利になります。加えて、あまりお金をかけずに収納ボックスが出来上がったら良いと思いませんか?

 

今回はランタン収納ノウハウのお話。ランタンの使いやすい収納方法と、1,000円札1枚で完成した収納ボックスをご紹介していきます。

内容はあくまでも個人の一例です。
スポンサーリンク
  • 2020年秋冬モデル発売
  • ネット購入でも店舗受け取りなら送料無料

公式 ワークマンオンラインストアはこちら

お近くのワークマンはこちらから確認:店舗検索

#ワークマン女子アイテムにも注目

ランタンの収納方法って、そんなに重要?

 

のざる
のざる
暗くなってきたからランタンだそうかな...ランタンどこ?
のざ妻
のざ妻
早くランタンださないと!
のざる
のざる
あった!...けど、コンテナのこんな奥底に...取りにくい!
のざ妻
のざ妻
そうだ、電池入ってる?
のざる
のざる

入ってない!電池はどこだ!?

 

 

キャンプの夜、ランタンは必須です。ランタンはすぐに取り出せる場所に収納しておかないと、探しているうちにあたりは真っ暗。

ランタンが見つからない原因、それは他の様々な道具と一緒に収納してしまって見つけにくくなっていたからなんです。

 

ランタンを取り出しやすくわかりやすく収納できていれば、準備も片付けもスムーズにできるはずですよね?

予算1,000円以内でランタン収納ケースを自作!

取り出しやすい収納ケースが欲しいと考えていましたが、あまりお金をかけたくないのが本音です。

そこで今回は、予算1,000円以内と決め、できるものがないかと試行錯誤してみました。

3COINS(スリコ)保冷バッグ

3COINS(スリーコインズ)といえば、気軽に楽しめるおしゃれ雑貨が揃う300円アイテムを中心としたショップです。我が家でも、いろんなグッズを購入して使っています。

そのスリコで見つけたものがこちら。

3COINS(スリーコインズ)保冷バッグ 税抜300円

ボーダーでカラフルなデザインが、キャンプサイト内でもとても目立ちますね。

大きめな持ち手がついているので運びやすいんです。

何よりも気に入ったのが...

ガバっと開くフタ

両サイドはジッパー開閉が可能ですし、ベロはマジックテープで固定できます。

フタを開くと、中身全体が見えてとっても取り出しやすいんです。

また、四角い形状だというのも高ポイントです。

「テトリス積み」と言われるように、四角い形状だと荷積の際すき間ができにくくなり、スペースを有効活用できるようになります。

素材は薄く強度は期待できませんが、そもそもが保冷バッグとして使えるもの。重すぎるランタンや尖ったものを収納しなければ問題ありません。

バラバラになりがちな電池は、セリアで見つけたおしゃれなケースにまとめよう

キャンプ初期に導入した「ジェントス LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル  EX-777XP」。 明るさは280ルーメン。少し大きめですが、ボタンひとつで簡単に操作ができます。

これは充電式バッテリーではなく、単一電池が3本必要。その電池がバラバラにならないようにするために選んだケースがこちら。

セリア キャンプっぽいケース 税抜100円

このケースに収めておけば、バラバラになることもないのでちょうどいいんです(^^♪

また、インナーテント内で吊るせる電球型のLEDランタンも収納するのにちょうどいいサイズ感です。

自宅の電球のように、引っ張るだけでスイッチのON/OFFができる仕組みになっています。

Seria(セリア)で見つけた【100均キャンプ】『SMD電球LEDライト』を購入~結んで引張るだけのお手軽ライト
100均キャンプアイテムの購入が止まらない我が家。 こんなに買って、ほんとに使うのかよっ!!って毎回自分につっこみながらも108円というお値段に釣られてついつい購入。 いやいや、108円でも数を重ねればそれなりに金額いくんですと思いながらもお財布から旅立ってゆく小銭達を見送りつつ、今日も小物を積み重ねていく毎日なんです。
ヘッドライトも小分けに収納

以前にセリアで購入したヘッドライトを収納するためにも、同じくセリアの小物ケースを活用しました。

単四電池を使うので、ライトと一緒に収納しておけば使い勝手が良くなります。

2019年版【100均キャンプ】Seria(セリア)で見つけたLEDヘッドライトがとっても役立つ~明るすぎて直視注意!
100均キャンプ道具でまたまた便利な物を発見しました。キャンプ場の夜道は危ないですよね。炊事場やトイレに行くのにランタンを持ちますが、手が塞がると荷物も持てなくなって大変。そんな時はヘッドライトが便利。しかも108円で購入できちゃいました。一体どんなものか写真レポしてみました。

 

出来上がったランタン収納

小物ケースを積み重ね、サイドにはLEDランタンを収納。

底面には、100均で購入した仕切りカゴが1つ置いてあります。

 

かかった費用は、

  • 収納ケース×1:300円
  • 小物ケース×4:400円
  • 仕切りカゴ×1:100円

合計 800円(税抜き)

 

1,000円でお釣りができました☆

 

ケース内を種類別に細かく仕分けることにより、必要なものだけを取り出しやすくなり探しやすくなりました。

また、このボックスのまま車に積んだりテント内に置いておけます。片づけやすく設置しやすくなったのも、良かったですね。

あとがき

なにをどこに収納するのか、ケースで仕分けてあればゴチャゴチャせずに困りません。

もちろんこれが完成形だとは思っていません。しばらくしてから小さなランタンに買い替え、あまり使っていないものを整理しました。よって、収納はさらにコンパクトになりました。

 

忘れてはいけないのは、ランタンは早めに準備しておくこと。

 

整理整頓しておいても、暗くなる前に準備しておかなければ意味がありません。

テント設営と同時にランタンを配置しておくのがいちばんスムーズかと思いますよ。

楽しく設営・撤収するにも、事前の準備が大事ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事も読まれています
収納・整理術
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました