Twitterはこちらレビュー記事はこちら

【ペグの収納ってどうしてる?】本格的なケースも欲しいけど、300円で出来上がったケースが便利でやめられない~我が家の100均キャンプ道具整理術

収納・整理術
キャンプギア増えたね。

少し整理して使いやすくしないとね…..

ペグが大量になってきたから、これなんとかしないと。

100均なんかで、イイ収納できないかな?

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

キャンプをやっていると、少しずつ少しずつ道具が増えていきます。

これいらないんじゃない?と思って買わなかった道具も、キャンプを重ねるごとにやっぱり欲しくなってきて買い足したり、どんなものかな?と思って試しに買ってみたりなんてことありませんか?

そうやって積み重なった道具は、押し入れからもコンテナからも溢れだしてきて、収納・整理に頭を悩ませます。 増えて嵩張り、どこにあるのかわからなくなってしまうキャンプギア達。

使う時に限って、どこにあるのかわからず(-_-;)

のざる
のざる
荷物整理しなきゃ!
のざ妻
のざ妻
次回キャンプまでに、もっとコンパクトにしたい!!

キャンプ後あるあるではないでしょうか。

ワンタッチテントなど収納が簡単なものはサイズが大きく、コンパクトになるアウトドアチェアはお値段がちょっと高め。

いろいろとギア整理を試していますが、今回はペグの収納・整理について考えてみました。

  • コンパクト
  • 収納・取り出しやすさ
  • 安い

この上記3つを目標とした、現在我が家で使っているペグ収納をご紹介します。

内容はあくまでも個人のやり方です。
スポンサーリンク
  • 2020年秋冬モデル発売
  • ネット購入でも店舗受け取りなら送料無料

公式 ワークマンオンラインストアはこちら

お近くのワークマンはこちらから確認:店舗検索

#ワークマン女子アイテムにも注目

テント・タープ設営に欠かせないギア、その名も『ペグ』

ペグって、なに??

テントやタープを買うと、付属品としてついてくることの多い「ペグ」

 ペグとは

テントやタープを設営する際、ガイロープを地面に固定する道具。

ペグが打てない・打ち込んでも緩い場所だと、ロープを石に巻き付けたりして固定することもあります。

ちなみに、お店でテントの展示を見ると、ロープの固定はこんな感じの重りが使われていることがあります。

そして、付属のペグは細くて頼りないものが多いので、打ち付ける地面によってはすぐに駄目になってしまうこともありますよね。

キャンプを始める時は、ペグがなんなのかもわかりませんでした。なので、キャンプにはどんなペグが必要なのか雑誌などを見ていろいろ調べたものです。

初心者向けの雑誌などによく書かれていたのが、コレ。

「ペグは破損したり曲がったりした時のために予備を用意しておくとよい」

最初はさほど気にせずに付属のペグを使っていました。 しかし、硬い地面で曲がってダメになったものもアリ、足らなくなってきたものです。

こりゃあ、買い替えないとダメだなあ……

硬い地面にも対応でき、長く使えるしっかりしたペグを探してみました。

 

鍛造たんぞうペグが良きらしい

ペグの素材にはいろいろ種類がありまして、プラスチック・アルミ・スチール・鍛造etc……

のざる
のざる

何を買えばいいのかわからんっ!!

と、初心者なのでわかるはずもなく(さすがにプラスチックはダメだろうと思いましたが)

いろいろ聞いて回ってみると、とりあえず鍛造ペグを買っておけば良きということでした。

 鍛造とは

金属をたたいて成型する加工法を指す。圧縮する際に金属内部の結晶が整うため、強度が出る。ただしコストは高め。

Googleで「鍛造ペグ おすすめ」とか、Amazonの売れ筋ランキングで調べてみると必ず上位に載ってくるのが、村の鍛冶屋が販売している『エリッゼ(ELLISSE)鍛造ペグ エリッゼステーク』

その他に検討したのは、スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク

どちらを購入しようか迷いましたが、購入当時(2015年)はエリッゼステークのほうがかなり安かったので、エリッゼステークをチョイス(^^♪

この2種類を、8本ずつ計16本購入してみました。

Amazonでテント用ペグ売れ筋ランキングを見てみる

我が家のペグの使用率・用途を考えてみる

計16本の鍛造ペグを購入したはいいけれど、実際のところ我が家はペグがどの位必要なのか。

  • タープ:28cm4本をメインポール、サイドに4本使用
  • テント:18cm8本あれば固定できると思われる

良きがどうか分かりませんが、コレで何とかなんとかなるだろうという計算。

(ロープを全て張ったりすると実際には足りていませんが、天候の良い日はテントロープは張らない場合もあるもので(-_-;))

しかし!小心者の自分は、持っているペグを予備と称して全部持っていく始末でした。

ただでさえ重い鍛造ペグに加えて、付属のペグを数十本持って行くとなると、当然ですが、重いしかさばって邪魔!

のざ妻
のざ妻

ちょっとコレ、なんとかしてよ!

そこで、ペグを運びやすく取り出しやすく整理することにしたんです。

ペグを持ち運びやすくする、収納ケースを探してみる

様々なアウトドアブランドからペグケースが発売されています。とりあえずは、ネットで検索してみて、気になったものが以下の3つ。

エリッゼ(ELLISSE) ペグ収納マルチコンテナボックス MK-CTN

エリッゼステーク38cmサイズが収納できるマルチコンテナ。サイズは(約)幅42×奥行15×高さ15cmあり、ペグやハンマー・ロープなども一緒に収納できます。

YOGOTO ペグ収納マルチコンテナボックス

サイズは(約)幅44×奥行16×高さ17cmと十分な大きさ。6種のカラーから選べるので、好みのデザインが見つかりそうです。

チャムス (CHUMS) ブービーマルチハードケース

サイズは(約)幅38.5x奥行11.5x高さ17.5cm。少々薄めでペグケースではありませんが、ペグ収納ケースとしても使えそう。チャムスデザインはとても好きなので、こういったデザインのケースに憧れがあります☆

 

どれも評価が良くてよさげなんですが、あまりお金をかけたくないというのが本音(;^ω^)

3COINS(スリコ) ペンライトケースをペグケースに代用してみる

そんな中発見したのがコチラ。

3COINS(スリコ) ペンライトケース

どうやら、コンサートなどで使うペンライトを収納する為のケースのようです。

カラーはホワイトとブラックの2色がありましたが、汚れが目立たなそうなブラックをチョイス。

開いてみると、中はタオル生地のようになっていて、厚みもあります。これなら多少汚れたペグをいれても大丈夫そう。

そして、ガバっと開く!

このガバッと開くが収納に重要と思っています。開け口が狭いと、収納も取り出しも手間がかかりますから(-_-;)

長さ28cmのペグを収納してみると、ピッタリと収まります。このケールは高さが30cmあり、十分に収納できます。

計16本の鍛造ペグが収納できました。

ジッパーを閉じるとさすがに厚みはでますが、きちんと閉まります。これならコンパクトに持ち運びができます。これは良き(^^♪

このケースを使い始めて2年以上経ちます。かなり汚れてはいますが、穴が開くなどもなく今も現役です。

ただし、これはあくまでもペグの収納のみ。ハンマーは収納できません。

そこで、たまたま家にあったハンディクリーナーの収納ケースにハンマーと一緒に収納することにしてみました。このケースも開き口が広いので中身を確認しやすいのです。

ペグはケースに収納しているので中でばらけることはありません。これでハンマーと一緒に持ち運べるようになり、娘達でも持ちやすいし、車の中に単独で置いておいても問題なし。

あとがき

結果的には、ペンライトケース代300円+税のみでペグケースが完成しました。何度かコンテナケースなどに買い替えようかとも思いましたが、この収納が使いやすいのでやめられていません。

参考になったかわかりませんが、こんな代用品もあるのだなと覚えてもらえれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

\\我が家のハンマーはこれ//

こんな収納記事も書いています

この記事も読まれています
収納・整理術
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました