家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウンフーディー レビュー | 使って感じる6つの残念ポイントは? ワークマンの洗えるダウンは税込3,900円! 軽くて暖かい買って損ナシ??

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

2020年秋発売当初、TVなど多数のメディアでたくさん紹介されまくっていて、売れに売れて全く買うことのできなかったワークマンのダウンジャケット、知っていますか?

それが「REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウンフーディー

名前が長い!

この価格でこの機能性はかなりの良コスパですが、残念点もそこそこあったりして。

今回は「REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウンフーディー レビュー | 使って感じる6つの残念ポイントは? ワークマンの洗えるダウンは税込3,900円! 軽くて暖かい買って損ナシ??」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

REPAIR-TECH(R)(リペアテック)洗えるフュージョンダウンフーディー | ワークマン

2020年発売当初は、ブラック・カーディナルレッド・ダークイエローと3色展開。

売り切れ続出の人気商品。発売後2か月ほどして、無難なブラックをLLサイズで購入できました。

2021年は、好みのカーキカラーをLサイズで追加購入。

2022年現在では、在庫も豊富で、様々なカラーが展開され、より選びやすくなっているので良いですね。

まずは仕様から見ていきましょう。

仕様

品番 HD002B
サイズ S/M/L/LL/3L/4L
重さ 約800g(Lサイズ)
素材 表:ナイロン90%・ポリウレタン10%
中わた:ダウン45%・ポリエステル40%・アクリル10%・フェザー5%
フード部分中わた:ポリエステル100%
裏:ポリエステル100%
ポイント ウォッシャブル
ストレッチ
軽量
吸湿発熱
保温
参考サイズ表
サイズ S M L LL 3L 4L
対応身長 155~165 165~175 175~185 175~185 175~185 175~185
対応胸囲 80~88 88~96 96~104 104~112 108~116 112~120
着丈 66 68 70 72 74 76
胸囲 116 120 124 128 132 136
肩幅 46 47.5 49 50.5 52 53.5
袖丈 62 63 64 65 66 67

カラー

ブラック、ライトベージュ、ブルーグレー、カーキグリーン

マスタードイエロー、カーティナルレッド、アーバンネイビー、トープブラウン

2022年11月時点でのラインナップ

価格

税込3,900円

2022年11月時点での価格

ディテール

見つけた店舗ではカーディナルレッド・ダークイエローは在庫がありましたが、ブラックはこの1着のみ。

どのウェアでもそうですが、特にブラックは在庫切れが多い。たまたま見つけられたのは運が良かったです。

前面・背面ともに非常にシンプル。徹底してシンプル化が図られています。

Field Coreブランドですが、よくある「リフレクターにもなるField Coreのロゴ」はどこにもついていません。

これがワークマンウェアだとはわからないと思います。

装飾もなくゴツさもない、良い意味でワークマンらしからぬシンプルデザイン。ファッションアナリストのアンバサダーさんが監修しただけありますね。

どんな服でも合わせやすそうな究極シンプルデザイン。

最先端でデザイン性がめちゃめちゃ高くてお洒落! とまでは言えませんが、服を選ばずタウンユースでもバッチリ着られます。

表生地は光沢感はなく、マットな感じ。個人的には好みです。触ってみると少しザラっとしている印象。

生地はちょっと薄めかな? でも、すぐに破れそうというほどではありません。

ライトダウンの感覚で使えば気にならないかと。

裾の両側2か所にはドローコードがあるので、絞れば少しスッキリ着れそうです。

全体的に究極シンプルデザインですが、フロントジッパーの持ち手先端にはField Coreロゴマークがついています。でもほとんど目立たないレベル。

持ち手がラバー素材になっているので、とてもい掴みやすいです。手袋をしていても問題なく掴めます。

また、ロゴマークは少し浮き出ているので指が引っかかりやすくなっているのも特徴です。

袖部分にはリブが仕込んであり、冷気の侵入を和らげてくれる役割を果たしてくれます。

さらに防寒手袋で覆えば完璧ですね。

一般的なジャケットに比べて、フードは大きめに設計されています。

ヘルメットの上からでもかぶれるような設計だそうです。

ドローコードも配置されているので、かぶって絞れば頭も防寒できます。

大きめのフードは、見た目にもなんだかいい感じ。

スポンサーリンク

フージョンダウンフーディー / レビュー

様々紹介されているので今更説明するまでもないでしょうが、こんな特徴があります。

  • REPAIR-TECH(リペアテック)を採用
  • フュージョンダウンを使用
  • 手洗い可能
  • ブラックアルミで暖かい
  • 豊富な収納
  • 撥水・防風機能
  • 税込3,900円

では詳しく見ていきましょう。

REPAIR-TECH(リペアテック)を採用

メディアでもたくさん紹介されていますが、針穴が空いても自己修復する生地REPAIR-TECH(リペアテック)が採用されています。

実際に針を刺してみました。修復されるから大丈夫と言われていても勇気がいるので、目立たない箇所で試してみます。

針穴部分を指で軽くこすってもんだら、穴はなくなりました。

と言っても、写真じゃ全く分かりづらい・・・。

生地に穴が空くとダウンが吹き出てきたり、中の空気が抜けてふんわり感も減って保温性も下がってしまいます。

気づかない間に穴が空いてた! なんてありがちです。

さすがに大きな穴は修復不可のようですが、これはすごい機能ですね。

針の太さや指し込む強さによって完全に針穴が塞がらない場合があります。針の太さは直径約0.9mmまで対応範囲となります。

フュージョンダウンを採用

中綿には、天然ダウン45%フェザー5%+吸湿発熱わた50%のフュージョンダウンを使っています。

税込3,900円でダウンを45%採用しているのはコスパがよいのではないでしょうか。