家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【コットンキャンパー徹底レビュー】ワークマン×サリーさんコラボ!! 普段着も重ね着もおすすめな2020年新作『COTTON ”CAMPING” ーPARKー』サイズ感・着用感も紹介

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

ワークマン公認アンバサダー・女子キャンプブロガーサリーさんがワークマンと共同開発されたコットンキャンパーをご存じですか?

正式名称 COTTON ”CAMPING” ーPARKーコットンキャンピングパーク

キャンプウェアとしても普段着としても、完成度の高いものです。

たっぷり収納でサコッシュ不要。

キャンプでの実用性重視で設計されているにも関わらず、普段着、特に春秋のジャケットとして日常に着られるデザインに魅力を感じます。

本記事では「【コットンキャンパー徹底レビュー】ワークマン×サリーさんコラボ!! 普段着も重ね着もおすすめな2020年新作『COTTON ”CAMPING” ーPARKー』サイズ感・着用感も紹介」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

コットンキャンパー(COTTON ”CAMPING” ーPARKー) / Field Core

2020年発表時、サリーさんのブログやツイッターなどでチェックし、SNSで入荷情報をチェック。

事前にテレビなどでも紹介されていた効果もあって、在庫は店頭に出ている限り。

発売当初から大人気でした。

発売後はカラーチェンジなどを繰り返し、今では在庫も豊富。

ワークマンキャンプの定番ウェアとなっています。

スポンサーリンク

家族でコットンキャンパーシリーズ! ジュニアサイズも登場しお揃いコーデ

キャンプでは火の粉対策として、サリーさん開発の焚き火向けウェアを着るのが定番になりました。

サリーさん開発ウェア▶︎コットンキャンパー・フルジップコットンパーカー・コットンキャンパーエプロンなどなど

ジュニアサイズも発売になり、ミニサイズの次女もコットンキャンパーデビュー。

火を扱うときや、寒い時の羽織物として着用してます。

生地の厚みもあるし、ポケットも大きい!  汚れも気にせずガシガシ使えます。

少しゆとりあるサイズ感なので、寒い時期でも重ね着できていいですね。

最初は妻も着ていましたが、ちょっと重いということもあってフルジップコットンパーカーのほうをよく着ています

さらに2022年には、派生ウェアである、コットンキャンパーエプロンも登場。

コットンキャンパーの機能性を活かしつつ、ちょっとベテランな雰囲気がだせそうなキャンプエプロンです。

収納力も高いので、サコッシュ代わりにこのエプロンを着用。

使いやすいエプロンスタイルも魅力的です。

シンプルデザインなので、ワッペンをつけたりしてアレンジを楽しむのもよいですね。

日常にもキャンプにも活躍してくれるコットンキャンパーですが、2年ほど使ってきて感じたデメリットもあります。

まず、前述のように生地に厚みがあるのでジャケットとしては重めです。

また、重いし厚めなので洗濯すると乾きにくい。

ポケット収納が大きいというメリットがある分、よく開いて風通しをよくしないと、なかなか乾きません。

収納ポケットも多いので、ハンカチ・ティッシュの出し忘れにも注意しましょう。

コットンキャンパーを徹底チェック!

ここからはコットンキャンパーを徹底レビュー。

まずは仕様からどうぞ。

仕様

品番 F100
カラー ベージュ・ブラウン・ダークブラウン・キャメル
オリーブ・ネイビー・デニム・スチールグレー
サリーパープル(2021新色)
素材 綿100%
サイズ S・M・L・LL・3L
参考サイズ表
サイズ S M L LL 3L
対応身長 155~165 160~170 165~175 170~180 175~185
対応胸囲 78~88 84~92 90~98 96~104 102~110
胸囲 106 112 116 120 128
着丈 69 73 75 77 79
裄丈 81 85.5 87 88.5 89

カラー

カラーは「キャメル・オリーブ・コルク・デニム」の4色

※2022年5月時点公式サイト掲載のもの

発売当初はブラウン・キャメル・オリーブの3色。そのほかベージュ・ブラウン・ダークブラウン・ネイビー・スチールグレー・サリーパープルも発売されました。

キャメルはマスタードカラーに近い感じがします。キャンプ場では目立ちやすくて、アウトドアっぽい雰囲気。ブラウンは、写真で見るよりも濃い目な色合いです。

是非お店でチェックしてみてください。

価格

税込2,900円

ディテール・サイズ感をチェック

まずは、着用感やサイズ感からご紹介していきましょう。

ワークマンおじさんが着用

身長177センチ、なかなか痩せずに胴回りがどんどん増える太めの自分が買ったのは、オリーブカラーのLLサイズ。(LLの参考サイズ;胸囲96~104cm/身長170~180cm)

濃い目のカーキで、ミリタリー感がいい感じです。

お尻あたりまで隠れるミドルサイズの丈です。

Lサイズならばもっとピッタリサイズで着られそうですが、このウェアは綿100%素材のためストレッチ性はありません。

中にダウンやパーカーなどを重ね着できるよう、LLサイズにしてみました。

これがちょうどよい選択だったようで、少しゆったりめに着ることができ、動きにくいことはありませんでした。

フード付きのウェアですが、重ね着にインナーにパーカーをあわせてもいいと思います。ミドル丈のアウターとして着やすいイメージを持ちました。

そして個人的に気に入っているのは、首元のデザインです。

マウンテンパーカーのようにしっかりと上まで閉じることができます。

ゆとりがあるので、苦しいこともなし。見た目も、タウンユースなデザインなのがとても魅力的です。

ワークマン女子が着用

続いて、我が家のワークマン女子が着用してみます。

妻は身長157cmで小柄。キッズサイズ160のTシャツでも着られてしまいます。

本当はSサイズなんだろうなあと思っていましたが、購入当初はSサイズは売り切れだったのでMサイズ。(参考サイズは「胸囲84~92cm/身長160~170cm)

オーバーサイズだったか...

ボアスウェットパーカーの上に重ね着で羽織っていますが、それでもかなりのゆとりがあります。

変な感じはしませんが、妻は「ちょっと大きいかな(‘ω’)ノ」との感想。

デイリーユースでスッキリシルエットを求めるならばSサイズのほうがよさそうです。でも、このゆったり感でもいいと思うんですよね(^^♪

続いて、長女も着用。

お尻まですっぽり隠れているのでスプリングコートのように着られるでしょうし、袖は折ってしまえばなんとかなりそうです。

着用時、長女は小学6年生、身長148cm。

妻と同じMサイズを購入。当然ですが、袖がかなり長い。

これは普段着でもOKそうです。

ジュニアサイズが発売されたよ

ワークマンにもジュニアモデルが発売されておりますが、2021年はコットンキャンパーにもジュニアモデルが追加されました。

税込1,900円、カラーはオリーブとキャメルの2色。サイズは140・150サイズ。安全の為、首元のロープはなくなっています。

大きなポケットが魅力なので、ぬいぐるみを持ち運びたい次女にはピッタリ!

次女は身長122センチと小さいのでオーバーサイズですが、着せてみたらオーバーサイズ感も可愛いんですよね。

重ね着もできるし火の粉も防げるし、なかなか良いと思います。

特徴

COTTON ”CAMPING” ーPARKー『コットンキャンパー』には、こんな特徴があります。

  • 厚手の綿100%で火の粉に強い
  • ジッパーとボタンでしっかり着られるデザイン
  • カラビナループつき
  • ハンマーループつき
  • 大きなポケットが子連れにありがたい

ではそれぞれをチェックしていきましょう。

厚手の綿100%で火の粉に強い

綿100%、火の粉に強い素材で作られているので、まさにキャンプ向けのウェアです。

従来の綿アノラックパーカーに比べると生地がより厚くなっている感じがします。

その分ちょっと重みもありますが、少しくらい寒い時期でもアウターとして使えます。

火の粉関係なく、キャンプ用のジャケットとしても実用的。

厚みのある生地は、薪割りなどの作業時も腕をしっかりと守ってくれます。

同じくワークマンのフィールドグローブとあわせて使えば、マシュマロ焼きもはかどります。

焚火用のウェアとして火の粉からしっかりと体を守ってくれます。

さらに、パンツにはデ