Twitterはこちらレビュー記事はこちら

【伸縮バーベキューフォーク】100円ショップCan☆Do(キャンドゥ)で見つけたよ! マシュマロ焼きには必須アイテムかも

スポンサーリンク
100均

こんにちは、のざる【】です!!

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

キャンプ行きたい~ 

焚火したい~ 

マシュマロ焼きたい~

 

さて、今回レビューするのは100円ショップで見つけた伸縮バーベキューフォークです。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク
  • 2021年春夏モデル発売
  • ネット購入でも店舗受け取りなら送料無料

公式 ワークマンオンラインストアはこちら

お近くのワークマンはこちらから確認:店舗検索

#ワークマン女子アイテムにも注目

BBQ fork(伸縮バーベキューフォーク)

SNSで話題になっている、伸縮式のバーベキューフォーク。100円ショップのSeria(セリア)やCan☆Do(キャンドゥ)で売っているそうです。

妻がキャンドゥで見つけてきました。

お値段は、1本100円+税。

フォーク1本100円はお高く感じますが、伸縮式というギミックがついています。

この伸びるというのが、結構便利だと感じております。

たき火でマシュマロを焼くのが大・大・大好きな娘達。金串や竹串に挿して焼きますが、火傷をしないか注意深く見守っております。

このバーベキューフォークなら伸ばして使えるため、炎で手を火傷する心配がありません。

まさしく、我が家にうってつけの100円アイテムと言えるでしょう!

バーベキューフォーク ディテール

フォークというだけあって、先端はフタマタになっています。

本体部分はステンレス素材。

持ち手部分素材は天然木です。伸ばして使うので燃えることはないでしょうが、気になるようであれば、アルミホイルなどを巻いて使っても良いかもしれません。

先端は尖っておらず、少し丸みがあります。

マシュマロなど柔らかいものを刺すには十分ですが、お肉などしっかりした食材を刺すには少々物足りません。

ただ、子供たちに扱わせることを前提で購入しているので、安全性が高いことにこしたことはありません。

スライドさせて伸ばす仕組みになっています。スライドは5段階。

使った後はこの部分に汚れが溜まりそうなので、伸ばして洗い、水分が残らないようしっかりと乾燥させた方がよいかと。

こういう形状を見てしまうと、ロンギヌスの槍に見えてしまうのが困ったものです。

バーベキューフォーク サイズ感

サイズは、通常時が約31cm、最長約82cm。

単行本サイズと比べるとこんな感じです。もちろんこの長さのまま、普通のフォークとしても使えます。

最長まで伸ばすと、単行本5冊よりも少し短い程度です。写真で見るとそうでもなさそうですが、実物は結構長いですね。

3段のカラーボックスの高さが約90cmありますから、だいたいそのくらいをイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。

もちろん最長まで伸ばさずとも、お好きな長さに調節して使うことができますよ。

バーベキューフォーク 良いところ

実際にマシュマロを刺して焼いてみます。少し丸みのある先端なので、グッと押し込んで刺す感じです。

お庭なので焚火は不可能。シングルバーナーで焼いてゆきます。

スライドさせてフォークを伸ばし、火から離れた位置から焼けるので非常に安心感があります。

今までは火に近づける必要があったので、たまに「アチッ!」ってなってましたね。

耐熱グローブをつければかなり違うのですが、それでも火にあたらないにこしたことはありません。

フタマタですので、2個焼きも可能。いい具合に焼けましたよ!

これには子供達も大満足です。白いマシュマロは、あっという間に子供たちの胃袋へ消えてゆきます。

バーベキューフォーク 悪いところ

何度も言ってますが、最長85cmまでスライドさせて火に近づかずに焼けるのは非常に便利です。

ただし、伸ばし過ぎると焼け具合が見えづらくなり、油断すると真っ黒こげに...。

特にシングルバーナーは一点集中の火力なので、焚火よりもすぐに焦げる感じでした。

また、最長まで伸ばすと本体の耐久度が下がります。

マシュマロなど軽いものは問題ありませんが、もしステーキ肉など重いものを刺すと安定性が悪くなります。

本体パイプの直径は2mm。ステンレスなのですぐに曲がることはなさそうですが、そんなに太いものでもありません。

無理に力を加えるとあっさりと曲がりそうです。

たき火など炎が大きい場合は長めに、炭火などで焼き鳥のように使うなら短めになど、シーンに合わせて長さを調節しながら使うと良いでしょうね。

まあ100円なので、壊れてしまってもショックは少なめです。

あとがき

Amazonなどで調べてみると、伸縮式のバーベキューフォークは多数売っています。

ざっくりと見てみた感じ、安いものでも1本200円ほどでした。

100円アイテムなので作りにはチープ感があり耐久性には不安がありますが、十分に使えるアイテムです。

個人的には、1本100円で繰り返し使え、安全性も高まるならば買ってよかったと思っています。

マシュマロ以外も焼いていきたいので、これから買い足そうと考えております。

100円キャンプグッズ購入の候補に、加えてみてはいかがでしょうか?

【フィールドグローブ】ワンコイン以下で買えるワークマンの革手袋がコスパ良し。親子リンクコーデにもオススメ!
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 ワークマンがキ...
【イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB】手のひらサイズのコンパクトバーナーは良コスパ! 使い方を徹底解説
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 キャンプでカセ...
【DAISO500円シリーズ】ダイソーがアウトドアに本気モード!?『500円メスティン』をレビュー
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 炊く・蒸す・煮...
UNIFLAME(ユニフレーム)焚火テーブルをカスタマイズ!100均グッズで簡単に高さ調整してみたお話
こんにちは、のざる【Follow @camp_bata】です!! 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 UNIFLAM...