家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

UNIFLAME(ユニフレーム)焚火テーブルをカスタマイズ! 100均グッズで簡単高さ調節

キャンプのアレコレ
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

キャンプ中はアウトドア座椅子が欲しくなる、のざる( @camp_bata)です。

UNIFLAME(ユニフレーム)の焚火テーブルはあまりにも有名で、キャンプ場では必ず見かけます。

使い勝手は良いのですが、もう少し高さを低くできないものかと思っていました。

本記事では、「UNIFLAME(ユニフレーム)焚火テーブルをカスタマイズ! 100均グッズで簡単高さ調節」について書いていきます。

内容はあくまでも自己責任で実施した個人の感想です。
スポンサーリンク

UNIFLAME(ユニフレーム)焚火テーブルの高さを調節してみたい

焚火テーブルの高さ約37.5cmは、テント外で使う時に絶妙な高さで使いやすいんです。

我が家が愛用している「FIELDOOR ポータブルコンパクト アウトドアチェア」との相性も抜群です。

ただ、テント内にこういったチェアを設置すると狭く感じます。

そのため、お座敷スタイルで過ごすことが多くなってきたので、より低めのテーブルが使いやすいんです

せっかく毎回持って行く焚火テーブルも、もっと低くして使えないかなあと考えていました。

スポンサーリンク

焚火テーブルの高さは簡単に調節できる

ふと思い立った方法を試してみると、意外に簡単にできてしまいました。

その結果がコチラです。

焚火テーブルの高さは約37.5cm。

ローテーブル化した後の高さは約24cm。

約13cm低くすることができました。

この座卓・ローテーブル化のカスタマイズの需要があるのかはわかりませんが、このカスタマイズ方法をご紹介していきます。

材料費は400円! 使ったものは100均グッズのみ

このカスタマイズのために用意したのは、100円ショップのDAISO(ダイソー)で買った「強力回転フック(マグネットタイプ)」。

1個100円+税。

サイズは約)奥行2.5×高さ1.5×幅3.8cm。耐荷重は2kg。

通常の磁石よりもかなり強力なので、ステンレスの天板にはガッチリとくっつきます。

今回は購入してきたわけではなく、自宅にあったものを使ってみました。

カスタマイズ? 天板裏にマグネットを取り付けるだけで完成

通常、焚火テーブルの脚は、天板裏についている上下の金具にはめ込みんで固定します。

今回のカスタマイズでは、このはめ込む金具部分は使いません。

写真のように、左右にマグネットを設置し、脚を90度回転させて脚をはめこむだけです。

カスタマイズなんて言っていますけど、これだけで完成です。

マグネットは必要なのか?

最初は「マグネットがなくてもいいんじゃないの??」と思い、ただ脚をはめこんだだけで置いてみました。

低すぎてほぼ地面。

これはさすがに使えません。

そこで、マグネットをはめ込むことで、ちょうどよい高さになったんです。

フック付きのマグネットを使うのにもワケがある

マグネットを取り付けて脚をはめれば完成ですが、このままだと脚が固定されずグラグラしてしまいます。

天板をのせているだけの状態なので、このまま使うのは危ないのです。

そこで、試しにフックを押し込んでみたら、脚にはまって固定することができました。

フックはピッタリサイズではありませんが、グッと押し込むことで脚を固定できています。

試しに持ち上げてみましたが、外れることもなし。

結構がっちりです。