家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【ワークマン2023年春夏モデル レビュー】ソロテックス®採用「2WAYワークスーツジョガーパンツ」

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

春夏向けの仕事着が欲しくてWORKMAN(ワークマン)に見に行ったら、イイ感じのモノがありました。

それが2WAYワークスーツジョガーパンツ」。

スポンサーリンク

2WAYワークスーツジョガーパンツ | ワークマン2023年春夏モデル

2WAYワークスーツジョガーパンツは、2023年春夏モデルでの新登場パンツ。

ワークマンでおなじみの-SOLOTEX®(ソロテックス®)-を採用した、薄手で通気性のよいパンツです。

ワークスーツが多数発売されているワークマンですけど、購入は初めて。

すでに仕事着として何度か着用。

多数の特徴を備えているので、実着レビューしつつ、どんな印象だったか紹介していきます。

ソロテックス素材を採用したシンプルなスーツパンツ

全体を見てみると、スーツパンツと謳っているだけあって、無駄のないシンプルな作り。

UVカットを備えたソロテックス素材を採用しているので、さらっとした触り心地と、ソフトな肌触りが良い感じ。

通気性もバッチリです。

スーツパンツっぽいディテールだけどウエストリブ仕様

フロント部分はファスナーがなく、ウエストにゴムが入ったリブ仕様。

ベルトループはなく、ヒモで調節する仕様。

ワークスーツパンツなんで、動きやすさ優先ってところでしょうか。

ポケットは大きく深い

前面の左右ポケットにはファスナーを設置。

ポケットも深く、手がすっぽりと入るくらいの大きさ。

こちらは背面。

バックポケットは左右1つずつで、ファスナーはなし。

ポケットはフロントと同様に大きくて深め。

スッキリテーパードシルエットなシンプルパンツ

ブラック・ベージュ・オリーブの3色ありまして、無難なブラックを購入。

身長177cm、ウエスト85cmくらいなのでLLサイズが妥当なんですが、ヒップと太もも周りがダボっとしすぎたのでLサイズを購入。

リブのゴムが硬くてウエストがピッチリだったので、細工してゆるくしました。

腰回り・太もも回りはかなりゆったりしてますが、裾に向けて細身なテーパードシルエット。

履いているのは、Reebokのフューリーライト95( FURYLITE 95)。

スニーカーでも合わせやすいシンプルパンツですね。

2WAY仕様

商品名の通りスラックスモードとジョガーパンツモードと2種類の履き方が楽しめます。

裾部分内側に、ドローコードを配置済。

裾の生地をめくると、内側にリブが配置されているんです。

付属のタグに変身方法が書いてあります。

パンツを履いて生地をめくりあげ、ドローコードを軽く絞ります。

絞ったら内側にくるくると仕舞い込みます。

形を整えれば、足元すっきりジョガーパンツに大変身!

形を整えるのがちょっと難しく、なかなかキレイな形状にはならない・・・。

履く前に変身させようとすると絞り具合がわかりにくいので、パンツを履いた状態で変身させるのがよろしいかと。

ジョガーパンツ好きの自分には、なかなか面白い作りだなあと感じました。

仕事中はスラックスパンツとして、日常ではジョガーパンツタイプで履くといった使い方が無難なんだろうなあと思っています。

リブがあるので、裾からの冷気の侵入も多少防いでくれる感じがあります。

しかし絞りや生地の仕舞い込みが甘いと、動き回った時にちょっとずつ崩れてくる印象。

反面、自転車乗りの方には、裾がスッキリするのが良い作りかもしれませんね。

動きやすいストレッチ性能

腰回りゆったりしているのと、生地のストレッチが思った以上に聞いているので動きにくさは感じず。

ビヨンビヨン伸びるわけではないものの、十分動きやすいです。

ウオッシャブル&イージーケア

スーツですけど、洗濯機で洗えます。