家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【Obulb MC レビュー】Olight (オーライト)の手のひらサイズでカラフルなコンパクトライト! たくさん押してスペシャルタイムを楽しもう

ランタン類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

ファミキャンでは、扱いやすいLEDランタンが重宝します。

子供に持たせるなら、扱いやすくコンパクト、なおかつ可愛くてカラフルだと素敵だと思いませんか?

そんな方におすすめなのが、今回ご紹介するオーライトのObulb MCです。

今回は「【Obulb MC レビュー】Olight (オーライト)の手のひらサイズでカラフルなコンパクトライト! たくさん押してスペシャルタイムを楽しもう」について書いていきます。

Olight 公式サイトで使える!
当サイトを読んでいただいた方限定で10%OFFクーポンコードがございます。
是非ご活用ください。
クーポンコード:OLnozaru10

今回は株式会社オーライト様よりご提供いただいたPRレビューであり、内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

Obulb MC / Olight (オーライト)

Olightは、2006年に高品質のライトメーカーとして設立。OlightのMシリーズライトは、光出力、特徴、および耐久性の限界に挑んだシリーズで、市場における評判や地位を確固たるものにしたそうです。

電球のように丸い形状、とても可愛らしいデザインが特徴的な従来モデル「Obulb 55 lumens(オーバルブ55ルーメン)」の進化版として発売される「Obulb MC(オーバルブエムシー)

ホワイト・オレンジ・ブリックレッドの3色から選べ、暖色系の灯りは最大75ルーメンにパワーアップしました。

まずは仕様から確認していきましょう。

仕様

高さ
48mm
充電方法
MCC 1Aマグネットケーブル
バッテリー
630mAh 3.7V(内蔵)
ボディー直径
54mm
最大明るさ(lm)
75ルーメン
防水レベル
IPX7
重さ
58g(電池込み)
最大ランタイム
40時間
本体材質
PC・TPE
衝撃高度 1.5m

カラー

ホワイト・オレンジ・ブリックレッド

パッケージが可愛らしい

2021年9月に新発売の「Obulb MC(オーバルブエムシー)」は、3色展開です。

パッケージもなかなかに可愛らしいデザインで、プレゼントにも喜ばれそう。

パッケージの裏側は、「O・G・I(?)」のロゴが入っていました。このイニシャルが何を意味しているのかは謎ですが、デザインとしては可愛いんじゃないでしょうか。

パッケージを開封していくと、お土産のお菓子のような梱包デザイン。

箱の底面には、充電方法の簡易的な説明が記載されています。

本体を袋から取り出すと、その下には同梱品が見えます。

続いて、同梱品は以下の通りです。

同梱品

  • 本体
  • 専用充電ケーブル
  • 説明書
  • 金属製バッジ
  • 目玉

・・・目玉???

シールになっているので、本体に貼り付けて遊べるということなんでしょうね、きっと。

本体ディテール

直径約54mm、電球型の手のひらサイズコンパクトランタンは、飾っておきたいディテール感。

デザインは、従来のObulb 55 lumensとほぼ同様です。

底面がライトのON/OFFスイッチ。充電端子も兼ねています。

また、底面はマグネット仕様。鉄などのマグネットがくっつく場所に取り付けられます。

スポンサーリンク

使い方

ボタンを押すだけで点灯しますが、使い方を解説させていただきます。

通常モード

底面のボタンを押すと、暖色系のライトが点灯します。

最大75ルーメンとなるこのライトは、思ったよりも明るいです。

メインランタンとしては弱いですが、サブランタンとしてテント内に吊り下げたり、サイドテーブルに設置したりと、いろんなところで使えます。

ライトの切り替えは「LOW(3.5ルーメン)⇒ HIGH(75ルーメン)⇒ レッド ⇒ グリーン ⇒ ブルー ⇒ カラフル ⇒ カラフル点滅 ⇒ RED点滅(7ルーメン)⇒ 消灯」の順番です。

消灯後、再度点灯した際は消灯したときのライトで点灯します。

例)RED点滅の状態でオフにし再度スイッチをオンにすると、RED点滅で点灯します。

消灯した状態でスイッチを2秒未満長押しすると、強制的にLOWで点灯します。

ロック機能

ボックス内などで誤ってスイッチが押されて、電池の消耗を防ぐためのロック機能がついています。

ロック方法は、消灯した状態で2秒以上長押しすると、短くフラッシュします。その後消灯しますので、それがロックされた合図です。

ロックされると、スイッチを押し続けてる間は点灯しますが、スイッチを離すと消灯する仕組み。

ロックの解除は、スイッチを2秒以上長押しすると一瞬ライトがフラッシュします。それがロック解除の合図です。

各モードのランタイム

各モードのランタイム(使用可能時間の目安)は以下の通りです。

低モード(暖色系)
3.5ルーメン・40時間
高モード(暖色系) 75ルーメン・3時間
カラフルモード 3-7ルーメン・7時間以上

充電方法

本体の充電は、付属のMCC1Aマグネット式の充電ケーブルを使用します。

先端は円形で、先端を底面の端子にくっつけるだけ。

吸い付くようにカチっとくっつき、取り外しも簡単。ランプの色で充電具合をひと目で確認できます。

充電中はケーブル先端が赤く光り、満タンになるとグリーンに点灯する仕組みで、約2時間でフル充電されます。

created by Rinker
OLIGHT(オーライト)
¥1,995 (2024/04/14 13:44:29時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

Obulb MCには、こんな特徴があります。

  • 程よい明るさ
  • 子供でも持ちやすいコンパクトさ
  • カラフルなライトが楽しい
  • IPX7防水性能
  • 1.5m耐衝撃性
  • マグネットが便利

では、それぞれを見ていきましょう。

メインではないけど程よい明るさ

最大75ルーメンのため、ファミキャンでメインランタンとして使うには少々物足りません。

この暖白光の75ルーメンは程よい明るさで、就寝前のテント内や枕元なんかで使うと、明るすぎず暗すぎずでちょうど良い感じです。

インテリアとして、間接照明のように使うのもアリですし、足元を照らすように地面に設置するのもいいですね。

またインテリアにも馴染みやすいデザインなので、リビングや玄関などに置いてもお洒落な雰囲気がでるような気がします。

子供でも持ちやすいコン