家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【Olight Perun Mini KIT レビュー】1台2役!ヘッドライトにもボディライトにも使える最大1,000ルーメンのコンパクトライト<PR>

ランタン類
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

夜道は危ないので、必ずライトを持ち歩いて安全を高めるようにしています。

個人的にはなるべくなら手に持つよりも、体やリュックなどに取り付けて照らしたいのです。

しかし普通のライトでは正面を照らすことはなかなか難しいもの。

その悩みを解消してくれるのが、Olight Perun Mini

created by Rinker
OLIGHT(オーライト)
¥7,295 (2024/05/19 01:51:45時点 Amazon調べ-詳細)

今回は「【Olight Perun Mini KIT レビュー】1台2役!ヘッドライトにもボディライトにも使える最大1,000ルーメンのコンパクトライト」について書いていきます。

記事の最後にはセール情報も載せていますので、是非ご確認ください。

株式会社オーライト様より商品提供を受けてレビューしており、内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

Perun Mini(ペルンミニ) / Olight

元々は、大容量バッテリーと最大2,500ルーメンの明るさを誇る、Perun2として発売されていたヘッドライトがあります。

装着するにはちょっと重いかなというデメリットがあり、それをさらに小型・軽量化したのが今回のPerun Mini。

最大の特徴は、L字型のライトでしょう

この形状が、使い勝手を向上させてくれてる気がします。

スポンサーリンク

Perun Miniは最大1,000ルーメン、その使用感は?

まずは、実際に使用してみた感触をお伝えしていきます。

日常使いにも役立つ、十分な明るさ

L字型のライトなので、クリップでジャケットやザックに取り付ければボディライトとしても使用可能。

アウトドアシーンで使うのはもちろんですが、日常でも役立ちます。

夜道にライトは必須と考えていて、自分から相手が見えていても、相手に自分を気づかせないと意味がありません。

自分から相手が見えてるからといって、相手も自分が見えているとは限りませんから。

街灯の多い道でも、やはり夜は見えにくくなるもの。

身の安全を守る意味でも、ライトは必須。

L字型なので、体に身に着けて明るさをアピールできるのは個人的に高ポイント。

手を空けられるのは嬉しいです。

5段階の明るさを確認

最大1,000ルーメンの明るさを持つペルンミニ。

1,000ルーメンはかなり明るいので日常で使うことは少ないと思いますが、ミディアムの65ルーメンでも結構明るいです。

スマホの自動調整機能も働いていますが、参考までに明るさを試してみました。

撮影ミスではなく、まずは暗闇状態。

moonlightモード

LOWモード

mediumモード

Highモード

turboモード

室内で試しているので、Highとturboの違いがちょっと分かりにくいですが、実際turboはかなり眩しくて明るすぎます。

HIGHは、明るさは申し分なしで、停電時などはリビングでも十分使えます。

最大出力のTURBOは目が痛くなります。室内で使うもんじゃないですね。

続いて、キャンプで手元足元を照らすイメージで試してみました。

まずはデフォルトの状態。

moonlight

LOW

medium

High

turbo

足元手元を照らすには、Highがあると十分すぎるほどです。

turboは上下左右への照射範囲もかなり広くなってきて、かなり眩しい。

手元を照らすライトとしては、問題ないでしょう。

ライトマウントとバンドでヘッドライトとして運用できる

付属のライトマウントとバンドを使えば、ヘッドライトとしても運用可能。

手持ちもヘッドもボディライトとしても十分使えるペルムミニ。

細かい仕様などはこれから記載していきますが、サクッと公式サイトでチェックしたい方、アイテムページをチェックしたい方はこちらから読み飛ばしてください!

公式サイト

商品ページ

では、まず仕様から確認していきましょう。

仕様

最大出力 1,000ルーメン
最大連続利用時間 4.5日
最大