Twitterはこちらレビュー記事はこちら

涼しい時期こそキャンプに虫対策が必要!?『モスキーランタン』は手軽に電撃殺虫できる一石二鳥アイテムなんです

ランタン類

こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

9月も後半に入り、雨も多く涼しい日が続くようになってきました。

外遊びを控えざるをえなかった、35度以下なら涼しいねなんて会話、クーラーつけっぱなしにしないと眠れなかった日々、あの記録的な猛暑は既に過去のこと。

今では30度で少し暑く感じてしまうんです。

7月後半~8月は、暑さに台風に子供の行事なども重なり予定していたキャンプには行けませんでした。

夏のキャンプといえば虫対策は必須なんですが、今年の夏は「蚊」が少ない印象。

のざ長女
のざ長女

ウチ、この夏1回も刺されてないよ。

長女はそう言いますが、のざるはチョット庭仕事すると刺されまくりました。

でも、いつもよりは少ないような・・・。

知っていますか??この事実。

「蚊は気温25~30度のときが一番活発。30度を超えると動きがにぶくなる」

日中の活動が活発といわれるヤブ蚊ですら動きがにぶるそうです。

この夏は毎日のように35度を越えたので少なく感じたのかもしれません。

とはいえ、「蚊は暑いとき植木の葉裏などの日陰に身を潜めている」ともいわれているそうで、全くいないわけでも死滅するわけでもありません。

確かに夕方少し涼しくなってくると庭でよく刺されるような・・・。

つまり、涼しくなってきてキャンプに最適なこの時期こそ虫対策は更に必須なんじゃないのかと思いました。

のざ妻
のざ妻

言われてみればそうなのかも。

我が家も毎回キャンプでは、虫除けスプレーや蚊取り線香などで対策はしますが、やはり夜のランタンの灯りにつられて虫さんがたくさん我が家に遊びに来てくれます。

のざ次女
のざ次女

虫さんいっぱいだねー。

体に害のない虫だとしても、やっぱりテーブル上のランタン周辺に虫の集会をされるのもいいものでもないんです。

つい先日行ってきた9月のキャンプ。かなり涼しくて快適に過ごせはしましたが、テント入り口や足元に設置したランタンに虫が集まってきていました。

どうせなら、明るさに寄ってきた虫達をそのまま撃退してくれないか。なおかつ手軽に使えてお洒落で近くに置いててもに気にならないお手軽なランタンがあったら嬉しいですよね。

そんな一石二鳥どころか三鳥四鳥のアイテムがあるんです。

その名も『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』

出典:Amazon

スポンサーリンク
  • 2020年秋冬モデル発売
  • ネット購入でも店舗受け取りなら送料無料

公式 ワークマンオンラインストアはこちら

お近くのワークマンはこちらから確認:店舗検索

#ワークマン女子アイテムにも注目

MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)はLEDライトと殺虫ライトが一つになった便利アイテム!!

出典:Amazon

『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』とは、電気で殺虫してくれる電撃殺虫器が付いたLEDランタンなんです。。

電撃殺虫器とは、接触した虫類に電気ショックを与えて捕虫する、殺虫用の電気設備。

虫が好む波長と言われている360〜400nmの青色の灯りに誘われて寄ってきた虫を電気で殺虫するんですね。

「誘蛾灯」といわれるライトに近い仕組みで、青色の灯りに魅せられて蛾が寄ってきます。

効果範囲も広く、およそ5m範囲内。これならキャンプサイト内、タープ周辺でも十分役立ちそうなんです。

もちろんLEDランタンとして利用できるのでキャンプの雰囲気も壊さずお手軽に使えるアイテムなんです。

MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)は殺虫ライトだけど見た目が可愛い

出典:Amazon  

虫をおびき寄せる紫外線ライトを装備した、虫よけ・ 殺虫ライトとして活躍できるのがこの『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』。

見た目もマッシュルームのように丸っこくて可愛らしいんです。

出典:Amazon

裏面にはフックが装備されています。

コンパクトに持ち運べて手軽に設置できるランタンスタンドな「アンコウスタンド」やタープポールのランタンフック部分などに引っ掛けて使うこともできるようになってるんです。

もちろんテーブル上などに直置きも可能です。

MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』は薬剤不要!!

出典:Amazon

最近ではバラの香りなどアロマ風な蚊取り線香もありますが、蚊取り線香ってどうしてもにおいが気になりますよね。

以前、庭の草むしりで蚊取り線香を使っていたらお隣さんが窓を閉めてしまいました。

前述のように、このMOSKEE(モスキー)社 『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』は灯りで虫をおびき寄せ、電気で殺虫!!

蚊だけでなくブヨなどの対策にも効果が期待でき、置いても使えるし吊るしてもOKなんです。

LEDなので、蚊取り線香や虫よけキャンドルと違って火を使わないから安全。

変な薬を使わずに匂いも発生しないので子供さんやワンちゃんなどのペット達にも安心なんです。

これならお隣さんに蚊取り線香の匂いを漂わせることなく、庭仕事にも安心して使えます。

ライトは白色と暖色の2種類選べる

出典:Amazon

出典:Amazon

このMOSKEE(モスキー)社 『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』にはLEDの明るさが2種類あります。

明るく照らす「白色(電球色)」とやわらかい光の「暖色」。

我が家の好みは断然「暖色」

ゆったりしたいキャンプ場では「暖色」の方が落ち着いた雰囲気をだしてくれそうなんです。

本体も柔らかいベージュ柄なのでお洒落ですね。

ただ、「白色(電球色)」タイプは本体カラーも複数あります。

各カラーの詳細はリンク先のアイテムページで確認できます。

モスキーランタンはUSB充電可能な電池不要タイプ

出典:Amazon

このモスキーランタン、マイクロUSBケーブルで充電して利用する為、電池不要なんです。

明るさは3段階の切り替えが可能。

明るさにより点灯時間は変わりますが、最大で20時間の点灯が可能。

一番暗い「弱」の30ルーメンの状態で20時間。

真ん中の「中」の90ルーメンの状態で12時間。

一番明るい「強」の180ルーメンの状態で6時間の点灯となっています。

虫が多い夏場は、日照時間が長いので6時間使えれば問題なさそうに思います。

涼しい時期は暗くなるのが早いので、6時間じゃ物足りないかもしれません。

電源サイトなら充電できますが、突然消えてしまったり自宅で充電し忘れてしまった時の為にも、大容量のモバイルバッテリーなどを準備しておくのが良いと思います。

本体は水洗い可能なので綺麗にしやすい

このモスキーランタン、使用後にはたくさんの虫たちが電撃殺虫されているはず。

もちろん使用の度に掃除しないととっても汚いので、付属のブラシで綺麗に掃除する必要があります。

しかし!このモスキーランタンは防水加工(IPX6等級)がされているので、まるっと水洗いすることができるんです!

水でジャブジャブ洗えば汚れも虫達も一気に手軽に落とすことができるんです。

これはいいですね。

ブラシで落とすのが面倒な時は、ザザッと水洗い。

やっぱり水洗いでさっぱりできると、キャンプアイテムも綺麗に保てますので気持ちがいいものなんです。

水洗いの際は、USB充電口の蓋はしっかりしめておきましょう。

モスキーランタンの仕様

 

『モスキーランタン』仕様
サイズ直径:約88mm
高さ:約129mm
付属品USBケーブル
掃除用ブラシ
LEDライトライト暖色
明るさ弱)30ルーメン
中)90ルーメン
強)180ルーメン
点灯時間
※満充電時
弱)約20時間
中)約12時間
強)約6時間
内蔵バッテリー2000mAh/3.7V
(リチウムポリマーバッテリー)
入力電圧/電流 5V/1A

詳細はリンク先のアイテムページで確認できます。

MOSKEE LANTERN 専用 MASHPOD(モスキーランタン専用マッシュポッド)を取り付けたら、もふもふ感がでてくる

実はこのMOSKEE(モスキー)社 『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』には別売りのオプションパーツとして、『モスキーランタン専用マッシュポッド』というシェードがあるんです。

 

『モスキーランタン専用マッシュポッド』を取り付けると、可愛らしくて丸っこいマッシュルーム感がUPしてインテリアとしても使えるお洒落なランタンに大変身するんです!!

ランタン本体よりも大きなサイズなこのマッシュポッド。

シリコン製なので取り付けも簡単。

灯りの範囲も広がり、より柔らかく周辺を照らしてくれるので是非とも併せて使いたいアイテムなんです。

詳細はリンク先のアイテムページで確認できます。

まとめ~自宅でもキャンプでも年中使える便利なアイテム

モスキーランタンは、灯りで虫をおびき寄せ電撃殺虫してくれます。

ただし、お気づきでしょうが完璧に虫対策ができるわけではありません。

だって、ランタンの近くに飛んでこなかったら電撃が効くわけがないんです。

無難ですが、虫除けスプレーや蚊取り線香などととあわせて使うのがいいんです。

あくまでもランタンとして使いつつ補助的な機能として殺虫効果が期待できるといったアイテムなんですね。

Amazonで検索すると、モスキーランタンは様々な種類がでてきます。

調べてみると、enkeeo 電撃殺虫器もレビュー評価は高く、『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』に比べてお値段もお手頃なので、コチラを候補に入れてもいいかと思います。

ただ、enkeeo 電撃殺虫器は電球色しかない為、今回紹介したMOSKEE(モスキー)社 の『MOSKEE LANTERN(モスキーランタン)』の本体がベージュで暖色LEDタイプが断然おススメです。

電球色は明るいんですけど、ちょっとゆったりしたいキャンプにはまぶしすぎる印象です。

柔らかい光の暖色LEDは明るすぎず落ち着いた雰囲気をだしてくれるはず。

本体カラーも馴染みやすいベージュなのでキャンプギアともあわせやすいと思います。

この一石二鳥のアイテム。

ひとつ持っておいて損はないと思いますよ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事も読まれています
ランタン類
スポンサーリンク
いいね!をクリックすると「のざるん’ち」の更新情報をお届けします
Twitterもフォローしてみませんか?
\記事が役に立ったらシェアしてね/
FOLLOW ME
関連記事
タイトルとURLをコピーしました