初めてお越し頂いた方に読んで頂きたい記事はコチラ

【初心者さん必見!!】キャンプで盗難被害にあわない為に心がけたい事~抑えておきたいたいマナーも紹介

キャンプの知恵袋
WeeklyPopularPost

こんにちは!!のざる@camp_bataです。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

キャンプって気持ちがとても開放的になりませんか?

自然の中でお気に入りのギアを並べて、ソロでも家族でも楽しむ穏やかなキャンプ。

お洒落に飾ったり、便利で万能なギアを使ってみたり。

そして、開放的な気分に気持ちも緩むもの。

でも、忘れていませんか??

キャンプって、外で寝泊りしているんです!!

 

のざ長女
のざ長女

そりゃそうでしょ、キャンプなんだもん。

いろんなキャンプギアを持って行くのはいいんですが、よく考えたら全部外におきっぱなしって怖くないですか??

サイト内に誰かが常にいるならいいんですが、食材の買出しなどでサイトを離れることもありますよね。

我が家も2泊3日の長いキャンプなら、途中、車で買いだしに出かけます。

そんな時心配になるのは、キャンプ道具の盗難!!

のざる
のざる

キャンパーさんに悪い人なんていないよ!!

って高らかに宣言したいところですが、残念ながらキャンプでの盗難事件は発生しています。

特に、ヘリノックスなどの有名ブランドアイテムは要注意。

楽しいキャンプにきているのに、防犯対策をしなきゃならないのもなんだか切ないんですが、最低限の心構えは持っておきたいところ。

また、併せてキャンプ時のマナーについても再確認していきます。

内容は、あくまでも個人的な意見ですのでご了承ください。
スポンサーリンク

我が家が実践している盗難対策

数時間サイトを離れて、買い物や観光に行くこともありますよね。

そんな時気になるのは、キャンプ道具が盗まれたりしないかなってこと。

悲しいことに、キャンプ場での盗難は実際に起きています。

持ち運びが容易な小物系で、ランタンやダッチオーブンなどが多いようです。

しかも、有名ブランド系のキャンプギア。

例えばスノーピークのペグだったり、

ベアボーンズリビングのランタンなどの小さいもの

しかも、キャンプギアは他人のものと区別もつきにくいので、一度なくなったら返ってくることはほぼ無だそうです。

のざ長女
のざ長女

我が家にそんないい物はないけどね。

調べてみると、区画サイトよりもフリーサイトや無料のキャンプ場に多いらしいです。

無料で開放されているキャンプ場なら出入り自由ですし、フリーサイトは物色の為うろうろしていてもそんなに怪しまれにくい。

しかも、複数人でテントを持ち去ったり、わざわざサイトを借りてまで泥棒したりする用意周到な輩までいるそうです。

また、「○○キャンプ場は盗難が多いらしい」なんて情報もチラホラ見かけます。

のざ妻
のざ妻

ほとんどの人がちゃんとしてるのにね!!

とはいえ、買い物の度に荷物を全て片付けていくわけにもいきません。

どうしてもサイトを離れる必要がある際に、我が家が気をつけていることをご紹介します。

道具を外にだしっぱなしにせずに、サイト内はきれいにしておく

シンプルながら、基本的なこと。

イス・テーブル・タープなど大物を収納するのは大変ですから、せめて小物系だけでも収納してしまいましょう。

  • テーブル上のコップやお皿、食べ残しなどもきれいに片付けておく
  • テーブルやイスをキレイに整頓しておく
  • ランタンなどの小物類は収納しておく

といった感じ。

オートキャンプで車があるなら、面倒でも収納BOXごと車の中に荷物を収納しておくべきです。

最近は前室がついているテントも多いので、前室があるなら活用しない手はありません。

【フィールドキャンプドーム300(4~6人用)】
FIELDOOR(フィールドア)

前室にざざっと荷物を放り込んでしまいましょう。

テント内なら外からは見えないので多少は乱雑でも平気なはず。

もちろん入り口のジッパーは閉めておきます。

サイト内がゴチャゴチャしていて乱雑な状態だと、なんとなく狙われやすそうな感じがしませんか?

ちなみに、夜就寝時にも同様に片付けておくといいですよ。

どうしても収納しきれない場合は、タープ下にまとめて、ブルーシートやレジャーシートをかぶせて保護しておくのもいいと思います。

夜露や急な雨対策にも有効です。

テント入り口には鍵をかける

テントの種類によってできない可能性もありますが、テント入り口のジッパーに南京錠などでロックをかけてしまうのも有効です。

南京錠は100均でもホームセンターでも売っています。

テントが大きくて入り口が多いとちょっと大変かと思いますが、万が一に備えておくならやったほうがいいと思います。

テントは布なので、切り裂かれたりすればアウトですので、鍵も完全な抑止力にはなりませんが、かけないよりはかけたほうがいいと思います。

防犯対策をしていることのアピールにもなりますね。

TSAロック 南京錠 Aidodo ダイヤル式ロック 4桁 セキュリティグッズ 海外旅行用品 鍵 荷物スーツケース用 4ダイヤルロック 暗証番号タイプ 2セット
Aidodo

お隣さんがいれば、挨拶しておく

特に区画サイトなら、設営の時に挨拶しておくといいと思います。

お互いにどんな人がいるのかわかっていれば、見知らぬ人がうろうろしていていることがあっても気づきやすいと思います。

ランタンとサンダルで人の気配をかもしだす

キャンプ中は孫悟空のように、気配を消す必要は全くありません。

むしろ、「人がいますよ!!」ってアピールできるくらいの方がいいと思います。

可能であれば、サンダルなどをテント下からちら見せしておくと効果的。

「人がいるのかな??」と思わせられればそれでOKです。

また、テント内にあえてランタンをつけっぱなしにしておくのも有効。

ソーラーランタンなら、ある程度は充電も気にせず使えますし、人感センサーつきのライトを設置する方法もあります。

夕方~夜にかけてサイトを空けるときには特に有効です。

センサーライトは明るすぎても困るので暖色系がオススメです。

キャンプ道具にステッカーを貼ったりして目印を作る

人気があるアイテムは、同じ物を使っている人もよく見かけます。

ユニフレームのファイアグリルなんかは、何台も見かけますもんね。

【ファミコンカセットに名前を書いていた】あの頃のように、キャンプ道具にも名前を書いてしまえ!!

というのも有効かと思います。

ただ、なんだかそれも気が引けるので、マスキングテープでお洒落にデコッってみたり、ステッカーを貼ることで自分のものとアピールすることもできます。

取り違えも防ぎ、盗難防止にも役立つはずです。

管理が行き届いているキャンプ場を選ぶ

我が家はまだ無料や、開放的なフリーのキャンプ場は経験したことはありません。

基本的に、オートキャンプ可能で、そこそこ設備や管理体制が整っているところを選んでいくようにしています。

確かに、料金はちょっとお高めになることもありますが、小さい子連れというのもあるので無料・フリーキャンプ場は敷居が高いんです。

  • 管理人が常駐している
  • 見回ったり、掃除がしっかりしている
  • ファミリー層が多い

と、こういったキャンプ場を選ぶようにしています。

ただし、決して無料キャンプ場が悪いわけではありません。

ただ、盗難やマナーの観点から見るとキャンプ場選びも重要かなと思います。

1番の対策は、なるべくサイトを空けない事!!

無難な答えですが、サイト内に誰か人がいるのが1番です。

トイレやお風呂も交代で行ったりすれば盗難のリスクは減らせます。

ただ、家族やグルキャンならそれも可能でしょうが、ソロキャンだとそれは無理ですよね

ちょっとトイレに行く位なら平気だと思いますが、長時間サイトを空ける際は注意が必要。

テント内に荷物を収納したり鍵をかけたりしてしてしっかりと対策をしておきましょう。

いっそのことキャンプ道具同士をロープやワイヤーなどで繋いでおくのもいいかもしれません。

ほどいたり切ったりするその時間が、泥棒にとっては嫌なはず。

また、周囲に他のキャンパーさんがいるなら、それこそお互いに声掛けあって協力していくのもいいんじゃないでしょうか。

 

続いては、貴重品の管理や紛失を防ぐ方法について紹介します。

盗難や紛失を防ぐ為に気をつけていること

盗難なんてもってのほかですが、貴重品の紛失も嫌ですよね。

財布・携帯電話・鍵をなくすと非常に厄介ですから、気をつけておきましょう。

サコッシュで常に携行する

我が家では、夫婦揃って貴重品類はサコッシュにいれ、常に身につけています。

車上荒らしがないとは言い切れませんが、車内の見えない場所に保管しておくのもアリです。

が、結局は車の鍵は自分で持っておく必要があります。

結局は、身に着けているのがやっぱり安心感があります。

あまり大きいサコッシュだと邪魔なので、軽い・コンパクト・扱いやすくて便利な[モンベル] mont-bell UL MONO ポーチ Sを愛用中。

縦13.5cmx横19cmxマチ3.5cmとコンパクトなんですが、財布・携帯・鍵・タオルハンカチがまとめて入ります。

財布はチャムスの「スマートフォンケース 」を使っています。

ちなみに、パンツのポケットに入れることは個人的におすすめしません。

うっかり落としてしまいがちです。

のざ長女
のざ長女

チャックやボタン付きのポケットならいいんじゃない??

侮るなかれ。

Aを取り出したついでにBを落としてしまう・・・なんてことが起きます。

のざ妻
のざ妻

あなた経験者だからね!!

お財布の中身は整理して、余計な物は持っていかない

いつも使っているお財布をそのまま持っていっていませんか?

免許証・保険証・クレジットカードやポイントカードなどいろいろ入っているお財布。

キャンプに不要な物は自宅に置いていきましょう。

我が家もキャンプ時には、別の財布を用意し、明らかに使わないであろうポイントカードなどは持っていきません。

キャンプ時の行動予定をたてておき、交通費やキャンプ場代、その他飲食代などある程度目安をたててお金を準備するようにしています。

財布の中が整理整頓されているだけでも、中身の紛失する確立を減らせます。

 

続いては、キャンプ場内でのマナーについてご紹介します

気をつけたいキャンプでのマナー

我が家は家族キャンパーとして常々気をつけていることがあります。

それは、よそ様に迷惑をかけない!!

のざ妻
のざ妻

そりゃ当然のことだよね。

実は以前、こんなツイートをしたことがあります。

実際に夏のキャンプ時に経験した内容で、いろんな方々からコメントを頂きました。

改めて、自分が思う子連れキャンプでのマナーについて記してみたいと思います。

人様の区画に入らない

ちょっとサイトを離れている間に、イスが倒れていたり道具が傷ついていたら嫌ですよね。

フリーサイトにしろ区画サイトにしろ、その場所を借りている以上はヨソ様の敷地と同じだと思っています。

フリーサイトは境目が分かりづらいとは思いますが、テントやタープの位置からなんとなく空間が分かりますよね。

なのでいくら子供とはいえ、堂々とサイトに入ってきたり走り回ったり抜け道に使ったりテントなどの道具を触りまくったりされるのはマナー違反だと思ってます。

しかも、注意すべき親まで堂々と入り込んでくる始末!!

のざ妻
のざ妻

呆れた・・・。

もちろん、中には謝りながらすぐに連れ出していく親御さんもいます(その後、子供はめっちゃ怒られてました)。

唖然としてしまいます。

大人同士でお酒を飲み、楽しく会話するのももちろんいいんですが、その前に保護者であることを忘れないでもらいたいんです。

なんにせよ、一番怖いのは自分のサイト内でなにかトラブルが起きること。

例えば、

  • ロープにつまづいて転ぶ
  • 誤って焚火などに触って火傷
  • 車を傷つけたり道具を壊す

スーパーみたいに監視カメラがあるわけではないので、いつ誰が何をしたのかはわかりませんし、相手によってはこちらに責任を問いただす人もいるそうです。

逆に考えてみると、もし自分の子供が人のサイト内で何かやってしまったら・・・親としては申し訳ないことこの上ないんです。

子供に伝えていること

家族キャンプやグループキャンプはとても楽しいものです。

自分も友人家族とグルキャンすることがあります。

その際、子供達には他サイト内に入らないこと・車には絶対に近づかないようにすることを徹底させています。

前述のように、何かあってからでは遅いですからね。

特に車を誤って傷つけようものなら・・・恐ろしい。

とはいえ、狭いキャンプ場もありますし、混雑していることもあります。

どうしても他サイトに立ち入る必要がある場合は、足元に注意し、人がいれば一声かけてから入らせるようにしています。

ちょっと徹底しすぎるかもしれませんが、そのくらいの気持ちでないと、もしトラブルが起きてしまったら誰にもいいことはありません。

火の側は特に注意!!

寒くなってくると焚火をすることも多くなりますので、ここも注意が必要です。

先日のキャンプでは、よその子供達が我が家の焚火の横でサッカー始めちゃったもんですから、流石に注意しました。

しかも、その子たちの親は見向きもしていないし注意もしない始末・・・。

のざ妻
のざ妻

危ないったらありゃしない!!

実際はマナーがいい人がほとんどです

否定的なことばかり書きましたが、実際は子連れキャンプなら、ある程度はお互い様で済ませられることがほとんどで、ガミガミ注意することはほぼありません。

小さい子がよく分からずにサイトに入ってくることもありますし、誤ってボールが転がってくることもあります。

しかし、ほとんどの親御さんや子供達はきちんと謝ったり注意したりしています。

ほんの一部の人達が、印象の悪さを底上げしてしまうんですよね。

お互い様で済ませられるのは、お互いにマナーを意識しているからこそできることだと思ってます。

自分も、「子供がうるさいかもしれませんが、よろしくお願いします」と、お隣さんには声かけするようにしています。

一言挨拶するだけで印象はグッと変わりますし、互いにマナーへの意識も高まるはず。

こうやって、和やかにキャンプできるといいですよね。

まとめ

いかがでしたか??

こうやって見てみると、キャンプを始めたい人には印象悪いような内容になってしまいましたが、「こういった事例もあるから注意しよう」って意識を持つだけでいいんです。

幸い我が家は、サイト内への浸入事件はあるものの、今のところ盗難にあったことはありません。

とはいえ、いつ何が起こるかもわかりませんよね。

乱雑においてあるキャンプギアを見て、これなら分からないだろうとつい出来心で取っちゃう人もいるかもしれません。

サイト内は整理整頓をこころがけ、不要な物は持ってこない・ださない・置きっぱなしにしないことがいいと思います。

ただ、万が一泥棒と鉢合わせたら、無理に追い込まず身の安全を優先しましょう。

家族や子供がいるならもちろんですが、ソロでも無理は禁物。

盗難は嫌ですが、怪我したりするほうがもっと大変です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

内容は、あくまでも個人的な意見ですのでご了承ください。

 

【チャムスのサコッシュ】の特徴はコチラの記事で紹介しています。

【購入レビュー】お洒落で可愛いサコッシュ『 CHUMS(チャムス) 2ネックドショルダースウェットナイロン 』が使い勝手抜群でいい感じ
2018秋冬のニューカラーも登場したお洒落で可愛いサコッシュ『 CHUMS(チャムス) 2ネックドショルダースウェットナイロン 』を購入。ちょっとお出かけする時に、必要最低限物を入れるのに丁度よいサイズ。キャンプでも日常でも使えるお洒落なサコッシュやバッグインバッグとしても使えるので、とってもおすすめです。

オススメ情報

【令和初の特大セール】2019年7月夏『ナチュラム祭り』開催!!2019年7月3日(水)18:00 スタート!

icon icon

Amazon【ちょっとお得】に買い物ができる方法

 

・キャンプに役立つ無印良品アイテム【ちょっとお得】に手に入るかも。クーポンもチェック  してみませんか??

 

・アウトドア向けのブランドブックを探すなら【7net】が便利。セブンイレブンで受け取れば送料無料!!


ランキング参加中です
よかったらポチっと押して頂けると喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


キャンプの知恵袋
スポンサーリンク
「いいね」を押して【のざるん’ち】の更新情報を受け取りませんか??
1度お試しくださいませ
\ちょっと気になったらシェアしません?/
のざるをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました