我が家のワークマンまとめ記事はコチラCabinetでライター始めました

1000円以下でこの付録はお得!?【MonoMax(モノマックス)】2019年2月号のMarmot(マーモット)はっ水ボディバッグがいい感じ

いろいろレビュー

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

MonoMax【モノマックス】の2019年2月号を買ってきました。

はい、付録目当てです。

だって、Marmot【マーモット】とコラボしたボディバッグで、しかもはっ水仕様なんですよ!

こりゃあ普段でもキャンプでも活躍できそうな感じがプンプンするわけで、気づけばお買い上げだったわけです。

あくまで個人の感想ですので、ご了承下さい。
スポンサーリンク

Mono Max【モノマックス】2019年2月号を購入

2019年2月号のモノマックスの付録は、アウトドアブランドの【Marmot(マーモット)】とコラボした【はっ水加工を施したボディバッグ】

シンプルなデザインとはっ水加工を施したキルティングの生地に、小物入れにもちょうどよいフロントポケットも配置してあるんです。

 

ちなみに、雑誌の内容は「カバン大賞」「文具グランプリ」の2大特集。

 

うわぁ・・・自分には全く縁のなさそうなオサレな内容・・・

 

たまにはこういう記事をしっかり読んで、いわゆる「トレンド」を勉強したいと思います笑

 

【Marmot】はっ水ボディバッグをレビュー

雑誌よりも厚いダンボール箱に入った付録のボディバッグ。

ビニール袋のデザインもモノトーンでいいですね。

ダンボールを開けてみると、ビニール袋に包まれたりはせず、折りたたまれた状態ではいっていました。

新品だからか、ちょっと匂いはあるかな。

それではざっくりとレビューしていきます。

【シンプル】な外観

グレイカラーメインのシンプルなボディバッグ。

ベルトやジッパーはブラックカラー。

普段バッグを購入する時は、ついつい無地のブラック系を買ってしまうので、たまにはこんなグレイカラーもいいかな!!

雑誌本体と比較してみると、その大きさが分かります。

第一印象は、「思ったよりデカイ!」そして「軽い!」

フロント下部には、赤い生地に白抜きで【Marmot】のロゴがついていまして、このワンポイント感が個人的には好みです。

素材は「ポリエステル」ですが、本体には、はっ水機能を施した「キルティング」の生地が張ってあります。

触り心地はふわふわして柔らかく、気持ち良い印象。

 

ちなみに、【Marmot】といえば登山用品のアウトドアブランドとして有名ですね。

同じくアウトドアブランドの【MOMMUT】と文字が似ているので、つい間違えそうになります。

 

・・・そんなの自分だけですよね。

 

フロント部分には小物入れに使えるポケットもついています。

背面部分はメッシュ仕様になっているので、通気性はある程度確保できそう。

このメッシュの編み目も丈夫で、しかも伸縮性があります。

スポンジのような柔らかい生地になっているから固くなくていいですね。

体に触れる面としては、柔らかく通気性がいいのはとてもありがたい仕様です。

作りが【しっかり】している

全体的に見てみても、縫製には問題はなさそう。

縫い代部分もきちんとテーピングされています。

こういった付録だと、たまに破れてたり縫製がおかしかったりすることがあったりするんですが、今回は大丈夫みたい。

ジッパー部分の持ち手も、アウトドアっぽい作り。

持ち手が大きいのでつまみやすくて、ジッパーも引っかかることなく開閉も柔らかくスムーズ。

1000円以下の付録なので、ベルトはガチガチで硬いのかと思いきや、意外にも柔らかくてしなやか。

ショルダーベルトの滑りがいいので、非常に調節しやすい。

ペラペラすぎず適度に厚みがあり、幅は約3.7㎝。

細すぎないから肩や腰への負担は少なくて済みそう。

留め具であるバックルも大きくて安っぽくなく、しっかりカチッととまりました。

ただ、ベルトの余りを固定するループはないので、余った部分はだらんとしちゃいますね。

気になる【収納力】は?

本体内部を見てみます。

バッグ内側に仕切りはなく、内部の生地はポリエステルでツルッとした触り心地。

雑誌にも【500mlのペットボトルと長財布が入るサイズ感】とうたっているので、実際にどの位の収納力があるのかが気になるところ。

雑誌に書いてあるように、バッグ本体に500mlのペットボトルと財布をいれてみました。

確かに、スッポリとおさまるほどの大きさで十分余裕があります。

その他、ガラケーやハンカチや鍵などの小物を入れてもおさまりました。

フタがガバッと開けることができるので、中身が見えやすく取り出しやすいので使いやすいです。

ただ、さすがにペットボトルを入れると他の小物は見えづらくなります。

ペットボトルではなく、単行本をいれてみると、2冊は余裕で入りました。

画像ではフタは閉めていませんが、はみ出ることなくちゃんとジッパーでフタも閉めることができます。

閉めづらいことはありませんでした。

フロントポケットも結構広めで、小物入れにもちょうどいい大きさ。

口も広く、物が取り出しやすいのがいいので、スマホはこっちに収納かな。

財布やスマホもスッポリ入ります。

自分が使っているiphone6sもスッポリ入りました。

ちなみに、こんな感じに四つ折もできるので、ザックに忍ばせておいても良さそう。

気になる【はっ水効果】は??

さてさて、この付録の最大の特徴である【はっ水効果】はどんなものか。

水をかけてみると・・・

 

 

思ったよりもしっかり弾きます!!

 

ウールっぽいモコモコ感のある生地の割には、ちゃんとはっ水加工がしてあるんですね。

これはかなりいい感じ。

流石に土砂降りは無理でも、ちょっとした雨には十分対応できそうなので、雨や雪の日もそこまで心配せずに使えます。

特にキャンプは、急な雨はつきものですからねー。

着用してみたサイズ感

ボディバッグなので肩掛けとして着用し、なおかつ体の前面にだしてみます。

スタイルやコーデに合わせて、いろんな使い方ができるのがボディバッグのメリットです。

前面に着用すれば、スマホも財布もサッと取り出せるので楽チンです。

特に、電車内で貴重品を背中側に背負うのは、盗難の観点から怖いので、こういった前面に着用しやすいのは良いと思います。

他にもウエストポーチとしても使えますけど、こうやって使うシーンがあるかなぁ。

キャンプの時なら、あえてウエストポーチにすれば、テント設営時などには邪魔にならなさそうです。

仕様

  • 本体サイズ 約縦15.2×横20.4×マチ9㎝
  • フロントポケットサイズ 約縦12×横18.6㎝
  • ショルダーベルト 最大長約115㎝・幅3.7㎝
  • 重さ 約140g
  • 素材 ポリエステル

価格・発売日

発売日 2019年1月9日

税込890円

宝島社

まとめ

いかがでしたか??

1000円でお釣りがくる価格で購入できるのに、この使い勝手とはっ水仕様のボディバッグ。

キャンプで使ってもいいし、もちろん日常使いにもいい感じ。

これは、かなりお得感を感じる事ができました。

 

そうなると、先日購入したコールマンのブランドブックがなんだかお高く感じてしまうような・・・。

 

まぁ、それはそれ、これはこれという事で。

 

今まで、モノマックスは特に気にしてなかったんですけど、これからはちゃんとチェックしようと思いました笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました