ナチュラムにて『キャンプアイテム秋の総力祭』開催中Cabinetでライター始めました>

【キャンプ収納術】運びにくい「炭」と「薪」は100均DAISO(ダイソー)の収納ケースがオススメ

収納・整理術

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

キャンプに欠かせないバーベキューや焚き火。このバーベキューや焚き火を楽しむ為には「炭」「薪」が必要ですが、この両者の持ち運びや保管がなかなかうまくいかない我が家。

例えば、薪をそのまま車に積んでしまうと車の中は木くずだらけになります。炭もダンボール箱のまま置いておくのもなんだか殺風景。ダンボールを抱えて運ぶのも滑ったりして運びにくいですよね。

こんなミリタリー感あふれるボックスがお洒落でいい感じもしますが、こういった収納ケースなどはお高いので、なにかいいものはないかと模索していたところ、ダイソーで見つけた収納ボックスがなかなかにいい感じだったっていうだけの記事です。

あくまでも個人の感想ですのでご了承ください
スポンサーリンク

100均DAISO(ダイソー)で購入できる収納ボックスを活用

手持ちの道具をスッキリ収納したいので、キャンプ用品を仕入れに近所のダイソーさんへ。

なんかロゴ変わってる??

今更なことに気づきましたが、そんなダイソーで購入してきた2種類の収納ボックス。

  • 写真左側「フタ付き収納BOX」
  • 写真右側「収納BOX角BIG」

この2種類の収納ボックスを使って、炭と薪を持ち運びやすく収納できないか試してみました。結果的に、個人的には満足なスッキリ収納となりましたのでご紹介します。

ちょっとでも参考になれば幸いです。

【ボックス?バッグ?】100均フル活用!我が家のキャンプ道具収納はこんな感じ【見えやすくする】
こんにちは!!のざる【Follow @camp_bata】です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 ファミリーキャ...

収納その1.「フタ付き収納BOX」を使って炭をスッキリ見せる

ダイソーで購入してきた「フタ付き収納BOX」。もっと薄く淡いカラーもありましたが、汚れを考えて濃い目の色をチョイス。

サイズは大小様々ありましたが、今回自分が購入したのはいちばん大きいサイズ。

  • サイズ:高さ24.5×幅45×奥行30㎝。
  • 価格:税抜400円。
100均だけど100円ではありません。

このフタ付き収納ボックスは、その名の通りフタがついています。しかもダブルジッパーで閉められる作りになっていて、両サイドには持ち手もついてます。

ボックス内部は特に仕切りなどがあるわけでもなく、大きな箱形状。

内側にはつるつるっとしたポリエチレン加工がされてあって、ちょっとした防水効果があります。

我が家がよく利用している6kgの木炭の段ボール箱と比べてみると、結構大きめ。

3kgだと少なく足らなくなる場合があり、10kgだと使い切る前に湿気てしまって使えなくなった経験アリ。なので、6kgが2~3回のキャンプで使い切るので我が家にはこのくらいがいいんです。。

そのまま炭を収納するのもなんだか気が引けるので、中に新聞紙を敷いてみました。床面は新聞紙を半分折にしたサイズがピッタリ。

そのまま炭をザザッといれてしまうと、雨が降ったりした時に中が濡れてしまう可能性があります。なので、ビニール袋に入ったまま収納ケース内へ。見事にすっぽりおさまりました。前回のキャンプで使用した残りなので6kg分満タンではありませんが、まだまだ入る十分な容量です。

ボックス内はまだまだ余裕あり。なのでチャコスタや着火材やトングや軍手を一緒にいれておくと、使うときにあれこれ探す手間がなくていいです。炭をビニール袋にいれておけば道具が汚れる事はなさそうですが、仕分けの為にもジップロックなどにいれておこうかな。

炭や道具を収納してフタを閉めた状態。これなら、ホームセンター感丸出しのダンボール箱ではなくなり、なんとなくスッキリしました。持ち手もついているので持ち運びやすくなるし、車の中に置いても炭の汚れを気にしなくていいんです。

これで炭のダンボール箱を毎回ビニール袋にいれて片付けるという手間もなくなりました。

収納その2.「収納BOX角BIG」を使って薪を運びやすく

続いて、こちらもダイソーで一緒に購入してきた「収納BOX角BIG」。

こちらもサイズは様々ありますが、いちばん大きいサイズをチョイス。デザインもいろいろあります。

フタつき収納BOXと同様に、内側はつるつるしたポリエチレン加工がされています。ただし、フタはありません。

  • サイズ:高さ25×幅45×奥行30㎝。
  • 価格:税抜400円。
100均だけど100円ではありません。

このサイズ感は、フタ付き収納BOXとほぼ同じ大きさです。

我が家にあった薪をいれてみました。見事にスッポリおさまります。

ボックスの横幅は45cmと広い。キャンプ場などで売っている薪のサイズは40cm程度が多いようなので、はみ出る事は少ないと思います。フタ付きのボックスにしなかったのは、キャンプ場で薪を購入した時に、高さははみでるだろうと考えての事。

今までは、余った薪はビニール袋にいれて持ち帰ったりしていました。ですが、すぐに袋は破けるし車の中は木くずだらけになるしでどうしたもんかなあと思っていたんです。

この収納ボックスの中に薪を収納すれば、持ち手がついているので持ち運びやすくなりますし、車内を汚す事もありません。

ハードケースではなくソフトケースを使う理由

今回購入した2種類の収納ボックスは、両方とも折り畳みができるソフトケース。頑丈BOXのようなハードケースを使ってもいいんですが、炭や薪は消耗品。炭や薪を使い切ってしまえばこの収納ボックスは折り畳んでペチャンコにできます。そうすると厚さも約2cm程度になり、積載スペースが節約できます。

こういった折り畳みコンテナでもいいんでしょうけど、軽くて扱いやすいのはソフトケース。そして安くてそこそこ見栄えもいいのがダイソーで見つけたボックスでした。

薪がはみ出るほど入らなければ、こんな感じでかさねて積む事も可能。これなら炭もでないし、薪もこぼれてしまうことがありません。ほぼ同じ大きさの収納ボックスで揃えていれば、すっきりと収納することができます。

この上になにか道具を重ね置きしても汚れが気にならないのでいいですね。

まとめ

いかがでしたか??

100均ダイソーですが400円商品。ちょっと高いなーなんて思いますが、ビニール袋で運んでボロボロになっていた今までを考えると、いい感じにおさまりました。

ボックスのサイズは大小種類があるので、少ししか使わないなんて方には小さいサイズでもいいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連アイテム

 

関連 ペグの収納術についてはコチラの記事をご覧ください。

【ペグの収納ってどうしてる?】300円でできたケースが便利【キャンプ道具整理術】
ペグの収納ってどうしてますか?我が家では村の鍛冶屋のエリッゼステークを利用中。今回道具整理として100均や300均を活用し便利なペグケースを自作(?)お金をかけずとも収納ケースはできる!!キャンプ道具の収納はいつも悩みます。少しでもコンパクトで使い勝手をよくしたい。なんと総額324円でできたケースの実力やいかに??

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました