初めてお越し頂いた方に読んで頂きたい記事はコチラ

【ボックス?バッグ?】100均フル活用!我が家のキャンプ道具収納はこんな感じ【見えやすくする】

収納・整理術
WeeklyPopularPost

こんにちは!!のざる【】です。

本ブログにお越しいただきありがとうございます。

ファミリーキャンプの永遠のテーマといえば「荷物の整理」「車への荷積み」

キャンプを始めて数年。まだまだ初級者ですが、ようやく道具もまとまってきて道具も整理でき、荷積みが少しばかりスムーズになってきました。

そんな我が家のキャンプ道具のまとめ、荷造り状態をざっくりとご紹介します。

あくまでも我が家の場合ですので、ご参考にまでに。
スポンサーリンク

キャンプ道具のまとめ方に正解が見えない

キャンプスタイルは人それぞれですが、我が家は車移動のオートキャンプ場がメイン。食事も特にこだわりはなく、キャンプ場でのんびるするキャンプスタイルなので調理器具は少なめ。ダッチオーブンやスキレットは使ってません。

とは言いつつも、家族4人がそれなりに快適にキャンプしたいが為にどんどん道具も増えてきました。多少なりともコンパクトなものに買い替えて荷物の縮小化をはかるものの、毎度悩むのは道具の収納と積み方。キャンプの準備をする度にパズルのように頭を悩ませます。

悩む時間もちょっと楽しいけどゆっくり考えてもいられない(ノω·`o)

特に撤収時間は待ってくれません。ゆっくり考えてたらあっという間にチェックアウトの時間が迫るので、「とりあえず押し込んどけっ!!」てな感じになっちゃってました。で、帰宅してから再度整理整頓。できればキャンプ場できちんと整頓してから帰りたい。

ちなみに車はホンダのステップワゴン。今でもその荷室がいっぱいになってしまうので本当はもっと減らしたい。しかし家族4人分となるとなかなか上手くいかないのが現実。

少しでもキレイにまとまらないかなあといろいろ試してみた我が家の現在のキャンプ道具をざっくりとご紹介します。

【ド定番】無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」を活用中

有名すぎて驚きも何もないんですが、キャンプ当初から導入しているのは「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」キャンプ場では必ず見かけると言っていいほどのキャンパーさん定番アイテム。耐荷重100㎏なので、イスとしても使えます。

無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス・特大

created by Rinker

前回のキャンプではテーブルを忘れた為、板との組み合わせでテーブル代わりとなりました。そんな「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」我が家では特大サイズを1個と大サイズを2個使用中。

【特大サイズ】の中は、主にクッカーやカセットガスなどを収納。ダイソーやセリアなどの100均で購入したカゴを使って仕分けるようにしています。

写真左から、

クッカー類→ゴミ袋などの小物類→カセットガスやシングルバーナー系

といった感じ。

カゴに仕分けることによって、キャンプ場でこのカゴのまま取り出して並べることができるので設置と片付けが少し楽になったんです。

この仕分けカゴの上部には、カセットコンロや干し網を置いてます。これでもフタは閉まるのでまぁよいかなと。

我が家が使っているのは「イワタニ カセットフー 達人スリムII 」。アウトドア用ではないので風には弱いんですけど、薄く軽くで使い勝手良し。今のところは特に問題なく使ってます。

↓カセットコンロについてはコチラ↓

手軽で便利なイワタニ(Iwatani)のカセットコンロがキャンプにオススメには理由があるんです~風に強いコンロが役に立つ
キャンプ料理は炭火や焚火だけではないです。手軽で便利なカセットコンロでお手軽キャンプも楽しいですよね。イワタニのカセットコンロは家庭用だけじゃなく、アウトドア仕様のタフで風にも強いカセットコンロがそろっているんです。しかもスタイリッシュでお洒落なものも揃っているんです。

続きまして【大サイズ】の中身はこんな感じ。

写真左から、

ランタン類→電源コードやハンディクリーナーなど

を収納。

ランタン類については以前は別収納にしていましたが、現在はココにまとめています。これもカゴごと取り出して、テント内に準備する流れに変更。

初期の頃は暗くなってからランタンを準備し始めたもんだからどこにしまったのかわからなくなっててんやわんやしてました。カゴでまとめておけば準備しやすくなって設置もスムーズです。

↓ランタン収納についてはコチラ↓

【キャンプ道具の収納・整理】ランタンの収納ケースは100均活用!~小物も収納できちゃう
キャンプ用品の収納悩みますよね。特にすぐに使いたいランタンはどこに収納しておくか、事前の整理も大事。安く、でもしっかり収納整理できるアイテムは、100均を活用。我が家で実践している収納整理をご紹介します。少しでも参考・ヒントになりますでしょうか??

そしてランタン類の上には『FIELDOORアウトドアチェア』を3つ収納。初期はホームセンターで購入の折りたたみイスを使ってました。安くて設置も簡単でしたがとにかく大きくてかさばるのが大問題。このコンパクトチェアに変えたことで少し収納スペースがスッキリ。

ただ、その分他アイテムが増えてるから全体的な荷物量は変わってないという状況Σ(゚д゚lll)

↓『FIELDOORアウトドアチェア』についてはコチラ↓

ヘリノックスの半額!!『FIELDOORアウトドアチェア』を徹底レビュー~コンパクトチェアはこれで決まり!!
キャンプ道具の整理・収納に欠かせないのがコンパクト・軽量化。まずはチェアのコンパクト化計画。FIELDOORコンパクトポータブルチェアを購入したのでレビューしてみました。ヘリノックスの半額以下で購入でき、軽量ながら耐荷重抜群!組み立て簡単で子供でもすぐできる!道具の軽量化には、コンパクトチェアのススメですよ!!

もうひとつの【大サイズ】には、バーベキューコンロや燻製用の箱など焚き火用品類でまとめています。軍手やうちわもこの中。少量の炭や薪ならば、空いたスペースに入れることも可能。

写真上部のケースには「尾上製作所(ONOE) 折りたたみ式 フォールディングBBQコンロ」。

袋に入っているのは、燻製用の「ソト(SOTO) 燻家 スモークハウス」。

手前の手提げ袋の中には、軍手や着火剤などが入ってます。

こういったアイテムを収納しているので、この中はとにかく煙臭い。もう他のものは入れられません。自宅室内で開けるとかなり臭う・・・。

このボックスは焚き火やバーベキューをするときに使うものなので、特に中身を取り出して準備するわけでもなくこのまま使ってます。炭や薪などとあわせて使うことを考えたら、もうちょっと収納方法を改善していきたいなぁと思っています。

↓燻製についてはコチラ↓

【初心者に絶対オススメのスモーカー】キャンプの燻製作りはとっても簡単でシンプルな食材でも美味しい
夏キャンプ、バーべキュー以外に手軽にできるもの。じゃあ燻製だ!と、安易な発想で燻製を調べてみたのざる家。アウトドアブランドSOTOから発売している、『いぶし処』が簡単に扱えて初めてでもおいしい燻製ができます。難しいことは一切ナシ。材料さえあればすぐにできちゃう。写真や必要なアイテムを交えてご紹介してみます。

多少潰れてもよいシュラフやマット類はソフトケースを活用

頑丈ボックスだけでキャンプ道具全てがおさまりきればどれだけありがたいことか。もちろんそんな事は一切なくその他にもたくさん荷物があります。

インナーテント内で使うシュラフや銀マット・インフレータブルマットは、IKEAで購入した【DIMPA ディムパ】というバッグに収納。冬場なら電気毛布やホットカーペットも入ってます。

サイズは65x22x65cmと大きめ。チャックでガバッと開くので収納しやすいんです。300円ショップで購入した枕も2つ収納。自分と長女は枕がないと寝られない・・・。インフレータブルの枕にすればもっとコンパクトになるんでしょうけどねえ。

銀マットとキャプテンスタッグのインフレータブルマットが4つ。銀マットは丸めるタイプでなくパタパタ折り畳めるタイプなのできっちり入ります。

↓マットについてはコチラ↓

【オススメする3つの理由】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)『EVAフォームマット』を最初に使うインナーマットに選んでみませんか??
みなさんはテントの中にマットは引いてますか?どんなに地面が整備されたキャンプ場でも、テント内の就寝用マットは必需品。マットがあるのとないのとでは大違いなんです。 我が家が利用している【キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット】をざっくりとご紹介します。

もうひとつの【DIMPA ディムパ】には、シュラフが4つ。スペースにまだ余裕がありますが、冬場は電気毛布や敷物がはいったりします。

【DIMPA ディムパ】にはインナーテント内で使うものがまとめてあるので、インナーテントを設置したらひとまずこのケースごとテント内に放り込んじゃってます。撤収時も同様に、テント内でこのバッグにしまってから運び出します。それぞれをバラバラに積むよりもこのほうがわかりやすくなりました。

暖かい時期なら電気毛布などの暖房器具分スペースがあきますが、ソフトケースなので多少潰れても問題なし。ハードケースよりもスペースが有効活用できます。

かさばる着替えやタオル類などは人数分用意

家族キャンプでいちばんかさばるものといえば、家族分の着替えやタオル。

旅行カバンやトートバッグなどでもいいんでしょうけど、我が家はIKEAの【PÄRKLA ペルクラ】という袋を複数買い、家族それぞれで分けて入れてます。サイズは55x49x19cm。大きすぎず小さすぎずでちょうどいい感じ。

以前はひとつの大きなバッグにまとめて入れていました。しかし、いざ取り出す時は各自のものを探すのが大変になってわかりにくい。収納袋は増えますが、こうやって分けた方が取り出しやすいです。

ひとつ残念な点は、ディムパのように「持ち手」がついていない事でしょうか。

我が家は5歳児がいるので、念の為と思って複数枚着替えを用意。1泊程度なら予備は使わないことがほとんどですが、いつ汚したりびしょ濡れになったするかわかりません。

いらないだろーなんて予備をあまり用意せずに行って、そんなときに限って汚して着替えが足りなくなった事があります。以来、夏でも冬でもそれなりに着替え一式を用意していくようになりました。

少しでも焚き火臭くなったりしないよう、着替え類はださずに車の中にいれています。

さらには、洗濯物用として別に用意済み。洗濯物はこの中にまとめて、帰宅後このまま洗濯機行きです。

【荷物整理】キャンプの洗濯物整理は工夫と素材選びが大事~『モンベル(mont-bell)』のウィックロンは高コスパですぐ乾く
楽しい家族キャンプ。涼しくなってきたとはいえ、まだまだ汗をかく季節。キャンプ後の洗濯物の片づけを少しでも時短するには、洗濯物の仕分けと拭くの素材にも注目。モンベルのウィックロンが高機能高コスパで速乾性もあり洗濯が大助かり!!

ちなみに、お風呂に入る予定があるなら「お風呂用セット」として着替えや洗顔などを個別でまとめておくと便利。我が家はナップサックを用意して、各自のものを入れています。そうすれば、衣類袋の中から着替えやらなんやらを探し出す手間が省けてサッとお風呂に行けちゃいます。

食器や紙皿などは別々にして扱いやすく

カトラリー類は、さらに別の収納ケースでまとめています。

お皿やコップなどは3COINSで購入したクーラーバッグに、100均で買った書類ケースをいれて仕分け。布巾やジップロックもこの中まとめて収納。

その上にラップやアルミホイル。ピッタリではないですが、一応閉まります。ガバッと開くので、取り出しやすくてかなり便利。

このクーラーバッグ、以前はランタン収納として使っていました。

【キャンプ道具の収納・整理】ランタンの収納ケースは100均活用!~小物も収納できちゃう
キャンプ用品の収納悩みますよね。特にすぐに使いたいランタンはどこに収納しておくか、事前の整理も大事。安く、でもしっかり収納整理できるアイテムは、100均を活用。我が家で実践している収納整理をご紹介します。少しでも参考・ヒントになりますでしょうか??

もうひとつのバッグには、紙皿や紙コップを収納。これも100均で購入ですが400円だった気がします。これらのケースはこのまま幕内に設置。

食器類を頑丈ボックスなどのハードケースにいれないのは、すぐに使えるようにするため。

以前はボックス内にまとめていました。しかし、ボックスはいつも車の荷室奥に積むので荷物を全部出さないと、取り出せない。我が家はキャンプ場について先にお昼を食べる事が多いため、それだと困るんです。なので、すぐに車から取り出せるよう別にしました。

撤収時も最後に積む事ができるので、お水やお茶が飲みたくなってもコップをわざわざボックスから取り出す必要がなくて楽になりました。

ペグはすぐに取り出せるように

ペグはこんな感じでまとめて収納。すぐに降ろせるように、テントと一緒に座席下に用意していたりします。

これも、カッコいい収納ケースにしたい…。

↓ペグの収納方法はコチラをご覧ください↓

【ペグの収納ってどうしてる?】300円でできたケースが便利【キャンプ道具整理術】
ペグの収納ってどうしてますか?我が家では村の鍛冶屋のエリッゼステークを利用中。今回道具整理として100均や300均を活用し便利なペグケースを自作(?)お金をかけずとも収納ケースはできる!!キャンプ道具の収納はいつも悩みます。少しでもコンパクトで使い勝手をよくしたい。なんと総額324円でできたケースの実力やいかに??

まとめ

いかがでしたか??

この他にもテントやタープ、バーベキューコンロやマットなどボックスに収納できない物が多数ありますが、毎回持っていく固定アイテムはこんな感じで収納しています。

自分も様々なキャンパーさん達の収納を参考にして、ひとまずはこれで落ち着いてます。これからキャンプを始めたい人や収納方法を模索している人の参考になれば幸いです。

とはいえ、ついつい増えていく道具の収納に日々悩み中です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【超コンパクト】イワタニ(iwatani) ジュニアコンパクトバーナーが便利でコスパ良!
皆さんはキャンプでバーナーは使ってますか?我が家では約3年前のキャンプ開始時に購入した、イワタニ(iwatani) ジュニアコンパクトバーナーを愛用中です。このバーナー、耐久性・汎用性に優れ、何より安価に購入できるので非常にお得なアイテムなんです。愛用して見えてきたメリット・デメリットを含めてまとめてみました。
【100均キャンプ】『ザ・ダイソー(DAISO)』で見つけた新作ウォータージャグをレビュー~おしゃれなので購入
100均キャンプアイテムレビュー。『ザ・ダイソー(DAISO)』で見つけた新作のウォータージャグ。なんと300円で購入可能。広口で注ぎやすく洗い安い。シンプルデザインかつお洒落。容量も必要十分。ハードタイプなのでスタンドに置けば安定しやすい。どんな仕様・外観なのかレビューしてみました。
【おすすめアイテムも紹介】クーラーボックスを購入する際に知っておきたいポイント・選び方のまとめ
今使いたいクーラーボックスのおすすめの紹介と購入前に知っておきたい選び方・ポイント・活用方法をまとめてみました。これさえ知っておけば、迷わずに選び方が楽になる。是非とも参考にして頂いて、自分のアウトドアスタイルに合ったクーラーボックスを見つけてみませんか?
Seria(セリア)で見つけたキャンプで使えそうなアイテム【100均】購入したものまとめてご紹介~2018年11月
こんにちは!!のざる(@camp_bata)です。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。 相変わらず、セリアさんにはア...

コメント

タイトルとURLをコピーしました