家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【ワークマン エアロストレッチテクニカルパンツ】防風シート&裏起毛素材の秋冬パンツをレビュー

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざるです。

ワークマン2022秋冬モデル、「エアロストレッチテクニカルパンツ」を見つけて購入。

スウェットパンツ・ジャージパンツが好きな自分は、こういうアイテムに目がないです。

今回は「【ワークマン エアロストレッチテクニカルパンツ】防風シート&裏起毛素材の秋冬パンツをレビュー」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

FieldCore エアロストレッチテクニカルパンツ

上半身、特にお腹周りが太いのでテーパードのかかった細身のパンツを選びがち。

試着してみると、想像していたよりもフィット感が良かったので即決購入してしまいましたのがワークマン2022秋冬モデル「エアロストレッチテクニカルパンツ」。

購入したのは杢グレーのMサイズ。

「A/S(エアロストレッチシリーズ)」と銘打っているタグが何とも印象的ですが、お店で見た時「Sサイズなん??」と、サイズ表記なのかと思ってしまいました。

税込1,500円と、かなり低価格なパンツです。

ディテール

ジョガーパンツのように裾部分がリブ仕様というわけではありませんが、しっかりとテーパードのかかった細身のパンツ。

腰回りはゆったりしていたので、動きやすく履きやすい印象。

お腹まわりはゴムの入ったリブ仕様。

前開きのファスナーやボタンなどはありません。

内側には絞りが調節できるヒモがついていました。

前ポケットは左右についており、スマホを入れるには十分なサイズ感。

右ポケットの内側に、小さなポケットが設置されていました。

スマホは入りませんが、鍵や小銭が入りそうな大きさ。

細かいものを仕分けられそうな感じがありますが、うまく活用できるかはちょっとワカラナイ...。

バックポケットは左右2か所。

こちらのポケットもファスナーなどはついておらず、大きさも普通です。

膝部分は、曲げ伸ばししやすいような立体縫製。

前述のように、裾はリブ仕様ではありませんが、結構細め。

裾幅を測ってみると、平置きで14cmでした。

秋冬向けパンツなので、生地はしっかりしています。

ペラペラで薄いなんてことはなく、ハリがあり厚め。

個体差はあるでしょうが、全体的な縫製もしっかりしているように感じました。

仕様

サイズ:M・L・LL・3L
表側素材:ポリエステル100%
裏側素材:ポリエステル100%

カラー

ブラック・杢グレー・チャコール

価格

税込1500円

スポンサーリンク

特徴

エアロストレッチテクニカルパンツには、こんな特徴があります。

  • 高い防風性能
  • 裏起毛で暖かい
  • 動きやすいストレッチ性能
  • リフレクター付き
  • 税込1,500円

では、それぞれを見ていきましょう。

高い防風性能

太ももより上のあたりは、特殊なシートを使用した三層構造により、高い防風性能が組み込まれています。

履いてみると、確かにお尻あたりはかなり暖かく、冷気を感じにくかったです。

シートが入っている為かすこしゴワゴワガサガサする感じがありますが、痛いとか擦れるとかいった感じはありません。

冬キャンプ中は、チェアに座っているとお尻あたりは冷えますからね。

かなり活躍してくれるでしょう。

裏起毛で暖かい

防風シートの他に、内側全体が裏起毛素材で覆われています。

ふわふわしてモコモコという暖パンほどの厚みはありませんが、個人的には程よい厚みです。

ポケット部分までびっしりと起毛素材。

防風性能との相乗効果でかなり暖かく感じました。

これを着て動いていると、ちょっと暑いくらい。

動きやすいストレッチ性能

しっかりした生地ですが、ストレッチもちゃんと効いています。

エアロストレッチウオームクライミングパンツほどビヨンビヨン伸びるわけではありませんが、十分動きやすいです。

リフレクター付き

めちゃくちゃわかりにくいんですが、左ひざあたりにリフレクター機能がついたロゴがプリントされています。

さり気ない配置なので、シンプルデザインを損なわないのが良いですね。

着用感はどう? 動きやすくて暖かい

身長177cm、ウエスト85cmの自分はMサイズでちょうど良いサイズ感。

テーパードがしっかりかかった細身な割には、ウエストまわりがかなりゆったりしていたので、圧迫感はナシ。

股下は長すぎずちょうど良かったです。

ストレッチも効いていて、ゆとりもあるので動きにくさはナシ。

日中ですが外はひんやりと感じていた中、裏起毛と防風シートのおかげでかなり足回りは暑かったです。

もっと寒い夜や、真冬の時期に履くのが良いのかも。

普段履きはもちろん、冬キャンプでも活躍できますね、これは。

ポリエルテル100%は毛玉ができやすい

サイズ感・デザイン・機能性・価格にとっても満足なエアロストレッチテクニカルパンツですが、気になるのは素材。

ポリエステル100%なんですが、これは毛玉ができやすい素材なんです。

毛玉は摩擦で発生します。

洗濯は裏返してネットに入れるのが必須だと思ってますが、使っていくうちに履いていって毛玉がどんな感じでできていくのかが懸念点。

履いてみて、使用感をまた書きたいと思います。

あとがき

本記事では「【ワークマン エアロストレッチテクニカルパンツ】防風シート&裏起毛素材の秋冬パンツをレビュー」について書いてきました。

アウトドア・スポーツブランドのテックパンツはいいお値段しますよね。

ワークマンなら税込1,500円。

素材・機能性は劣るかもしれませんが、気軽に試してみたい方、お店をチェックしてみてはどうでしょうか。

のざるでした。

ワークマン2022秋冬モデルをチェック!

おすすめ関連記事

ワークマン『高撥水ストレッチトラベルシェルパンツ』をレビュー!!

【超撥水シェフパンツを徹底レビュー】5つの機能を備えたワイドパンツがワークマンから登場!

アウトドアファッションにもオススメ! 税込1,900円のアーバンハイクは超軽量

ビヨンビヨン伸びる! エアロストレッチウオームクライミングパンツをレビュー

ワークマンの記事はこちらからどうぞ
ワークマンの記事へ
気になるキャンプギアを見つけてみませんか?