家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

【綿リップ防風防寒ジャケット】ワークマン2020年秋冬ジャケットはクレイジー柄!2Way仕様でより使いやすく~2019年モデルとの違いは如何に?

ワークマン
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

ども、のざる( @camp_bata)です。

ワークマン2019年秋冬モデルにて登場したDIAMAGIC DIRECT(R)ディアマジックダイレクト綿リップ防風防寒ジャケット。

2020年秋冬モデルでは2Way仕様にバージョンアップして再登場し、2021年秋冬モデルでは新機能が追加されています。

今回は「【綿リップ防風防寒ジャケット】ワークマン2020年秋冬ジャケットはクレイジー柄!2Way仕様でより使いやすく~2019年モデルとの違いは如何に?」について書いていきます。

内容はあくまでも個人の感想です。
スポンサーリンク

DIAMAGIC DIRECT(R)綿リップ防風防寒ジャケット2020

妻が欲しがっていたウェアを買いにお店に行ったら見つけてしまったDIAMAGIC DIRECT(R)綿リップ防風防寒ジャケット。

2019年秋冬モデルで初ラインナップされ、一目惚れ購入。 2019年はシンプルなカラーでしたが、2020年モデルでは

“クレイジーパターン”とは、カラーや柄を組み合わせてつくったアイテムのこと。 アシンメトリーだったり、カラーブロックだったり、デザインもそれぞれが個性的。
のざる
のざる

この柄どう?

のざ妻
のざ妻

結構良きじゃん?たまにはそういうデザインもアリだと思う。

という妻の意見に、お買い上げしました。

まずは仕様から見ていきましょう。

仕様

品番 WM3635A
サイズ S~4L
素材 表地:綿100%(アクリルコーティング)
中わた・裏地・ボア部分:ポリエステル100%
ファー部分:アクリル70%・ポリエステル30%
参考サイズ表
サイズ M L LL 3L 4L
肩幅 ラグラン袖
胸囲 113 119 125 131 137
着丈 76 78 80 82 84
裄丈 87 89 91 93 95
対応胸囲 84~92 90~98 96~104 102~110 108~116
対応身長 160~170 170~180 175~185 175~185 175~185

カラー

綿リップ防風防寒ジャケットのカラーは、通常の3色に加え新カラー3色を加えた以下の6種類。

  • 004 クレイジーサンド
  • 035 クレイジーボルドー
  • 103 クレイジーデニム
  • 055 ダークグリーン
  • 015 マットブラック
  • 045 サンセットオレンジ

価格

税込3,900円

ディテール

購入したのはクレイジーサンド

ブルー・ベージュ・グリーン・ブラックがひしめき合ったクレイジーパターンとなっております。

背面は、そんなにクレイジーじゃありません。

中心にあるのは、リフレクター(反射)のライン。

前面両サイドのポケットはスナップボタン。

右下にはField Coreのタグが設置。

右肩と右胸あたりにはField Coreのリフレクターロゴを配置。

胸元からフード部分は、特にクレイジー感が目立ちます。

左袖部分にもField Coreのリフレクターロゴを配置。

また、左袖にはペン挿し用の小さなポケット。

2019年モデルにもありましたね。作業服のワークマンらしい機能でしょうが、このポケットは要らない

マウンテンパーカー感を損なう気がしています。

袖口はマジックテープで絞りを調節できます。

フェイクファーのついたフード。ドローコードで絞りを調節可能。

前面ファスナーは目一杯上げるとアゴの下辺りまで閉められますが、アゴが隠れるほどではありません。

ファスナーがアゴにあたりそうですが、ちゃんとガードしてくれる作りになっています。

左胸にはスマホや財布を収納可能なファスナーポケット。

左胸内側には、内ポケットを配置。

内側は、体部分全体にボアを配置。 袖部分にはボアはなく、中綿の詰まったポリエステル生地。

2019年モデルと比べてみても、クレイジー柄となったこと以外は同じディテールでした。

スポンサーリンク

特徴

綿リップ防風防寒ジャケットの特徴はこんな感じです。

  • DIAMAGIC DIRECT(R)を採用
  • 脱着可能なフードとフェイクファー
  • ライナー着脱可能
  • 新機能「アタッチメントシステム」

では詳しく見ていきましょう。

DIAMAGIC DIRECT(R)を採用

ワークマンではおなじみ、生地には高水準の耐久撥水加工であるディアマジックダイレクトが採用されています。

「生地洗濯試験」50回洗濯しても撥水が持続する、三菱商事ファッション(株)が開発した高水準の耐久撥水、汚れが落ちやすい機能を持つ生地。急な雨や雪に対応できるので、屋外作業やアウトドアに最適とされています。

ワークマン 耐久撥水半袖Tシャツでも試してみましたが、その撥水性能はかなりのモノ。

完全防水ではなく使い込むほどに撥水性は落ちますが、値段を考えればかなり良きモノかと。

綿素材の表生地は、引き裂きに強いリップストップ加工済。 生地の触り心地は、固くゴワゴワとしているわけではなく、柔らかくて扱いやすい感じです。

また、表生地は厚みのあるアクリルコーティングを使った高い防風性を実現しているといった特徴もあります。

確かに、風の影響は受けにくく、中はポカポカでした。

脱着可能なフードとフェイクファー

内側全面にボアを取り付けたフードとフェイクファーは脱着可能。

両サイド2箇所のスナップボタン、背面のファスナーで取り付ける仕組みとなっています。

背面のファスナー、写真では敢えて見せていますが、実際は隠せるようになっているので目立ちません。

個人的にフェイクファーは不要(顔にあたってチクチクするのが嫌)

フードの脱着不可でよいので、マウンテンパーカーっぽく本体とフードを一体型にし、前面ファスナーを目一杯上げた時にアゴまでしっかりと隠せる仕様にして欲しい。

そう、あのシェルジャケットのように・・・。

ライナー着脱可能

綿リップ防風防寒ジャケット2020年モデルからは、内側のボアを取り外すことが可能になりました!

内側のファスナーで着脱可能な仕組み。

ボア付きライナーを外すと、薄手のジャケットに早変わり