家族と使える超軽量焚き火台を知っていますか?

コサイドテーブル レビュー。リビングや公園にもピッタリなTOKYO CRAFTSのコンパクトテーブル

キャンプギア
当サイトではアフィリエイト広告またはプロモーションを扱っています

TOKYO CRAFTS様より製品をご提供頂いたPR記事であり、内容はあくまでも個人の感想です。

ども、のざるです。   

様々なキャンプギアを発信し続けるTOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)さんから、コンパクトで使いやすいテーブルが登場しました。

低すぎず高すぎず、チェアのサイドに設置するちょうどよいサイズ感。

今回は「コサイドテーブル レビュー。リビングや公園にもピッタリなTOKYO CRAFTSのコンパクトテーブル」について書いていきます。

スポンサーリンク

コサイドテーブル | TOKYO CRAFTS

TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)さんから2023年8月に発売された「コサイドテーブル」。

商品名の通り、側に置いておくとちょっと便利なサイドテーブル。

特徴的なのは、リュックにも入るサイズ感でありながら、ほどよい高さのあるテーブルであること。

まずはコサイドテーブルの仕様から確認していきましょう。

仕様

素材天板:アルミニウム
脚:アルミニウム
フレーム:ステンレス
収納ケース:ナイロン
サイズ組み立てサイズ: 約33×22×30cm
収納サイズ:約33×11×3cm(収納ケースを除く)
重さ約816g

セット内容

コサイドテーブルのセット内容は以下の4つのみ

  • 天板×1
  • 脚×1
  • 収納ケース×1
  • 取り扱い説明書×1

コサイドテーブル 組み立て方法

サイドテーブルの組み立て方法は、広げてはめ込むだけ。

ですが、説明書を読んでも最初はよくわからず、ちょっと戸惑いました。

とはいえ、難しいものではありません。

一度理解してしまえば1分ほどで組み立てできるようになります。

  • Step1
    天板を広げる

    まず、天板を広げます。

  • Step2
    脚部を広げる

    続いて、付属の脚部を広げていきます。

    脚部は全て一体型になっており、折りたたまれています。

    軽くクロス状に開いて展開させましょう。

    折りたたまれている黒の脚部がありますので、外側に展開させていきます。

    展開させ、銀色の支柱に押し込むことで固定されます。

    4本全て展開するとこんな感じ。

    画像では上下逆に設置していますが、実際は先端にツメがある部分が上になります。

  • Step3
    脚部のツメを引っかける

    天板を裏返して、天板の四隅にある溝に支柱のツメをはめ込んでいきます。

    この時脚部を置いてみると、天板からはみでてしまうんですが、問題点ありません。

    天板裏には、ツメを引っかける穴に、脚部の溝をはめ込んでいきます。

    ガチャっとはめ込む感じではなく、引っかけるイメージ。

    脚部が天板の内側に入るよう、少し押しながらセットしていきます。

    ツメが引っかかるとこんな感じ。

    上手くハマるとしっかりと固定されます。

  • Step4
    完成

    完成です!

ちょっとコツが必要かなと感じますが、一度やってみるとすぐに慣れますので心配ありません。

スポンサーリンク

コサイドテーブル 特徴

コサイドテーブルを使用してみると、こんな特徴を感じました。

  • 持ち運びやすくコンパクト
  • 持ち上げても崩れにくい
  • 2段テーブルとして使える
  • サイドテーブルとしてちょうどよいサイズ感
  • 低すぎず高すぎない

では、それぞれを見ていきましょう。

持ち運びやすくコンパクト

収納時のサイズは約33×11×3cm。

重さも800g程度なので、片手で楽ラク持ち運べるサイズ感。

リュックにも収納しやすいですね。

脚部は天板の中に収納できるようになっているの、とってもスリム。

天板は穴の空いているパンチング加工なので、これも軽量化につながっているのかと思います。

持ち上げても崩れにくい

こういった組み立て型のコンパクトテーブルは、持ち上げると天板が外れやすかったりします。

ですが、このコサイドテーブルは、ツメで天板に引っかかっていますので外れにくい仕様。

移動させたい時も片手でサクッと運べます。

2段テーブルとしても使える

子サイドテーブルのクロスになっている支柱部分、ここに別売りのジカテーブルを載せると2段テーブルとしても使えるようになります。